新着情報
10/14
聖書
昨日、10/13はジュゼッペ神父様の38歳(自称) のお誕生日でした! そして、宮﨑神父様の叙階40周年の記念日でもあるという、とても大切な日でした! そして、全勝で8強入り、おめでとうございます‼︎ おめでとうございます‼︎ 宮﨑神父様のお祝いのために、東京から10人くらいの信者さんが駆けつけて来られていました。   話は変わりますが(宮﨑神父さま風)、食欲の!いえ、味覚の秋です!! 塩、お料理には欠かせませんね。わたしはコーシャーソルトを使っています。   ユダヤ教における食事に関する決まり(食事規定)である「カシュルート」に沿った食品をコーシェルと言います。(英語ではコーシャー) コーシャーソルトは精製塩ではなく、化学物質が含まれていない自然塩で、ミネラルが豊富、まろやかな味わいです。 とにかく、しょっぱくなくて、お肉が柔らかくなるし、スープの味付けにも最適です。   聖書には、たくさん「塩」についての記述があります。 旧約聖書だけでも41か所あるそうです。 (ちなみに、わたしは「塩対応」という言葉は好きではありません。。。) 創世記19章のソドムとゴモラの滅亡に関連した話では、...
10/13
今週のお知らせ
主任司祭より ・10月はロザリオの月です。月曜日から金曜日の13:30より、ロザリオの祈りを行っていますので、ご参加下さい。 ・19日(土)聖マリア病院のルルドの広場にて、14:00より『安らぎの集い』が行われます。どうぞ、ご参加ください。 ・27日(日)9:00ミサにおいて、幼児洗礼式を予定しております。希望の保護者は、申し込み用紙に必要事項を記入して、事務室まで提出してください。本日(13日)締切です。 ・11月17日(日)9:00のミサの中で、七五三の子どもの祝福を望まれる方は、申込用紙に必要事項をご記入して、事務室まで提出してください。締め切りは、11月10日(日)です。 ・「優先許可証」の無い車両は、教会敷地内に駐車することはできません。また、防犯の為、21:00~6:00は、聖堂を施錠いたします。ご理解の程、よろしくお願いいたします。   日曜学校保護者会より 本日(13日)9:00ミサ後、保護者会を行います。ご参加の程、よろしくお願いいたします。   ピース9の会より ・20日(日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、いのちへのまなざし『戦争と暴力』と『すべての人に向けての司教団メッセージ』を読んで分かち合います。どなたでもご参加く...
久留米も秋の気配です。   昨日のごミサでは、フィリピンの若者たちの姿に感激しました。   『日本で生きていくけど、祖国を愛してる』 若者たちのグループで、インターネットでこのお揃いのティーシャツを作ったそうです。 お揃いのシャツを着て教会に集まる彼らを見て、そのメッセージにも感動しました。   わたしたちは弱い人間ですから、「〇〇神父様がいい」「〇〇神父様は少し苦手」などといった気持ちを抱いてしまうこともあります。 以前、人間関係についてある神父様にご相談した際、意外なお答えが返ってきました。 司祭の皆様は神様からの召命を受けて職務に当たる聖職者なので、そうした些細な人間関係のもめごととは無縁なのでは?と勝手に思っていたのですが、 「わたしたち司祭も同じようなことで悩みますよ。」 心の中の小さな棘が取れ、気持ちが軽くなりました。 また、東京に住んでいたころに、ある神父様につい愚痴を言ってしまった際に返ってきたお言葉も心に刻まれています。 苦手な神父様がいて、その神父様のごミサに行くのが億劫だと話したら、 「あなたは”イエス様”を信じているのでしょう? ...
10/06
今週のお知らせ
主任司祭より ・10月はロザリオの月です。月曜日から金曜日の13:30より、ロザリオの祈りを行っていますので、ご参加下さい。 ・本日(6日))10:30よりヨゼフ会定例会を信徒会館2階にて行います。 ・10月27日(日)9:00ミサにおいて、幼児洗礼式を予定しております。希望の保護者は、申し込み用紙に必要事項を記入して、事務室まで提出してください。10月13日(日)締切です。 ・日本カトリック司教協議会より、11月25日(月)に開催される「教皇と青年の集い」の案内が来ております。参加条件は、18歳~35歳まで(高校生不可)。なお、ドームでの教皇ミサへの参列希望者は、別途の申し込みは不要となります。詳細、申し込みについては、事務室にてお尋ねください。 ・「優先許可証」の無い車両は、教会敷地内に駐車することはできません。また、防犯の為、21:00~5:00は、聖堂を施錠いたします。ご理解の程、よろしくお願いいたします。 ・26日(土)13:00より大阪・箕面教会にて、「シリア難民の子どもたちの支援の為のチャリティーコンサート」が開催されます。遠方ですので、募金に協力いただければ幸いです。   女性の会より 本日(6日)9:00ミサ後、定例会を信徒会館1階...
09/30
その他
今月のベトナム語ミサの様子です。 久留米教会のベトナムコミュニティは人数がどんどん増えて、活気が増してきているように思います。     彼らの日本での労働の実りと教会コミュニティでのお恵みが豊かなものになるよう、祈っています。   【教会のおきて】というのをご存じでしょうか。 教会共同体の約束事として、5つのことが決められています。 1.主日と守るべき祭日のミサにあずかり、肉体労働を休むこと。 2.毎年少なくとも一度、ゆるしの秘跡を受けること。 3.少なくとも復活節の間に聖体の秘跡を受けること。 4.教会が定めた大斎と小斎の日を守ること。 5.各々の分に応じて教会の維持費を負担すること。   そう難しいことではない、と思いませんか? 1の「肉体労働を休むこと」というのは、安息日だから、ということです。 わたしたちキリスト教徒にとっての安息日は、この【おきて】によると、 「ミサにあずかり、そのあとは安らかに過ごしなさい」くらいのニュアンスですが、 ユダヤ教徒にとっての安息日は、ヘブライ語でシャバットと言い、とても厳格に決められた日です。   安息日は日曜日ではなく、金曜の...
主任司祭より ・本日(29日)は『世界難民移住移動者の日』となっており、今日のミサ献金を、その為にお捧げしますので、皆様のお祈りとご協力をお願い致します。 ・10月はロザリオの月です。月曜日から金曜日の13:30より、ロザリオの祈りを行いますので、ご参加下さい。 ・10月27日(日)9:00ミサにおいて、幼児洗礼式を予定しております。希望の保護者は、申し込み用紙に必要事項を記入して、事務室まで提出してください。10月13日(日)締切です。 ・日本カトリック司教協議会より、11月25日(月)に開催される「教皇と青年の集い」の案内が来ております。参加条件は、18歳~35歳まで(高校生不可)。なお、ドームでの教皇ミサへの参列希望者は、別途の申し込みは不要となります。詳細、申し込みについては、事務室にてお尋ねください。 ・10月1日より、「優先許可証」の無い車両は、教会敷地内に駐車することはできません。車椅子利用者、大駐車場からの歩行が困難な方等、教会敷地内に駐車する必要がある方は、「優先許可証」を発行しています。事務室へお申し込み下さい。   主和の会より 10月の手話通訳付ミサは、13日9:00(日)ミサです。また、10月6日(日)9:00ミ...
フランシスコ教皇様が長崎と東京でごミサをあげられます。 日本中のカトリック信者が集まることでしょう。 今からとても楽しみです。 このポスター、ご覧になったかと思いますが、キャッチコピーがいい!   (どこかの広告代理店の方が作ったのかもしれませんが)わたしたちに訴えかけられるものを感じます。   パパ様、初来日ではないのですね。 カトリック新聞に記事が載っていました。 1987年に、イエズス会の新学院の院長であったベルゴリオ神父さまとして来日されていたのです。     国際会議では、各国の首脳が何を言うか、あらかじめほとんど決まっています。けれども教皇は政治家ではありません。 私が教皇フランシスコと会うときにいつも受ける印象は、その言葉と行動が、祈りから生まれているということです。教皇は聖霊に導かれて動いています。そして聖霊はいつも何か新しいことをします。 教皇フランシスコが私たちに希望を与えるのは、彼がこの世界のリーダーとは全く違うリーダーだからです。 教皇フランシスコは、「この世界は福音の価値観で変わる」と固く信じて、その通りに生きている人です。  (写真、文...
マタイとマルコの福音書にある「実のないいちじくの木」の例え話をご存じでしょう。 イエス様が、道端のいちじくの木に葉のほかには何も見当たらなかったので呪って「今後、永遠にお前は実を結ばないように」と仰せになると枯れてしまった、というお話です。 ルカの喩えでは、「3年このかた、このいちじくの木に実を探しに来ているのに、一つも見つけたことがない。切り倒しなさい。」 とまで言われています。 以前、聖書の勉強会で、 「これは、神殿そのものに仕えている不毛な人々への警告とイスラエルの宗教的不毛の暗示です」 と教わりました。   今回イスラエルに行った時にガイドをしてくださった牧師さん(↑写真の、立ってお話されている方)によると、 「いちじくの木は、葉が茂っているということは同時に実もなっているもの。その木に葉しかついていないということは、実りのないうわべだけの偽善者のようなもの、ということなのです。」 とのこと。   (↑写真は、ゲッセマネの園の立派な年代物のオリーブの木です!) イスラエルをオリーブの木に喩えられている箇所も多くあります。 エレミヤ書11・16では主はかつてお前を...
09/22
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(25日)9:00ミサ後、教会委員会です。関係各位は、信徒会館にお集まりください。 ・9月23日(月)は、幼稚園の運動会が行われるため、22日(日)13:00より、教会敷地内には車両駐車できません。ご理解とご協力をお願いいたします。 ・本日(22日)9:00ミサ後に井手司さんのカンボジア活動報告会を行います。また、カンボジア支援バザーも行いますので、ご協力をお願いいたします。 ・10月27日(日)9:00ミサにおいて、幼児洗礼式を予定しております。希望の保護者は、申し込み用紙に必要事項を記入して、事務室まで提出してください。10月13日(日)締切です。 ・「優先許可証」の無い車両は、教会敷地内に駐車することはできません。車椅子利用者、大駐車場からの歩行が困難な方等、教会敷地内に駐車する必要がある方は、「優先許可証」を発行しています。事務室へお申し込み下さい。   主和の会より 本日(22日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。初心者も大歓迎です。   事務室より ・ドン・ボスコ社のカレンダー、『ギュスターヴ・モロー展』の前売団体券を注文された方、教会年間ス...
 イスラエル巡礼後、今までと違った感覚で聖書を読めるようになりました。 特に、旧約聖書を読みたい!とよく思うのです。文中に地名が出てくる箇所を読んでいると「あぁ、あそこのことだ」と思い出しながら読め、そこで言われていることが実感として伝わってくるように感じます。   聖書は特別な「本」であり、同時に、人生に必要なことがすべて書いてある「本」です。 英語で【 the Book 】 は、「聖書」を意味します。 ある信者さんは、自分がまだ洗礼を受けていなかった頃に、高校生だった娘さんに、「一生のうちに一度は読んでおくべき本だ」と言って聖書をプレゼントされました。それから20年後、娘さんはその本を手に教会に通うようになり、聖書の勉強に行き始め、洗礼を受けました。 そしてその後、お父様も聖書講座に通い始め、3年後に洗礼を受けることになりました。   聖書に求めるべきは、真理であって、雄弁ではない。われわれは聖書を、それが書き記された精神に従って読まなければならない。 われわれは聖書を、著者の権威や、その文学的評価にかかわりなく、真理に対する純粋な愛をもって読むべきである。誰がこれを言ったのかを...
09/15
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(15日)10:30よりヨゼフ会定例会を行います。2階応接室にお集まりください。 ・明日16日(月/敬老の日)、筑後地区信徒親睦レクレーション大会が、大刀洗勤労者体育センターにて行われます。10:30より受付開始。 ・9月23日(月)は、幼稚園の運動会が行われるため、22日(日)13:00より、教会敷地内には車両駐車できません。ご理解とご協力をお願いいたします。 ・10月27日(日)9:00ミサにおいて、幼児洗礼式を予定しております。希望の保護者は、申し込み用紙に必要事項を記入して、事務室まで提出してください。10月13日(日)締切です。 ・井手司さんが、22日(日)9:00ミサ後にカンボジアでの活動報告会を行います。また、カンボジア支援バザーも行いますので、ご協力をお願いいたします。 ・「優先許可証」の無い車両は、教会敷地内に駐車することはできません。車椅子利用者、大駐車場からの歩行が困難な方等、教会敷地内に駐車する必要がある方は、「優先許可証」を発行しています。事務室へお申し込み下さい。   主和の会より 22日(日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。初心者も大歓迎...
やはり、我が家である久留米教会は落ち着きます! 8日に、恒例の万寿会(75歳以上の先輩信徒の皆さん)のお祝いのミサと懇親会が開催されました! 今年も山頭神父様、ジュゼッペ神父様、キッペス神父様もお見えになり、夏休み中の船津助祭と一緒に賑やかなごミサでした。 お一人づつ祝福の按手を受ける皆さん。 列に並んで祝福を受ける神父様!   最後はお互いに祝福しあってらして、教会中が優しい笑いに包まれました。 今年は51名のご参加があり、女性の会や日曜学校の子供たち、フィリピン・ベトナムの皆さんによって、心温まるおもてなしの会となりました。       ジュゼッペ神父様は、満をじして新ネタを披露‼️ 先輩信徒の皆さんの積み上げを引き継いでいるのが教会です。 わたしたち、キリスト教の教会の起源は、ユダヤ教のシナゴーグです。   洞窟のシナゴーグ跡に建てられたキリスト教の祭壇です。 そのシナゴーグは、エルサレムの第一神殿(ソロモンによって築かれた最初の神殿)が崩壊し、バビロン捕囚によってほとんどのユダヤ人がバビロニアに連れていかれたときにその原型ができました。 それまでの神殿礼...
09/08
今週のお知らせ
主任司祭より ・二学期の入門講座は10日(火)から、要理・聖書講座は、12日(木)から始まります。 ・来週16日(月/敬老の日)、筑後地区信徒親睦レクレーション大会が、大刀洗勤労者体育センターにて行われます。10:30より受付開始。参加希望者は、弁当の有無も含めて、申込用紙にご記入下さい。 ・9月23日(月)は、幼稚園の運動会が行われるため、22日(日)13:00より、教会敷地内には車両駐車できません。ご理解とご協力をお願いいたします。 ・10月27日(日)9:00ミサにおいて、幼児洗礼式を予定しております。希望の保護者は、申し込み用紙に必要事項を記入して、事務室まで提出してください。 ・井手司さんが、22日(日)9:00ミサ後にカンボジアでの活動報告会を行います。また、カンボジア支援バザーも行いますので、ご協力をお願いいたします。   日曜学校より 本日(8日)9:00ミサ後、日曜学校の二学期始業式を行います。また、始業式終了後、敬老会のお手伝いをいたします。   日曜学校保護者会より 本日(8日)9:00ミサ後、保護者会を行います。ご参加の程、よろしくお願いいたします。   主和の会より 本日(8日)、22日(日)9:00ミサ後、司祭館3階...
 先月のごミサは、第二朗読でヘブライ人への手紙が読まれました。 わたしは、11章の出だしの一文が大好きで、カードに書いて手帳に挟んで持ち歩いているくらいです。 「信仰は、希望していることを保証し 見えないものを確信させるものです。」(フランシスコ会訳) 「信仰とは、望んでいることを確信し、 見えない事実を確証することです。」(新共同訳) この11章のサブタイトルが『先祖たちの信仰』です。   聖墳墓教会 11.2 昔の人々は、この信仰の故に称賛されました。 信仰によって生きた旧約時代の人々を思い起こすのが11章です。 11.13 これらの人々はみな、信仰を抱いて死にました。彼らは、約束されたものを受けませんでしたが、遥かにそれを望み見て歓呼の声をあげ、自分たちが、この世では異邦人であり、旅人にすぎないことを表明しました。 11.39 これらの人々はみな、その信仰のために称賛されましたが、神が約束されたものを受けませんでした。神は、さらに善い計画を、わたしたちのために、あらかじめ立てておられました。 そして12章には、イエス様が『信仰の導き手であり、その完成者』であると書かれています。 アルケゴ...
主任司祭より ・本日(1日)のヨゼフ会は、主任司祭が留守のため、15日(日)に変更いたします。 ・8日(日)9:00ミサ後、敬老会(万寿会)を開催いたします。 ・二学期の入門講座は10日(火)から、要理・聖書講座は、12日(木)から始まります。 ・園児の安全と防犯の為、園庭にフェンス設置の工事を行っています。何かとご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。 ・9月23日(月)は、幼稚園の運動会が行われるため、22日(土)より、教会敷地内の車両駐車はできません。ご理解とご協力をお願いいたします。 ・10月27日(日)9:00ミサにおいて、幼児洗礼式を予定しております。希望の保護者は、申し込み用紙に必要事項を記入して、事務室まで提出してください。 ・井手司さんが、22日(日)9:00ミサ後にカンボジアでの活動報告会を行います。また、カンボジア支援バザーも行いますので、ご協力をお願いいたします。   女性の会より 本日(1日)ミサ後、定例会をいたしますので、信徒会館にお集まりください。   日曜学校より 来週(8日)は、日曜学校の始業式です。また、始業式終了後、敬老会のお手伝いをいたします。   日曜...
わたしには受けなければならない洗礼がある。 それが成し遂げられるまでは、わたしはどんなに苦しい思いをすることであろう。 ルカ12.50 とても心を打たれる箇所です。     「エルサレムはイエスにとって受難と死が与えられる壁です。しかし神の栄光のためにイエスはその壁を引き受けます。それは弟子たちに復活を示し、愛の知らせを延べ伝えるためです。」 8/18のごミサの聖書と典礼の最終ページに寄稿されていた、松村神父様の文章の一部です。 働く(生きていく)上で様々な壁が与えられるけれど、それを喜ん引き受けて行かねばならない、というようなお話でした。   わたしが初めて聖書を読んだ思春期の頃、強烈に印象に残り、最初に聖書にマーカーを引いた箇所があります。 「狭い門から入りなさい。 滅びに至る門は広く、その道は広々としていて、 そこから入る人は多い。 しかし、命に至る門は何と狭く、その道は細いことか。 そして、それを見出す人は少ない。」  マタイ7.13~14 アンドレ・ジイドの「 狭き門」を買い求め、この聖書の箇所を理解したいと思い、何度も読み返したりもしました。     当時のエ...
08/25
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(25日)9:00ミサ後、教会委員会です。関係各位は、信徒会館にお集まりください。 ・9月1日(日)は、出張の為、主任司祭は不在です。 ・来たる、9月8日(日)敬老会(万寿会)の出欠の返信は31日(土)迄にお願いいたします。   日曜学校保護者会より 8月の保護者会はお休みです。なお、9月より、保護者会を第4日曜日から第2日曜日に変更いたします。お間違えの無いよう、ご参加の程、よろしくお願いいたします。   主和の会より 9月の手話通訳付ミサは、8日9:00(日)ミサです。また、1日、8日(日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。初心者も大歓迎です。   事務室より ・ドン・ボスコ社の2020年カレンダー(3種類)の予約注文を受付けております。予約注文特価になっておりますので、どうぞご利用下さい。ご希望の方は、掲示板の申し込みにご記入下さい。本日(25日)まで受付けます。 ・『ギュスターヴ・モロー展』の前売団体券の申し込みを受付けております。詳細は、掲示板をご覧下さい。申込締切9月11日(水)  
先週の納涼祭の記事を書いていて、『神の国』についてまた考えさせられました。 イエス様は30歳になるまで、ヨゼフ様のお仕事を手伝いながら暮らしておられました。お生まれになった時には、「神の子、メシアだ」と有名だったはずなのに、です。 30歳になったころ、大衆を魅了した洗礼者ヨハネが現れました。500年以上の空白ののちに現れた預言者でした。 彼は、民に罪の赦しを得るための回心を勧め、「天の国は到来した」と述べ広めたのです。 多くの人が彼から洗礼を受け、その一人がイエス様でした。その後、ヨハネは彼が起こした大衆運動の結果として逮捕されてしまいます。 イエス様にとって、ヨハネの逮捕は神の国が到来したしるしでした。 マルコの福音書には「ヨハネが捕らえられた後、イエスがガリラヤへ行き、神の福音を延べ伝えて、『時は満ち、神の国は到来した。悔い改めて福音を信じなさい』と言われた」とあります。 イエス様はヨハネの宣教を継続したのです。 18日のごミサのルカの朗読にもありました。「イエスのメッセージは人々に神の国を受け入れるか否かの決断を迫るので、必然的に分裂が起こる」   『神の国』とはなんなのでしょうか...
08/18
今週のお知らせ
主任司祭より ・来たる、9月8日(日)に開催いたします敬老会(万寿会)のご案内をお送りいたしました。8月末日までに出欠の返信をお願いいたします。なお、75歳以上(1945年3月生まで)の方で、ご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。   日曜学校保護者会より 8月の保護者会はお休みです。なお、9月より、保護者会を第4日曜日から第2日曜日に変更いたします。お間違えの無いよう、ご参加の程、よろしくお願いいたします。   事務室より ・ドン・ボスコ社の2020年カレンダー(3種類)の予約注文を受付けております。予約注文特価になっておりますので、どうぞご利用下さい。ご希望の方は、掲示板の申し込みにご記入下さい。25日(日)まで受付けます。 ・『ギュスターヴ・モロー展』の前売団体券の申し込みを受付けております。詳細は、掲示板をご覧下さい。申込締切9月11日(水)  
08/13
教会行事
今年も納涼祭が賑やかに開催されました! 8/11は、月に一度のベトナム語のごミサでした。 その後の納涼祭にもたくさん参加してくれ、いつも静かな感じの彼らも、踊ったりして楽しそうに過ごしてくれました!       フィリピンコミュニティの方々もダンスを披露してくれ、途中から観客の信者さんも混じり一緒に踊っていました。ベトナムの子も日本のおばさまも混じって楽しそうでした。 平和を感じたひと時。 もちろん聖歌隊チェチリアも頑張りました。 そして恒例のジュゼッペ神父様の手品オンステージ。       設営の準備はベトナムのみんなも手伝ってくれていました。 女性の会のおばさま方が今巷で話題のタピオカドリンクを100円で振舞っていたり、おにぎりやお素麺の準備も。 ヨゼフ会のおじさま達がせっせとお肉や焼そばを焼いてくださり。 お手製の竹を割って作ったそうめん流しもありました。 カキ氷や、わたあめ、ヨーヨー釣り、水にうかんだオモチャのヒヨコすくい、恒例のクジ引きは青年会のみんなが仕切ってました。 今年の納涼祭は、おそらく過去最高の人出でした。大人だけでも200人は参加し...
08/11
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(11日)9:00ミサ後、大掃除をいたします。皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(11日)17:00より納涼祭を開催いたします。皆様、ご参加ください。 ・8月15日(水)午後~17日(土)は、東京出張の為、主任司祭は不在いたします。 ・来たる、9月8日(日)に開催いたします敬老会(万寿会)のご案内をお送りいたしました。8月末日までに出欠の返信をお願いいたします。なお、75歳以上(1945年3月生まで)の方で、ご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。 ・皆さまに折っていただいた平和祈願の千羽鶴を長崎平和記念公園に奉献いたしました。   ミサのお知らせ 8月11日 (日) 15:00 ベトナム語ミサ Việt Mass 8月15日 (木) 6:309:00 聖母の被昇天ミサ 8月18日 (金) 15:30 英語ミサ English Mass   日曜学校より 本日(11日)13:00~16:00まで、侍者会、聖歌隊の錬成会を行います。昼食は、各自で済ませてきてください。なお、終了後17:00より、納涼会に参加します。   日曜学校保護者会より 8月の保護者会はお休みです。なお、9月より、保護者会を第4日曜日から第2日曜日に変更いたしま...
2019年8月に撮影したカトリック久留米教会です。   カトリック久留米教会(1) RICOH THETA   カトリック久留米教会(2)RICOH THETA   カトリック久留米教会(3)RICOH THETA   カトリック久留米教会(4)RICOH THETA  
先日、ハンセン病の元患者さんたちとそのご家族の裁判のニュースが話題になっていました。ダミアン神父様のことを思い出しました。 ダミアン神父様(1840~1889年)は、ベルギー出身の司祭で、ダミアンは修道名、本名はヨゼフ・デ・ブーステル(Joseph de Veuster)ハワイ王国のモロカイ島において、当時誰も顧みなかったハンセン病患者たちのケアに志願して生涯を捧げ、自らもハンセン病に感染し、48歳の若さで亡くなられました。 聖人で、記念日は5月10日です。   ハンセン病の患者のケアをしていて、不運にも感染されたのではありません。患者たちともっと寄り添うためには、自らも病気にならなければ、本当の意味で彼らの苦悩を知って寄り添うことはできないのではないか、と考えてあえて感染することを望んだ、と言われています。 手や顔に病気の兆候が現れた時、神父様は初めて患者たちに向かって「我々ライ患者は」と言うことができた、と喜んでいたそうです。 長崎の二十六殉教者記念像などで有名な、偉大な彫刻家、舟越保武さんの作品です。 ダミアン神父様がハンセン病患者となったあとのお姿です。   ただ私はこの病醜の顔に、恐ろしい程...
08/03
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(4日)は、『久留米水の祭典』開催のため、13:00~22:00まで、明治通り(西鉄久留米駅から本町交差点まで)は車両通行止めとなり、教会内駐車場には、車両の乗り入れができません。ご注意ください。 ・来たる、8月11日(日)17:00より納涼祭を開催いたします。 ・8月15日(水)~17日(土)は、東京出張の為、主任司祭は不在いたします。 ・来たる、9月8日(日)に開催いたします敬老会(万寿会)のご案内をお送りいたしました。8月末日までに出欠の返信をお願いいたします。なお、75歳以上(1945年3月生まで)の方で、ご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。   ミサのお知らせ 8月11日 (日) 15:00 ベトナム語ミサ Việt Mass 8月15日 (木) 6:309:00 聖母の被昇天ミサ 8月18日 (金) 15:30 英語ミサ English Mass   日曜学校より 8月11日(日)13:00~16:00まで、侍者会、聖歌隊の錬成会を行います。昼食は、各自で済ませてきてください。なお、終了後17:00より、納涼会に参加します。   日曜学校保護者会より 8月の保護者会はお休みです。なお、9月より、保護者会を第4日曜日から第2日曜日に...
夏休みに入り、船津助祭と横山神学生が久留米に帰ってきてくれています。彼らの姿を見ると、いつもとても嬉しい気持ちになります。   宮﨑神父さまがよくおっしゃいます、「聖書を読みなさい」と。前主任司祭の森山神父様は、「毎週日曜日のミサに聖書を持ってきてください!」とおっしゃっていました。 聖書はいつも、ダイニングに置いています。信仰に関連した本を読むのが好きなので、気になる箇所があれば聖書を開きます。 ルネサンス期に印刷技術を発明したグーテンベルク、彼が最初に印刷したのは聖書でした。 カトリックでは旧約聖書46巻と新約聖書27巻をまとめて「聖書」の正典としていますが、ご存知のように、ユダヤ教では「聖書」といえば旧約(わたし達がそう呼ぶところの)のみを指しています。そして、その旧約聖書には原本というものは存在せず、10世紀ごろに筆写された『レニングラード写本』というものが最古の写本とされていました。 ところが、1947~1956年にかけて死海近くのクムラン洞窟で発見された旧約聖書などの宗教書は、BC200年からAD68年ごろにかけて作られた写本だったのです!クムラン以外から発見されたものも含め、死海文書と...
07/28
今週のお知らせ
主任司祭より ・31日(水)は、幼稚園研修の為、出張いたします。朝ミサはございません。 ・平和旬間(8月6日~15日)の取り組みとして、今年も千羽鶴を折りたいと思います。折り紙を準備していますので、指定された折り紙で、ひとり1~5羽、無理のない程度でお願いいたします。折った鶴は、本日(28日)までに聖堂内の回収箱、または事務室にお預けください。 ・8月4日(日)は、『久留米水の祭典』開催のため、13:00~22:00まで、明治通り(西鉄久留米駅から本町交差点まで)は車両通行止めとなり、教会内駐車場には、車両の乗り入れができません。ご注意ください。 ・来たる、8月11日(日)17:00より納涼祭を開催いたします。 ・8月15日(水)~17日(土)は、東京出張の為、主任司祭は不在いたします。 ・来たる、9月8日(日)に開催いたします敬老会(万寿会)のご案内をお送りいたしました。8月末日までに出欠の返信をお願いいたします。なお、75歳以上(1945年3月生まで)の方で、ご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。   ミサのお知らせ 8月2日 (金) 13:00 初金ミサ 8月2日 (金) 18:45(祈り)19:00(ミサ) ポルチウンクラ全免償ミサ 8...
ミレーの落穂拾いという絵をご存知でしょう。   刈り入れが終わった後の畑に残った麦の穂を拾い集める3人の貧しい農婦が描かれており、背景には穀物がうず高く積まれ、豊かな地主が馬に乗って監督するもとでのにぎやかな収穫風景と対比して描いている。(wikipediaより) レビ記19・9~にはこう書かれています。 お前たちが自分の土地の刈り入れをするとき、お前は畑の隅まで刈り尽くしてはならない。またお前の刈り入れの落ち穂を拾ってはならない。お前のぶどう畑の実を取り尽くしてならない。お前のぶどう畑に落ちた実を拾ってはならない。それらは貧しい人や他国の者のために、残して置かなければならない。わたしはお前たちの神、主である。 去年の刈り入れの時期に、我が家の近くの田んぼの一角に、刈り取られないまま残された束がありました。もしかして、聖書の教えを守ってるの?!ととても気になり、作業されている方に聞いてみました。「特に意味はありません」と言われ、一人で笑ってしまいましたが。。。   miserere nobis 【我らをあわれみたまえ】   ミレーは同時期に、ルツ記2・6~に由来する『刈り入れ人たちの休息(ルツとボ...
07/21
今週のお知らせ
主任司祭より ・平和旬間(8月6日~15日)の取り組みとして、今年も千羽鶴を折りたいと思います。折り紙を準備していますので、指定された折り紙で、ひとり1~5羽、無理のない程度でお願いいたします。折った鶴は、28日(日)までに聖堂内の回収箱、または事務室にお預けください。 ・8月4日(日)は、『久留米水の祭典』開催のため、13:00~22:00まで、明治通り(西鉄久留米駅から本町交差点まで)は車両通行止めとなり、教会内駐車場には、車両の乗り入れができません。ご注意ください。 ・来たる、8月11日(日)17:00より納涼祭を開催いたします。   ミサのお知らせ 8月2日 (金) 13:00 初金ミサ 8月2日 (金) 18:45(祈り)19:00(ミサ) ポルチウンクラ全免償ミサ 8月11日 (日) 15:00 ベトナム語ミサ Việt Mass 8月15日 (木) 6:309:00 聖母の被昇天ミサ   日曜学校より ・本日(21日)9:00ミサ後~16:00に夏の1日黙想会を行います。各自で、お弁当・水筒を持参し、ご参加ください。 ・8月11日(日)13:00~16:00まで、侍者会、聖歌隊の錬成会を行います。昼食は、各自で済ませてきてください。なお、終了後17:00より、納涼会に参...
7/7に、今村カトリック教会において、筑後地区信徒研修会として前田万葉枢機卿様の講演会が開催されました。   今村教会は、本当に美しい聖堂です。レンガ造りの建物と、美しい木製の内部、これぞ日本の教会!!だと誇らしく思います。     テーマは、「福者ユスト高山右近 列福から列聖へ」 この写真からも伝わるように、前田枢機卿様はとても優しいお人柄の方でした。枢機卿、というととても遠い存在のように感じるのですが、以前、久留米教会のフィリピンコミュニティの皆さんが招いてくださったタグレ枢機卿様もとても親しみやすい、明るくて優しい方でした。 高山右近については、皆様もご存知かと思います。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の戦国大名による天下取りの時代の中で、「主君はイエス」の生き方を通して神の国を目指した生涯を送って殉教したのが、高山右近でした。 1630年に、右近が流されて亡くなったフィリピンのマニラ大司教によってバチカンに列聖の申請がなされました。そして昨年、ようやく列福されたのです。 右近忌の 主君はイエス 平和かな 剣に代え 十字架を手に 右近忌や 前田枢機卿様が、右近の命日であ...
07/14
今週のお知らせ
主任司祭より ・明日、15日(月)は、法事の為、主任司祭が不在です。朝ミサはございません。 ・平和旬間の取り組みとして、今年も千羽鶴を折りたいと思います。折り紙を準備していますので、指定された折り紙で、ひとり1~5羽、無理のない程度でお願いいたします。折った鶴は、28日(日)までに聖堂内の回収箱、または事務室にお預けください。   主和の会より 本日(14日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。初心者も大歓迎です。   日曜学校より ・7月21日(日)9:00ミサ後~16:00に夏の1日黙想会を行います。各自で、お弁当・水筒を持参し、ご参加ください。 ・8月11日(日)13:00~16:00まで、侍者会、聖歌隊の錬成会を行います。昼食は、各自で済ませてきてください。なお、終了後17:00より、納涼会に参加します。   ピース9の会より ・21日(日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、『いのちへのまなざし~差別~』を読んで分かち合います。どなたでもご参加ください。  
宮﨑神父様は無事にフランス・イタリア聖地巡礼の旅から戻られました!!ローマにも立ち寄られた、宮﨑神父様と巡礼団のお話は、おいおい伺ってみたいと思います。 NHKと共同通信は、ローマ教皇フランシスコの来日について、11月23~26日の3泊4日の日程で最終調整していると伝えた。教皇は23日午後に東京に到着。24日は朝から被爆地の長崎と広島に向かい、被爆後再建された長崎の浦上天主堂や、4月にリニューアルオープンした広島平和記念資料館を訪問する。25日は東京に戻り、天皇や安倍晋三首相と会談し、東京ドームで大規模なミサを行う。そして26日に離日する予定だという。 11/25の東京ドーム、行きたいです。 イスラエルはワイン発祥の地で、その歴史は5000年以上とも言われています。また、最初にワインを作った人は「ノアの方舟」のノアという説も。創世記には、ノアがぶどう畑を作って、自分で作ったぶどう酒で酔って裸になっていた、という箇所がありますね。(創世記9・20~21) 「ぶどう酒」(ヘブライ語で「ヤイン」)は旧約聖書に141回も出てくる言葉です。新約聖書に書かれている、イエス様が水をワインに変えたカナの婚礼の様子からもわかるように、...
07/07
今週のお知らせ
主任司祭より ・船津助祭の司祭叙階を祝い、当教会より贈物を献上したいと思います。先月より、醵金を始めましたので、皆さまのご協力をお願いいたします。 ・本日(7日)10:30よりヨゼフ会定例会を行います。信徒会館2階にお集まりください。 ・本日(7日)14時より、今村教会にて筑後地区信徒研修会としまして、前田万葉枢機卿様を迎え、講演会『福者ユスト高山右近~列福から列聖~』が開催されます。参加費は自由献金です。 ・10日(水)健康診断、15日(月)法事の為、主任司祭が不在です。朝ミサはございません。   女性の会より 本日(7日)9:00ミサ後、定例会を行います。信徒会館1階にお集まりください。   主和の会より 7月の手話通訳付ミサは、14日9:00(日)ミサです。また、本日(7日)、14日(日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。初心者も大歓迎です。   日曜学校より ・7月21日(日)9:00ミサ後~16:00に夏の1日黙想会を行います。各自で、お弁当・水筒を持参し、ご参加ください。  
久留米教会はイエスのみ心に捧げられた教会であり、その創設を祝って6月の最後の金曜日、イエスのみ心の日に合わせてミサを捧げています。 今年は、ルルドへ巡礼中の宮﨑神父様に代わり、前主任司祭であった森山信三(心臓!)神父様が28日金曜日に司式してくださいました。   夜の久留米教会も素敵ですね! この日のごミサではすべてラテン語で聖歌を歌いました。 イエスのみ心は全人類に対する神の愛の象徴としてイエスの心臓を表し、その信心はイエスのみ心に表される神の愛を思い起こし、その無限の愛のしるしであるみ心をたたえるものとして中世に始まりました。 https://www.cbcj.catholic.jp/faq/mikokoro/ 我が家のみ心のイエス様です。 森山神父様がおっしゃいました。 「血はすべての命の象徴です。十字架上のイエス様が脇腹を槍で刺されたとき、血と水が流れ出ました。 血は聖霊を象徴し、水は洗礼を象徴しています。 神のみ心とは何か。 イエス様が何を大事にされていたのか。 そのことを思い起こし、置かれた日常で聖性を目指しましょう。」 以前にもご紹介した本、パパ様の使徒的勧告『喜びに喜べ』から少し引用します。 7わたし...
06/30
今週のお知らせ
主任司祭より ・船津助祭の司祭叙階を祝い、当教会より贈物を献上したいと思います。今月より、醵金を始めましたので、皆さまのご協力をお願いいたします。 ・24日(月)~7月3日(水)巡礼のため、主任司祭は不在いたします。期間中、週日の朝ミサはございません。 ・7月7日(日)10:30よりヨゼフ会定例会を行います。信徒会館2階にお集まりください。 ・7月7日(日)14時より、今村教会にて筑後地区信徒研修会としまして、大阪教区前田万葉大司教様を迎え、講演会『福者ユスト高山右近~列福から列聖~』が開催されます。参加費は自由献金です。   女性の会より ・6月から、コーヒーバザー売り上げを船津助祭の司祭叙階のお祝いの為の醵金に充てさせていただきます。皆さまのご協力をお願いいたします。 ・7月7日(日)9:00ミサ後、定例会を行います。信徒会館1階にお集まりください。   日曜学校より ・7月21日(日)9:00ミサ後~16:00に夏の1日黙想会を行います。各自で、お弁当・水筒を持参し、ご参加ください。  
06/24
典礼
毎日、主の祈りを唱えています。わたしの場合は、亡くなった母の習慣をまねて、湯船の中で唱えています。一番、心を落ち着けて、一人静かに祈れるのです。 天にまします われらの父よ願わくは 御名の尊まれんことを御国の来たらんことを御旨の天に行わるるごとく地にも行われんことをわれらの日用の糧を 今日われらに与え給えわれらが人に赦す如く われらの罪を赦し給えわれらを試みに引き給わざれわれらを悪より救い給えアーメン この、昔の主の祈りの方が、音も響きも美しいと思っているのはわたしだけではないと思います。 主よ あわれみたまえ キリスト あわれみたまえ 「給え」  「世の罪をのぞきたもう主」 この、日本語のもつ美しい響き、ことばにこもった敬いの心、これは今の若い方々には通じないのですか⁈ 通じなくしてしまっているのではないですか⁈    創世記の第1章、天地創造の話の31節に「神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて善かった。」とあります。「善かった」と訳されている言葉は、ヘブライ語の訳なのだそうです。 (ちなみに、新共同訳は「良かった」、フランシスコ会は「善かった」...
主任司祭より ・本日(23日)は、「聖ペトロ信徒座への献金」になっており、今日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願いいたします。 ・『福岡教区ハンドブック2019』が届いております。1冊100円以上の献金をお願いいたします。なお、数に限りがございますので、各世帯1冊でお願いいたします。ハンドブックは、信徒会館事務室にてお受け取りください。なお、訂正箇所があります。福岡教区報6月号をご覧ください。 ・船津助祭の司祭叙階を祝い、当教会より贈物を献上したいと思います。今月より、醵金を始めましたので、皆さまのご協力をお願いいたします。 ・本日(23日)10:30より、教会委員会を信徒会館2階にて行います。関係各位の出席をお願いいたします。 ・28日(金)は、当教会の守護者『イエスの御心』の日です。当日は、18:30よりお祈り、19:00よりミサがありますので、ご参加ください。 ・24日(月)~7月3日(水)巡礼のため、主任司祭は不在いたします。期間中、週日の朝ミサはございません。   CLCより ・6月から、コーヒーバザー売り上げを船津助祭の司祭叙階のお祝いの為の醵金に充てさせていただきます。皆さまのご協力をお願いい...
06/17
その他
三位一体の祝日について記事を書こうと考えを巡らせてみましたが、「三位一体」について書くのはとても難しい。 Lex Orandi,Lex Credendi の精神で考えてみました。三位一体という言葉、教義について噛み砕いて説明しようと試みるのではなく、「父と子と聖霊のみ名によって、アーメン」と十字を切るとき、どのように感じ、どう考えているか。ミサに与っている間、心を落ち着かせて集中して三位一体の神に心を寄せているか。その祈りの在り方についてじっくり考えてみたい、と思ったのです。   この祭日は、父と子と聖霊の神のいのちについて考え、賛美する日です。神のいのちは、交わりと完全な愛のいのちであり、全宇宙とあらゆる被造物の源であると同時に目的でもあります。それは神そのものです。 復活したイエスのたまものである聖霊は、神のいのちをわたしたちに伝え、三位一体の力をわたしたちに引き寄せます。それは、愛、交わり、助け合い、そして分かち合いの力です。愛する喜びのうちに他者を愛する人は、三位一体の写しです。互いに愛し合い、助け合っている家族は三位一体の写しです。人々が互いの幸せを求め、霊的、物的財を分かち合っている小教区...
06/16
今週のお知らせ
主任司祭より ・『福岡教区ハンドブック2019』が届いております。1冊100円以上の献金をお願いいたします。なお、数に限りがございますので、各世帯1冊でお願いいたします。ハンドブックは、信徒会館事務室にてお受け取りください。なお、訂正箇所があります。福岡教区報6月号をご覧ください ・船津助祭の司祭叙階を祝い、当教会より贈物を献上したいと思います。今月より、醵金を始めますので、皆さまのご協力をお願いいたします。 ・来週23日(日)9:00ミサの中で、初聖体の式を行います。初聖体を受けるクラスの生徒は遅れないようにお願いいたします。 ・28日(金)は、当教会の守護者『イエスの御心』の日です。当日は、18:30よりお祈り、19:00よりミサを捧げます。 ・24日(月)~7月3日(水)巡礼のため、主任司祭は不在いたします。期間中、週日の朝ミサはございません。   日曜学校保護者会より 本日(16日)9:00ミサ後、保護者会をいたしますので、信徒会館2階応接室にお集まりください。   ピース9の会より 本日(16日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、『いのちへのまなざし~格差と貧困?』を読んで分かち合います。どなたでもご参加ください。  
今月のパパ様カレンダーのお言葉は、まさに聖霊の働きについて教えてくださっています。 「聖霊が、困難を取り去ることはありません。聖霊は、困難に立ち向かう力を与えてくださいます。」 キリストの復活を祝う「大いなる50日」、復活節のしめくくりとして、聖霊降臨祭を祝います。聖霊降臨祭を祝う日を、新約聖書では「五旬祭(ペンテコステ)」(ギリシャ語で50の意)と呼んでいます。 使徒言行録 20.16 『処女マリアがイエスをみごもったのは聖霊によってであること(ルカ1・35)、イエスが洗礼を受けた時に聖霊がくだったこと(マルコ1・10)、キリストが栄光を受ける以前に、聖霊はすでにこの世に働きかけていたことがわかります。その同じ聖霊が内面に働きかけ、すべての人の救いのための業を行い、教会を発展させるために、聖霊は弟子たちとともに永遠にとどまるために、弟子たちのうえに下ったのです。これを聖霊の降臨といいます。』 『参考』 https://www.cbcj.catholic.jp/faq/kohrin/ https://www.pauline.or.jp/calendariocappella/cycleB/b_pentecost.php   そこで、集まっていた者たちが「主よ、イスラエルのために国を再興なさるのは、こ...
06/09
今週のお知らせ
主任司祭より ・『福岡教区ハンドブック2019』が届いております。1冊100円以上の献金をお願いいたします。なお、数に限りがございますので、各世帯1冊でお願いいたします。ハンドブックは、信徒会館事務室にてお受け取りください。なお、訂正箇所があります。福岡教区報6月号をご覧ください ・船津助祭の司祭叙階を祝い、当教会より贈物を献上したいと思います。今月より、醵金を始めますので、皆さまのご協力をお願いいたします。 ・来週16日(日)に幼稚園にてファミリーデーを開催いたします。当日は、駐車場の約半分を幼稚園保護者が使用いたしますので、教会に来られる際は、公共交通機関や近隣の駐車場のご利用のご協力をお願いいたします。駐車可能スペースについては、掲示板をご覧ください。 ・28日(金)は当教会の守護者『イエスの御心』の日です。18:30よりお祈り、19:00よりミサを捧げます。 ・24日(月)~7月3日(水)巡礼のため、主任司祭は不在いたします。期間中、朝ミサはございません。   女性の会より ・明日、10日(月)『長崎・神ノ島』へ巡礼の旅をいたします。7:15集合、教会前から7:30に出発します。参加者の皆さんは、時間厳守でお願いいたし...
みこころレターvol.9を発行しました。9号!こうして続けて情報を発信し続けられるのも、信徒の皆さんの協力があってのことです。   今回もいろいろな方に寄稿していただきました。久留米教会を活気づけてくれているフィリピンとベトナムコミュニティの皆さんの様子も、毎号少しはお伝えできるように構成しています。 今回の特集は、信徒の皆様にご協力いただいた「洗礼に関するアンケート」の集計結果です。詳細は、ぜひ手に取ってご覧いただきたいと思います。 洗礼を受けた時期、信仰を持っていてよかったと感じるとき、ミサ・教会に来てよかったと感じるとき、などについて多くのコメントをいただくことができました。 ・静かな(神を想う)時間が持て、日常を忘れることができる。・神様の前で自分の心を見つめられる機会でもあり、信者の方々との会話が楽しめる。・困難なことがあった時に必ず支えがあると思える(信じれる)ことで前進できる。・仕事や人間関係、家族のことなど、祈りながら、大切なことは何かを考えながらやってこれた。 うんうん、なるほど、と皆様のご意見にとても深く気持ちを揺さぶられました。とても多くのご回答、コメントを...
06/02
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(3日)10:30より、ヨゼフ会定例会を行います。信徒会館2階にお集まりください。 ・『福岡教区ハンドブック2019』が届いております。1冊100円以上の献金をお願いいたします。なお、数に限りがございますので、各世帯1冊でお願いいたします。ハンドブックは、信徒会館事務室にてお受け取りください。なお、訂正箇所があります。福岡教区報6月号をご覧ください。 ・船津助祭の司祭叙階を祝い、当教会より贈物を献上したいと思います。今月より、醵金金を始めますので、皆さまのご協力をお願いいたします。 ・来たる6月16日(日)に幼稚園にてファミリーデーを開催いたします。当日は、駐車場の半分を幼稚園保護者が使用いたしますので、教会に来られる際は、公共交通機関や近隣の駐車場のご利用のご協力をお願いいたします。   女性の会より ・本日(2日)9:00ミサ後、定例会を行います。信徒会館1階にお集まりください。 ・6月10日(月)『長崎・神ノ島』へ巡礼の旅をいたします。募集人数は、35名(女性のみ)です。(詳細については掲示板をご覧ください。)本日(2日)で締め切りますので、参加費を添えて、担当までお申し込みください。   主...
昨日のごミサの時間の時点でもう30℃超えの久留米です!   時折吹く風が心地よい中、幼稚園の園庭のマリア様を囲んでロザリオを唱えました。   福音書には、愛についてのイエスさまのお言葉が多く書かれています。 26日のごミサの第2朗読のヨハネによる福音書の箇所を、フランシスコ会訳で引用します。     「わたしを愛する者は、わたしの言葉を守る。 わたしの父はその人をお愛しになり、 わたしたちはその人の所に行き、 ともにそこに住む。」 ヨハネ14•23 注釈には、イエスは自分を愛する者の内に父(神)とともに来て居を定める、とあります。 カトリック信者の哲学者の山本芳久さんによると、 「神が私に愛を注いでくれるということは、この世界の根源である神が私自身を肯定してくれていることに他ならない。 そして、神から肯定されているという事実を受け入れることによって、自己を自分自身によって肯定することができる。 これが自己愛の出発点になる。」 自己愛 なかなか難しい問題だと思っています。 トマス•アクィナスは、自己愛が基盤にあってはじめて他者への愛も成り立つのだと言っています。 自己...
05/26
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(26日)は、『世界広報の日』になっており、本日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(26日)9:00ミサ時に『聖母祭』を行います。 ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを行っています。 ・本日(26日)10:30より、教会委員会を信徒会館1階にて行います。関係各位の出席をお願いいたします。 ・教区災害支援室より、熊本地震被災者支援「田植え」へのお誘いが来ています。詳細については、掲示板をご確認ください。 ・来たる6月16日(日)に幼稚園にてファミリーデーを開催いたします。当日は、駐車場の半分を幼稚園保護者が使用いたしますので、教会に来られる際は、公共交通機関や近隣の駐車場のご利用のご協力をお願いいたします。   日曜学校保護者会より 本日(26日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、信徒会館2階にお集まりください。   女性の会より 6月10日(月)『長崎・神ノ島』へ巡礼の旅をします。募集人数は、35名(女性のみ)です。(詳細については掲示板をご覧ください。)先着順で、募集人数に達しましたら締め切りますので、参加費を添えて、お早めに担当...
05/20
教会行事
19日(日)の午後、久留米教会のフィリピンコミュニティの皆さんによる聖母祭が行われました。昨年も参加させていただいたのですが、フィリピンの皆さんのマリア様への信仰はとても深く、愛に満ち、明るく陽気で、彼女たちの集まりはいつも大好きです。    その後、第3日日曜日の英語ミサがありました。   火災で大きな被害を受けたパリのノートルダム、これからどうやって修復されていくのか気にかかるところです。フランスのメディアがおよそ1000人を対象に行った調査では、元の姿を復元すべきだと答えた人は55%、新たなデザインを支持すると答えた人が44%と、世論も割れていて、再建の在り方をめぐって議論になっているようです。ノートルダム(Notre-Dame)はフランス語で「我らの貴婦人」という意味で、聖母マリアを指します。 9/15は『7つの痛みのノートルダム』の記念日とされています。 7つの痛み、とは①シメオンの預言②エジプトへの逃避行③少年イエスと神殿ではぐれたこと④イエスの十字架の道行き⑤十字架上での刑死⑥亡くなったイエスを十字架から降ろすこと⑦イエスの埋葬 マリア様の苦しみを追っていく信仰を表しています。18世紀に...
05/19
今週のお知らせ
主任司祭より ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを行っています。 ・5月26日に『聖母祭』をいたします。 ・来たる6月16日(日)に幼稚園にてファミリーデーを開催いたします。当日(16日(日)9:00ミサ時)は、駐車場の半分を幼稚園保護者が使用いたしますので、教会に来られる際は、公共交通機関や近隣の駐車場のご利用のご協力をお願いいたします。   女性の会より 6月10日(月)『長崎・神ノ島・大浦』へ巡礼の旅をします。募集人数は、35名(女性のみ)です。(詳細については掲示板をご覧ください。)先着順で、募集人数に達しましたら締め切りますので、参加費を添えて、お早めに担当までお申し込みください。   ピース9の会より 本日(19日)9:00ミサ後、ピース9の会バザーをいたします。収益は、福岡カトリック神学院支援の為に使わせていただきます。皆様、ぜひご利用ください。よろしくお願いたします。   主和の会より 6月の手話通訳付ミサは、2日9:00(日)ミサです。また、2日、9日(日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。  
05/13
復活節
奇跡、信じますか?身近に経験された方はいらっしゃいますか? それが奇跡なのかは確信が持てないとしても、「奇跡的な体験」はわたしも経験したことがあります。わたし自身の病気の克服もですが、父は13年前にステージ4の癌で余命半年と言われましたが、今でも元気に仕事と趣味に没頭しています! 祈りや願いのとき、どなたか聖人に依り頼むという方は多いかと思います。 かつてヨハネ•パウロ2世は「信者から1番人気があって1番願い事をされているのはパドヴァの聖アントニウスと聖女リタだ」とおっしゃったそうです。 聖女リタは「絶望的な案件」「不可能な案件」に効くのだとか。  我が家に以前いた猫ちゃんの名前がリタでした。 聖女リタからとったわけではないのですが、最近彼女に関して書かれた本を読んだので、とても親近感が。 リタは、いわゆる聖女像とはかけ離れた人生だったようです。結婚歴があり、旦那様は家庭内暴力をふるう男、2人の息子は不良。 夫と息子に先立たれた後に、頼んでは断られを3度繰り返したのちに、奇跡が起きてようやく修道院に入ります。しかし、額の傷から悪臭を放つようになり、晩年は14年もの間、隔離されました。 ...
主任司祭より ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを行っています。 ・11日(土)~13日(月)は、東京出張の為、主任司祭は不在です。13日(月)の朝ミサはありません。 ・教区顧問会より、『お願いと報告』11月23日予定の『教区の日』は、諸事情を鑑み、中止いたします。『教区ハンドブック』は、約1ヶ月遅れでの配布となります。詳細、また、その他につきましては、掲示板をご覧ください。   女性の会より 6月10日(月)『長崎・神ノ島・大浦』へ巡礼の旅をします。募集人数は、35名(女性のみ)です。(詳細については掲示板をご覧ください。)先着順で、募集人数に達しましたら締め切りますので、参加費を添えて、お早めに担当までお申し込みください。   主和の会より 本日(12日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   ピース9の会より 19日(日)9:00ミサ後、ピース9の会バザーをいたします。収益は、福岡カトリック神学院支援の為に使わせていただきます。皆様からのご協力の商品は、本日(12日)より受付いたします。信徒会館1階奥の部屋にお持ちください。よろしくお願いたしま...
GW後半は初夏のような陽気ですが、皆さま少しはゆっくりお休みされましたか? 福岡教区報の5月号に掲載されていた「司教、花祭りにお寺を訪問」の記事、大変興味深く読みました。 4/8のお釈迦様の誕生を祝う仏教行事に際して、教皇庁諸宗教対話評議会(←この会そのものに興味津々‼︎)からのお祝いメッセージを持ってお寺を訪問されたそうです。   以前から、こうした他宗教やプロテスタント教会とカトリック教会のかかわりについて、とても関心を持っています。 宮﨑神父様は昨年、プロテスタントの日本基督教教団の筑後地区研修会において講和を依頼され、「隠れキリシタンと潜伏キリシタンについて」というテーマでお話しをされました。 明治時代に創設された教団のため、そのテーマについてよく知らないので勉強したい、との要望があったからだそうです。 久留米教会では毎年12/25の夕方、色々な宗派のプロテスタント教会の信徒と合同で、久留米のメインストリートでクリスマスキャロリングをしています。 ブッダの教えの中に「此あれば、彼あり」というのがあります。 これがこのようなのは、かれがあのようであるからだ、というシンプルな教えで...
05/05
今週のお知らせ
主任司祭より ・司祭館および事務室は、明日(6日)までお休み(緊急時は除く)いたします。 ・5月は『聖母月』です。7日(火)からロザリオ(月~金曜日の13:30)を行います。 ・入門講座は7日(火)から、要理・聖書講座は、5月9日(木)から始まります。 ・11日(土)~13日(月)は、東京出張の為、主任司祭は不在します。13日(月)の朝ミサはありません。 ・4月27日(土)、フランシスコ教皇様は、宮原司教様の辞表を受理され、辞任を正式に発表されました。宮原司教様は、福岡教区名誉司教となられます。同時に、福岡教区の使徒座管理区長として杉原寛信神父様が任命されました。詳細は、福岡教区ニュースリリース「宮原良治司教の辞任について」、カトリック中央協議会をご覧ください。   女性の会より 本日(5日)9:00のミサ後、定例会を行いますので、信徒会館1階にお集まりください。   日曜学校より ・新1年生のクラスは、5月12日(日)より、始まります。   主和の会より 5月の手話通訳付ミサは、12日9:00(日)ミサです。また、本日(5日)、12日(日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   ピース...
教会の敷地内の植物たちも、春爛漫の季節に息づいていて、素晴らしい生命力でわたしたちを魅了しています。     ご復活祭のあと、聖書を最初のページから開いて読むにはよいタイミングだと思い、読み返しています。 創世記の始まりは、第一部 『世界と人間の起源』、1章の小タイトル『宇宙の創造』となっています。 1 初めに、神は天と地を創造された。2 地はむなしく何もなかった。3 闇が深淵の上にあり、神の霊が水の上を覆うように舞っていた。 フランシスコ会訳の聖書の注釈には、こう書いてあります。 「祭司伝承による創造の経緯では、古代に普及していた考えに基づいて宇宙のことが描かれている。記事は当時の知識を反映したもので、今日知られているような科学的なものではない。著者は、人間が特に万物の霊長として神によって創造され、万物の支配権にあずかっていることを説いている。」 さすが、現代的な解説!!   高校生の頃、担任のシスターがおっしゃった言葉がずっと心に残っています。それは、「科学者が宇宙、地球、種の起源を突き詰めて研究しても、最後には、『最初を作ったのはだれか』という問題に行き当たるそうで...
主任司祭より ・本日(28日)10:30より、教会委員会を行います。委員各位は信徒会館にお集まりください。 ・29日(月)に開催される『くるめ合衆国まつり』のため、8:00~17:00は、明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片道通行となり、教会内駐車場には、車両の乗り入れができません。また、西鉄久留米方面からのバスは迂回するため、日吉町バス停には停車しませんので、ご注意ください。 ・司祭館および事務室は、4月29日(月)~5月6日(月)までお休み(緊急時は除く)いたします。 ・5月は『聖母月』です。諸事情により、5月7日(火)からロザリオ(月~金曜日の13:30)を行います。 ・入門講座は5月7日(火)から、要理・聖書講座は、5月9日(木)から始まります。   日曜学校保護者会より 本日(28日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。   日曜学校より ・新1年生のクラスは、5月12日(日)より、始まります。   福岡教区報編集部より 『福岡教区報』5月号の掲載情報に関してのお詫びと訂正 730号 4面 5月3日(金)初金ミサ・サーリスの集い→開催されません  
04/22
復活祭
主のご復活おめでとうございます!20日(土)の復活徹夜祭では3名の方が受洗され、21日(日)のご復活主日のごミサでは11名の幼児洗礼式が執り行われました。本当におめでとうございます。   復活徹夜祭のごミサは、光の祭儀から始まりました。聖堂正面の扉から入り、中央のロウソクから火をもらいながら順に信徒が入場しました。 ご復活に限らず、ごミサはいつも「おはよう」から始まります。マタイの福音書28章も、「おはよう」のエピソードから始まります。 天使が墓石の上に座り、マグダラのマリアともう一人のマリアに言います。 「あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。」 彼女たちは恐れながらも大喜びで、弟子たちに知らせようと走り出します。するとイエス様が行く手に立って「おはよう」と声をかけられるのです。 教会に行くと、神父さまが聖堂入り口に立っておられ、わたしたちに「おはよう」と声をかけてくださいます。 いつもごミサでご一緒する信徒の皆さんと、互いに「おはよう!」と声をかけあいます。 ご復活のミサでは「おはよう!おめでとうございます!」 そして、座って祈り始めるとき、真...
04/20
今週のお知らせ
主任司祭より ・21日(日)午後~22日(月)は、神言会長崎地区・新司祭初ミサの為、主任司祭は不在します。22日(月)の朝ミサはありません。 ・29日(月)に開催される『くるめ合衆国まつり』のため、8:00~17:00は、明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片道通行となり、教会内駐車場には、車両の乗り入れができません。また、西鉄久留米方面からのバスは迂回するため、日吉町バス停には停車しませんので、ご注意ください。 ・5月は『聖母月』です。諸事情により、5月7日(火)からロザリオ(月~金曜日の13:30)を行います。   CLCより 26日(金)14:00より、信徒会館1階におきまして、信仰の分かち合いを行います。ガイドに九州合同CLC代表世話人追立季治氏(行橋教会信徒)をお迎えして分かち合います。どなたでもご自由にご参加ください。  
04/15
聖週間
4/14は枝の主日でした。久留米教会でも枝を用意し、教会の外で祈りが捧げられました。   ジュゼッペ神父様の隣のイケメンさんは、4月から久留米教会に着任された古市匡史神学生です!   イエス様のエルサレム入城を記念して、毎年ご復活の1週間前の主日に行われるのが、この枝を使ったごミサです。エルサレム入場はイエス様が決定的な受難の道に入ったことを意味し、この時からイエス様の歩みは一直線に十字架に向かいます。 この日は、エルサレム入城にはじまるイエス様のご受難が、復活の栄光に至る道であることを思い起こす日です。聖書も受難の箇所が読まれることから、枝の主日は「受難の主日」とも言われます。 そして、この日からカトリックの典礼で最も大切な聖週間が始まるのです。     「お前は同じ刑罰を受けていながら、まだ神を畏れないのか。われわれは、自分のやったことの報いを受けているのだからあたりまえだが、この方は何も悪いことはなさっていない。」そして言った、「イエスよ、あなたがみ国に入られるとき、わたしを思い出してください。」 すると、イエスは仰せになった。 「あなたによく言っておく。今日、...
主任司祭より ・四旬節中『愛の献金』が行われています。皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(14日)は『カテドラル特別献金日』となっており、今日のミサ献金を、その為にお捧げしますので、皆様のお祈りとご協力をお願い致します。 ・本日(14日)9:00ミサ後、聖堂にて、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・20日の聖金曜日は、大斎小斎日になっています。(※大斎とは、1日に1回だけ十分な食事をとるか、2回に分け、少量ずつの食事をとることもできます。60歳未満の成人信者にはその遵守が義務づけられています。ただし、病気、出産前後、精神的あるいは肉体的重労働などによる妨げとある場合には大斎の義務はありません。小斎とは嗜好品(例えば、コーヒー、タバコ、酒類)を控えることで、14歳以上の信者に守る義務があります。) ・21日(日)午後~22日(月)は、神言会長崎地区・新司祭初ミサの為、主任司祭は不在します。22日(月)の朝ミサはありません。   主和の会より 4月の手話通訳付ミサは、20日19:00(土)復活徹夜祭です。また、本日(14日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご...
新学期が始まり、久留米教会に敷設されている聖母幼稚園も子どもたちの賑やかな遊ぶ声が響き渡っています。子どもたちの元気なかわいい声にパワーをもらえる気がします。 「しんぷさま~~ぁ!」と駆け寄ってきて宮﨑神父様に抱き着く子どもたち。神父様も、「子どもたちからエネルギーをもらえる」とおっしゃっています。 カトリック生活、という雑誌があります。定期購読されているという方も多いかもしれません。今月号の特集「道徳教育と宗教教育」、とても興味深く読みました。   編集長であるサレジオ会の関谷神父様が書かれていたのは、 一般的な社会道徳の規範の中で、一番よく聞かれる最低限のルールは、「人の嫌がることをするな」という禁止である。ところがイエスは、このルールを前提にしながらさらに先を行く。人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。マタイ7・12受けるよりも与えるほうが、幸いである。使徒言行録20・35「するな」という禁止の最低限のルールを守るだけでなく、それを飛び越えて積極的に自分から愛を示せと勧め、奨励するのがイエスだ。このあたりが、道徳と宗教の立ち位置の違いの一つではないだろうか。   久...
04/07
今週のお知らせ
主任司祭より ・四旬節中の毎週金曜日13:30より、十字架の道行きを行っていますのでご参加ください。 ・四旬節中『愛の献金』が行われています。皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(7日)10:30よりヨゼフ会定例会を行います。信徒会館2階にお集まりください。 ・11日(木)10:00より、枝の主日の為のソテツの枝切りと、外回りの掃除を行いますので、ご協力をお願いいたします。(特に男性のご協力をお願いいたします。) ・来週14日は『カテドラル特別献金日』となっており、ミサ献金を、その為にお捧げしますので、皆様のお祈りとご協力をお願い致します。なお、教区報4月号(4面)「カテドラルでのゆるしの秘蹟」の「4月13日(土)10時~11時45分」は、「同日11時~13時」となります。 ・14日(日)9:00ミサ後、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。   女性の会より ・本日(7日)9:00ミサ後、定例会を行います。信徒会館1階にお集まりください。   広報委員より みこころレターの記事として、『洗礼に関してのアンケート』にご協力をお願いいたします。ご記入後、回収ボックスに入れてください。なお、締切を来週14日までに延長いたしましたので...
04/01
四旬節
どのような時に音楽を聴きますか?わたしは、家事をしながらクラシック音楽をスピーカーから流すのが好きで、いろいろな楽曲が携帯に入っています。その中でも、詩編を歌ったものや、バッハのマタイ受難曲、ヨハネ受難曲をこの四旬節には毎日聴いています。マタイ受難曲は、マタイによる福音書の26-27章のイエス様の受難を題材に、ヨハネ受難曲は、ヨハネによる福音書の18-19章のイエス様の受難を題材にした曲です。 スターバト・マーテル(ラテン語: Stabat Mater、「悲しみの聖母」「聖母哀傷」)をご存知でしょうか。13世紀に生まれたカトリック教会の聖歌の1つだそうです。 Stabat mater dolorosa 「悲しみの聖母は立ちぬ」から歌詞が始まります。中世以来、西洋音楽の多くの作曲家がこの詩に曲を付けていて、わたしはドボルザーク、ペルゴレージ、アルヴォ・ペルトのものが好きでよく聴いています。 カトリックでは、マリア様への信仰も大切にしています。ヨハネによる福音書にだけ、イエス様のご受難に際し母としての悲しみの中にあっても最期に立ち会う姿が書かれています。ヨハネだけが、十字架のすぐそばで「立っていた」マリア様の姿を書いています。 スターバ...
03/31
今週のお知らせ
主任司祭より ・四旬節中の毎週金曜日13:30より、十字架の道行きを行っていますのでご参加ください。 ・四旬節中『愛の献金』が行われています。皆様のご協力をお願いいたします。 ・復活祭に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、4月14日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・本日(31日)10:30より、教会委員会を行います。委員各位は信徒会館にお集まりください。   聖週間スケジュール 4月14日(日) 受難の主日(枝の主日) 09:00 4月17日(水) 聖香油ミサ(カテドラル大名町教会) 15:00 4月18日(木) 聖木曜日 晩餐ミサ 19:00 4月19日(金) 聖金曜日 十字架の道行き十字架の崇敬式 13:3019:00 4月20日(土) 聖土曜日 復活徹夜祭(洗礼式) 19:00 4月21日(日) 主の復活(幼児洗礼式) 09:00   広報委員より みこころレターの記事として、『洗礼に関してのアンケート』にご協力をお願いいたします。ご記入後、回収ボックスに入れてください。4月7日(日)までにお願いいたします。次回のみここレター(6月1日号)に集計結果を掲載いたします。   主和の会より 4月の手話通訳付ミサは、4月14日(日)9:00、20日19...
最終回は、叙階の秘跡についてです。 3/21に大名町教会において叙階式が執り行われ、船津亮太助祭が誕生しました。久留米教会出身ということで、わたしたち久留米の信徒も大勢でお祝いのため参列させていただきました! 叙階、これは召しだされた本人はもちろん、わたしたち信徒にとっても大きな大きなお恵みと喜びです。まずは、今回のように助祭となり、次に司祭へ叙階され、3つ目は司教叙階です。 昨日のごミサでは船津助祭として、とてもキリッとした様子でジュゼッペ神父様の横でお手伝いされていました。 助祭は、ミサと告解はできませんが、洗礼を授けること、結婚式、葬儀の司式は執り行えます。 21日の様子を、たくさんの写真とともにお伝えします。   福岡教区の司祭団の入場 親族席も設けられ、ご両親はやや緊張の面持ち。まさに、息子が神様と結婚する式!の様でした。 久留米教会の聖歌隊のみなさんも、朝早くから練習を重ね、上の階から素晴らしい歌声を響かせてくれました。中には、感極まって涙ぐみながら歌われていた方もいらしたそうです。 宮原司教様の按手によって、助祭に叙階されます。 最初に船津助祭に神学校を勧め、召命のきかっけを作って...
03/24
今週のお知らせ
主任司祭より ・復活祭に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、30日(土)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、4月14日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・四旬節中の毎週金曜日13:30より、十字架の道行きを行っていますのでご参加ください。 ・四旬節中『愛の献金』が行われています。皆様のご協力をお願いいたします。 ・来週27日(水)~29日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますので、必ずご覧下さい。   広報委員より みこころレターの記事として、『洗礼に関してのアンケート』にご協力をお願いいたします。ご記入後、回収ボックスに入れてください。4月7日(日)までにお願いいたします。次回のみこころレター(6月1日号)に集計結果を掲載いたします。   日曜学校より ・本日(24日)9:00ミサ後、保護者会をいたします。ご出席をお願いいたします。 ・明日、25日(月)9:00~16:00に春の1日黙想会を行います。各自で、お弁当・水筒を持参し、ご参加ください。 ・新1年生のクラスは、5月12日(日)より、始まります。   事務室より ・12月に駐車許可証を申請された方で、ま...
今回は、結婚の秘跡についてです。3月10日に結婚式が執り行われました。わたしも参列させていただきましたが、やはり教会の結婚式は素敵です。 最近は結婚式場に教会のようなチャペルが併設されている場合が多いので、多くの方がキリスト教的な式を挙げられるのが普通のことになっていますね。若い方々が教会での式に憧れるのは当然です。 だって、こんなに美しい!!   結婚は男女の交わりを強めるものであることから、叙階の秘跡とともに「交わりの秘跡」と呼ばれています。結婚の秘跡を授けるのは、司祭ではなく夫婦同士です。司祭は司式を執り行う立会人です。 式次第の後半に、誓約の儀の一連の流れがあり、誓いの言葉ののち、指輪の祝福と交換が行われます。 新郎は司祭から新婦の指輪を取り、「この指輪は私たちの愛と忠実のしるしです」と唱えながら新婦の左手の薬指にはめます。続いて新婦も同様にして、新郎の左手の薬指に指輪をはめます。 指輪の円は継ぎ目なく続く永遠のシンボル。それを神様の前で交換し、誓いをたてることで永遠の愛情を互いに約束するのです。   この、結婚指輪の風習は、カトリックが起源であることをご存知でしたか?古くは、神様との...
03/16
今週のお知らせ
主任司祭より ・復活祭に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、30日(土)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、4月14日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・四旬節中の毎週金曜日13:30より、十字架の道行きを行っていますのでご参加ください。 ・四旬節中『愛の献金』が行われています。皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日、17日(日)17:00より、ヨゼフ館にてヨゼフ会親睦会を行います。 ・来たる3月27日(水)~29日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。 ・今年の初聖体は、6月23日です。なお、今年は堅信式は行いません。来年に予定しております。   主和の会より 本日(17日)の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   ピース9の会より ・本日(17日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、『いのちへのまなざし~環境問題~』を読んで分かち合います。どなたでもご参加ください。   広報委員より みこころレターの記事として、『洗礼に関してのアンケート』にご協力をお願いいたします。ご記入後、回収ボ...
四旬節が始まり、第一主日のごミサは、3人の司祭と2人の神学生と共にという贅沢なものでした。   神父様がたの祭服、ストラも、ご聖体が安置されている 祭壇の幕も紫色です。 カトリックに限らず、その行いの尊さ、素晴らしさ、社会に及ぼした影響などから、尊敬され続けている人は本当に多くいらっしゃいます。そこで、現在バチカンに正式に聖人として登録されている聖者は何人いるのだろう、と思い調べてみました。 結論。「カトリック、ギリシャ正教合わせて1万人以上の聖人・福者がいるが、厳密に数え上げられてはいない」 ちょっと驚きでした。聖人ではありませんが、今日はある一人の日本人についてです。 杉原千畝さんについては、ご存知の方が多いかと思います。「数千人の命を救った男」というタイトルのホームページ、そして実際に記念館もあります。 http://www.sugihara-museum.jp/ リトアニアの日本領事館に押し寄せた、ナチスに追われて逃げてきたユダヤ難民たち。日本政府が認めなかったのに、6千人もの難民にビザを発給した杉原千畝。 そこまではよく知られている話しだと思います。でも、杉原が発給したビザは、あくまでも「日本を通過するためのビザ...
03/10
今週のお知らせ
主任司祭より ・復活祭に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、30日(土)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、4月14日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・四旬節中の毎週金曜日13:30より、十字架の道行きを行っていますのでご参加ください。 ・四旬節中『愛の献金』が行われています。皆様のご協力をお願いいたします。 ・来週17日(日)17:00より、ヨゼフ館にてヨゼフ会親睦会を行います。 ・来たる3月27日(水)~29日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。 ・今年の初聖体は、6月23日です。なお、今年は堅信式は行いません。来年に予定しております。   主和の会より 本日(10日)、17日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   広報委員より みこころレターの記事として、『洗礼に関してのアンケート』にご協力をお願いいたします。ご記入後、回収ボックスに入れてください。4月7日(日)までにお願いいたします。次回のみこころレター(6月1日号)に集計結果を掲載いたします。   日曜学校より ・3月2...
今回は、洗礼の秘跡についてです。みなさんは、いつ洗礼を受けられましたか?幼児洗礼?大人になって?結婚を機に?よく、ミサの際に思うのです。ここにいらっしゃる信者さんは、どんなきっかけで受洗されたのだろう?どのようなエピソード、ストーリーをお持ちなのだろう?と。 そう思われたことはありませんか? わたしの場合について、今日は書いてみたいと思います。洗礼、これは本当に素晴らしい秘跡です。 キリスト教の入信の秘跡と呼ばれるものには3つの秘跡があります。洗礼、堅信、聖体の秘跡です。この3つの入信の秘跡が、私たちキリストを信じる者の生活全体の土台となっているものです。   これは、わたしが27年前のご復活の際に洗礼を受けた時の写真です。 平成3年、まだ昭和の香りがしますね! 代母は、出身高校のシスターにお願いしました。 今よりもずっと、ヴェールを着用している方が多いですね。 当時は久留米教会のステンドグラスもシンプルなカラーのガラスです。 わたしの隣は亡くなった母です。今のわたしの年齢よりも若いです!(間瀬先生もお若い!!) この時、21歳でした。20歳の時、骨肉腫を患いました。苦しい抗がん剤の治療も、大手術も...
03/03
今週のお知らせ
主任司祭より ・今週6日は「灰の水曜日』です。当日は19:00よりミサ、灰の式があります。また、当日は大斎小斎日になっています。朝ミサは通常通りです。 (※大斎とは、1日に1回だけ十分な食事をとるか、2回に分け、少量ずつの食事をとることもできます。60歳未満の成人信者にはその遵守が義務づけられています。ただし、病気、出産前後、精神的あるいは肉体的重労働などによる妨げとある場合には大斎の義務はありません。小斎とは嗜好品(例えば、コーヒー、タバコ、酒類)を控えることで、14歳以上の信者に守る義務があります。) ・来週10日(日)9:00ミサの中で、『洗礼志願式』を行います。 ・復活祭に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、30日(土)までに申込書に必要事項をご記入ください。尚、4月14日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・来たる3月27日(水)~29日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。 ・今年の初聖体は、6月23日です。なお、今年は、堅信式は行いません。来年に予定しております。   女性の会より 本日(3日)9:00ミサ後、定例会を信徒会館1階で行います。   主和...
02/25
その他
みなさまは、一日の中でいつ、どのように「祈り」をされているでしょうか。 リビングに祭壇を設けていらっしゃるお宅もあるでしょう。 ロザリオを手に祈るというかたもいらっしゃるでしょう。 わたしは昔、「祈り」の仕方がわからず、模索していた時期がありました。 「祈り方」を説いた本を読み漁りましたが、自分の祈りのスタイルを、確信をもって「こうやって祈っています」と言えるようになったのは、つい最近の様な気がします。 思いついたらいつでも、どこででもお祈りはしますが、寝る前にベッドで祈る時の必需品はこれ!   この、手のひらにすっぽり収まる木製の十字架。     絶妙なカーブがあって、握りしめると心地よく手に収まるのです。数年前に、仲良しのおば様にプレゼントしていただきました。 (大名町教会のサンパウロでお求めいただけます。) 祈りの助けになっています。手の中でギュ~っと握りしめていると、とても心が落ち着き、神様と天国の母に心とからだを明け渡して話しかけることができるような気がするのです。 「神様に全てを明け渡す」 これが、わたしの祈りのスタイルです。これは、教会の大切な友人が言ってくれた言葉です。 いろいろと悩...
02/24
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(24日)10:30より、教会委員会を信徒会館2階応接室にて行います。関係各位の出席をお願いいたします。 ・2019年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭に提出をお願いいたします。 ・3月6日は『灰の水曜日』です。灰の準備をいたしますので、昨年の枝を2月末日(平日も可)までに聖堂の方へお持ちください。また、当日は19:00よりミサ、灰の式があります。(大斎小斎日になっています。)朝ミサは通常通りです。 ・来たる3月27日(水)~29日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。 ・今年は、堅信式は行いません。来年に予定しております。   ピース9の会より ・本日(24日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、『いのちへのまなざし~死刑廃止を訴える教会の姿勢~』を読んで分かち合います。どなたでもご参加ください。   日曜学校保護者会より 本日(24日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。   主和の会より 3月の手話通訳付ミサは、3月10日(日)9:00です。また、3月3日、10日、17日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加...
みなさんそれぞれにイエス様のお顔のイメージをお持ちだと思います。 それは、馴染みのある教会のご像、見たことのある絵画や映画で演じた俳優の顔など、実は多くの連想させるお顔から各人が確固たるイメージを持っているのではないでしょうか。 久留米教会のイエス様 (十字架のイエス様を左右から照らす照明の位置と光の具合が変わったことにお気付きですか⁈) その中でも、十字架上のイエス様のイメージについて考えてみました。 12世紀までのイタリアのキリスト像は苦痛や苦悩を超越した表情で描かれていました。「勝利のキリスト」と言われています。 13世紀になると、首をうなだれ、苦痛と悲しみの表情を浮かべた「苦悩のキリスト」が主流となってきます。それは、アッシジの聖フランチェスコが要因を作ったとされています。 フランチェスコの体に聖痕が現れたと言われるほど厳格な生活を徹底していたその姿勢は、イエス様の受難について語る際にも反映されます。聖フランチェスコの説教には鳥も耳を傾けたというエピソードのとおり、人々への共感が広がり、絵画においても人間的な苦悩が強調されることにつながったのです。 グリューネヴァルトは16世紀に活動した...
02/16
今週のお知らせ
主任司祭より ・2019年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭に提出をお願いいたします。 ・3月6日は『灰の水曜日』です。灰の準備をいたしますので、昨年の枝を2月末日(平日も可)までに聖堂の方へお持ちください。また、当日は19:00よりミサ、灰の式があります。(大斎小斎日になっています。)朝ミサは通常通りです。 ・来たる3月27日(水)~29日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。   ピース9の会より ・24日(日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、『いのちへのまなざし~死刑廃止を訴える教会の姿勢~』を読んで分かち合います。どなたでもご参加ください。  
02/11
ボランティア
今年の11月に広島、長崎、東日本大震災の被災地を訪問されることを表明されているパパ様。もちろんお目にかかったことはないのですが、以前もご紹介したように、ツイッタ―でのお言葉を毎日聞いているので、とても身近に感じているのはわたしだけではないのではないでしょうか。 1/26その「はい」という答えで、マリアは史上もっとも影響力のある女性となりました。ソーシャル・ネットワークなしで、マリアは最初の「インフルエンサー」、神の「インフルエンサー」となりました 。With her “yes”, Mary became the most influential woman in history. Without social networks, she became the first “influencer”: the “influencer” of God. 神のインフルエンサー!!このツイートはとても印象的でした。わたしが目指しているのはこれだ!と。 1/30 人生を上手に航海する秘けつは、イエスが船に乗ってくれるよう招くことです。イエスに、人生の舵を渡すべきです。そうすればイエスは道を示してくださいます。The secret to navigating life well is to invite Jesus on board. The helm of life should be given to Him, so that He can direct the route. イエス様に人...
02/10
今週のお知らせ
主任司祭より ・2019年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭に提出をお願いいたします。 ・3月6日は『灰の水曜日』です。灰の準備をいたしますので、昨年の枝を2月末日(平日も可)までに教会の方へお持ちください。また、当日は19:00よりミサ、灰の式があります。(大斎小斎日になっています。)朝ミサは通常通りです。   主和の会より 本日(10日)の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   ピース9の会より ・11日(月)13:30~14:30まで、西鉄駅前にて署名活動とちらし配りをいたします。関心のある方は、どなたでもお越しください。 ・24日(日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、『いのちへのまなざし~死刑廃止を訴える教会の姿勢~』を読んで分かち合います。どなたでもご参加ください。   CLCより 16日(土)14:00より、信徒会館1階におきまして、信仰と生活の分かち合いを行います。どなたでもお気軽にご参加ください。  
教会は「病人を癒やす」という務めをとても大切にしています。『病者の塗油の秘跡』は、7つの秘跡のうち、病気に苦しむ人を励ますことを目指した秘跡です。 重病の人に授けられ、祝福された油を額と手に塗り「この聖なる塗油により、慈しみ深い主キリストが聖霊の恵みであなたを助け、罪から解放してあなたを救い、起き上がらせてくださいますように」と唱えられます。   「あなた方のうちに、病人がいるなら、その人は教会の長老たちを呼び、主の名によって油を塗って祈ってもらうようにしなさい。信仰による祈りは、病人を救います。主はその人を立ち上がらせ、もしその人が罪を犯しているなら、その罪は赦されます。」ヤコブの手紙5・14~15 これは、当時すでに行われていた病者の塗油のしきたりについて、公式に説明した箇所とされています。(フランシスコ会訳聖書の注釈より) イエス様は12人の使徒を2人ずつ宣教に遣わされます。 「そこで弟子たちは出ていき、人々に悔い改めるようにと宣べ伝え、また多くの悪霊を追い出し、多くの病人に油を塗って癒やした。」マルコ6・12~13 先日、久留米教会のある信者さんがお亡くなりになりました。奥様にお話を伺いました。 ...
02/02
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(3日)10:30より、ヨゼフ会定例会を行います。信徒会館2階にお集まりください。 ・2019年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭に提出をお願いいたします。   主和の会より 2月の手話通訳付ミサは、2月10日(日)9:00です。また、2月3日、10日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   女性の会より 本日(3日)10:30より、定例会を行います。信徒会館1階にお集まりください。  
久留米教会に入ると、すぐ右手にゆるしの秘跡(告解)のための小部屋があります。 毎週日曜日の朝は、優しい笑顔のジュゼッペ神父さまが、わたしたちのために祈り、待っていて下さっています。     この笑顔、癒されます。 許可を頂いて写真を撮りましたので、今朝は優しい笑顔も120%です!   ゆるしの秘跡とは、司祭のもとで自分の犯した罪(SinとCrime)を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神様からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。罪がゆるされ、癒しと慰めをいただくことで、これからの生き方の勇気と力になります。 和解の秘跡ともいい、罪を犯したことで神様を悲しませたことを反省し、神様と和解する、ということだそうです。 わたしたちカトリック信者は、少なくとも年に一回はゆるしの秘跡に与ります。 「神様から離れた生活をしてしまった」という気持ちを感じたら、そのことを告解するのも信仰生活の助けになります。 わたしの場合、初めてゆるしの秘跡をいただいたときに神父さまが仰った聖書の言葉は、その後のわたしの信仰生活の指針となり、今でも大切にしています。 『あなたはキリストの良い香りです。あなたの姿が周りを照らしますよう...
主任司祭より ・本日(27日)は『世界こども助け合いの日』で、特別献金になっています。環境問題、人身売買、テロなどで苦しんでいる子ども達のために、皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(27日)10:30より、教会委員会を行います。関係者は信徒会館にお集まりください。 ・2019年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭に提出をお願いいたします。   日曜学校保護者会より 本日(27日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。   主和の会より 2月の手話通訳付ミサは、2月10日(日)9:00です。また、2月3日、10日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。  
今日は、本をご紹介します。世界的なベストセラーなので、ご存知の方が多いかと思いますが、わたしは最近知って買い求め、没頭して一気に読みました。     1923年に英語で出版されたこの詩集、30数か国語に翻訳されているそうです。文が美しい。この携帯サイズの小さな本の中に、カトリックの教えが美しい散文になって凝縮されている気がします。愛、結婚、自由についてなど26個のテーマに沿って預言者が語る、という設定になっています。 美智子皇后さまもご愛読されているようです。 「レバノンの詩人・哲学者・画家である著者のカリール・ジブラン。20世紀のウィリアム・ブレイクとも称され、多くの詩人・思想家・政治家のみならず、サブカルチャーにも影響を及ぼした偉人が、人間の普遍的テーマ…愛、労働、喜びと悲しみ、友情など26の項目について深く語りかける詩集。」(amazonの内容紹介より) 本の装丁も美しく、いつもバッグの中に入れて持ち歩くことにしました。いつでも人に勧められるように。 箴言好きなのです。この本を読んでいて、箴言を深く掘り下げて咀嚼されているような気がしたのです。箴言は、読んでいて心に刺さる言葉が多いし、何よりも読みやすい...
01/20
今週のお知らせ
主任司祭より ・18日~25日まで、キリスト教一致祈祷週間です。テーマは『ただ正しいことのみを追求しなさい(申命記16・18-20)』です。共に祈りましょう。 ・来週27日は『世界こども助け合いの日』です。当日は特別献金になっています。環境問題、人身売買、テロなどで苦しんでいる子ども達のために、皆様のご協力をお願いいたします。 ・先週、13日に行いました「福島やさい畑~復興プロジェクト」支援の為のりんごを販売の収益金、27,000円(内5,1600円は募金)を送金いたしました。皆さま、ご協力ありがとうございました。 ・2019年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭に提出をお願いいたします。   女性の会より ・21日(月)に『女性信徒・新年会』を丸海屋・久留米駅前店にて行います。11:00に教会に集合、または各自で11:30に現地集合です。お申し込みは参加費(3,500円)を添えて女性の会・担当までお願いいたします。 ・去る12月16日に行いました女性の会バザー収益金より、106,367円を『福岡教区被災者支援募金』に献金いたしました。ご協力ありがとうございました。   ピース9の会より 本日(20日)9:00ミサ後、信徒会館2階...
01/14
御ミサ
信徒会館のオルガンを修理に出していたのが戻ってきました。 このオルガン、1880年製のフランスのもので、日本には3台しか残っていない貴重なものです。この、職人さんの手作りのオルガンは、これまでも何度も修理を重ねて大切に使われてきました。今回は、長野県の吉倉オルガン工房の吉倉さんが長い時間をかけて丁寧に修理してくださいました。職人の技が見える素晴らしいオルガンのようです。長年にわたり何度も修理してきているため、元の状態がどのようであったかもわからず、埃を取ることだけでも、とても大変な作業だったそうです。       早速、ごミサの演奏に使われています。   ミサで聖歌の伴奏をしてくださっているのは彼女たちです。 いつも、素敵な演奏でわたしたちの歌声をリードしてくれている、幸子さんと望さんです。(お名前も素敵!)   ごミサにおける聖歌、カトリックではとても大切にしている祈りのひとつです。上手に歌うことが大切なのではなく、みんなが声をひとつにして心を込めて「祈り」として歌うことを心がけたいと思っています。 ニューヨークに住む妹に会いに行くと、近くのカトリック教会のミサに行くのですが、その教会では参列者...
01/13
今週のお知らせ
主任司祭より ・18日~25日まで、キリスト教一致祈祷週間です。テーマは『ただ正しいことのみを追求しなさい(申命記16・18-20)』です。共に祈りましょう。 ・三学期の入門講座は15日(火)から、要理・聖書講座は、17日(木)から始まります。 ・本日(13日)9:00ミサ後に福島・カトリック二本松教会をベースにして活動するNPO法人「福島やさい畑~復興プロジェクト」支援の為のりんごを販売いたします。皆さまのご協力をお願いいたします。   女性の会より ・本日(13日)9:00ミサ後、定例会を行います。信徒会館1階にお集まりください。 ・来たる1月21日(月)に『女性信徒・新年会』を丸海屋・久留米駅前店にて行います。11:00に教会に集合、または各自で11:30に現地集合です。お申し込みは参加費(3,500円)を添えて女性の会・担当までお願いいたします。先着40名にて締切ますので、お早めにお申し込みください。   主和の会より 本日(13日)9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   ピース9の会より 20日(日)9:00ミサ後、信徒会館2階にて、『いのちへのまなざし~生と死の尊厳~』を読んで分かち合います。どなたでもご参加ください...
01/07
その他
新しい一年が始まりました。 今年はどんなお恵みや出会いがあるでしょうか。 考えるとワクワクします。   以前読んだ祈りの本に書いてありました。 「朝起きて1番最初に心に浮かぶ考えで1日が決まる」 一年の始まりも同じではないかと思うのです。 どんな一年にしようか どんなふうに過ごしていこうか 前向きな明るい気持ちで始めるほうが、お恵みが多くなる気がします。   パパ様カレンダーの1月のメッセージは 『澄んだ目と、信頼や希望に満たされた顔でわたしたちを見つめる子どもたちの笑顔を守るために、わたしたちは何をしているでしょうか?』   わたしには4人の姪、甥がいます。 毎日、彼女たちのことはお祈りしていますが、 今年はこのパパ様のメッセージを心に刻み、 いつも以上に子供たちのために祈ろう、と誓いました。 皆さまは、今年はどんなお祈りを抱負とされますか?     教会にしばらく来れていないという方を誘いませんか? 教会に行ってみたいというお知り合いを誘いませんか? 久留米教会は今年も、開かれた活気ある、お恵みの象徴のような共同体でありたいと思います。    
01/06
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(6日)9:00ミサ後、新成人の茶話会を行いますので、関係各位は信徒会館1階にお集まりください。 ・今月のヨゼフ会定例会は、お休みです。2月より開催いたします。 ・8日(火)~9日(水)、主任司祭は不在いたします。9日(水)の朝ミサはありません。 女性の会より ・1月の定例会は、13日(日)に変更いたします。お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。 ・来たる1月21日(月)に『女性信徒・新年会』を丸海屋・久留米駅前店にて行います。11:00に教会に集合、または各自で11:30に現地集合です。お申し込みは参加費(3,500円)を添えて女性の会・担当までお願いいたします。先着40名にて締切ますので、お早めにお申し込みください。   主和の会より 1月の手話通訳付ミサは、1月13日(日)9:00です。また、1月13日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。  
2018/12/31
降誕祭
今年も残すところ数時間となってしまいました。みなさま、どのような一年をお過ごしになったと感じていらっしゃいますか?わたしは、幸せを感じることばかりではなく、大変なことや辛いこともあった2018年でした。 それでも、大晦日を迎えた朝、心の底から「神様、今年も一年、本当にどうもありがとうございました。」とお祈りですることができました。 『すべての思い煩いを神に委ねなさい。神があなた方を、顧みてくださるからです。』1ペトロ5・7 何かトラブルが起きた時などは、この聖書のことばを呪文のように唱えています。     馬小屋での出来事について、宮﨑神父様から説明を聞く子どもたちの様子です。彼らの姿を見ているだけで、幸せを感じることができます。 未来の久留米教会を担ってくれる子どもたちです。         子どもたちのクリスマスパーティの準備をしてくださった、若いお母様方。そして、進行してくれたのは青年会の若いメンバーたち。 この一年、子どもたち、若い信者さんたちが久留米教会の力となってくれていることに、広報の取材を通して接する機会が多かったのは、わたしにとっても大きなお恵みでした。 パーティに参加させていただいた...
2018/12/30
今週のお知らせ
主任司祭より ・年末年始のごミサの時間は、下記の通りです。今年は、新年のミサ( 1月 1日  0:00)はありません。 12月31日(月) 感謝ミサ 18:00 2019年 1月 1日(火) 神の母聖マリア 10:00   ・1月6日(日)9:00のミサの中で、新成人の祝福式を行います。新成人の方々は、ミサに遅れないようにおいでください。   女性の会より ・1月の定例会は、13日(日)に変更いたします。お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。 ・来たる1月21日(月)に『女性信徒・新年会』を丸海屋・久留米駅前店にて行います。11:00に教会に集合、または各自で11:30に現地集合です。お申し込みは参加費(3,500円)を添えて女性の会・担当までお願いいたします。先着40名にて締切ますので、お早めにお申し込みください。   主和の会より 1月の手話通訳付ミサは、1月13日(日)9:00です。また、1月13日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   事務室より 26日までに駐車許可申請を出された方の許可証は、各自の維持費袋の引き出し、または、事務室にてお受け取りください。
クリスマスおめでとうございます。 昨夜のイブのごミサと今朝の降誕ミサには、とても多くの参列者がありました。毎年とても盛大にご降誕のお祝いができることは大きな喜びです。 日曜学校を卒業した青年たち、おなかの大きな子、、お母さんになった子あか抜けした新社会人、普段の日曜日のごミサにはなかなか与れないという信者だけでなく、ミサはクリスマスだけは必ず!という信者さん、初めて教会を訪れる方も大変多いのがクリスマスミサの醍醐味ではないでしょうか。   イエス様がお生まれになった意味を、すべての人と分かち合う時間です。 宮﨑神父様は「信じる者はすべてを神にゆだねるのです。クリスマスを、信じることの喜びを改めて見つめなおす機会にしてください。」とおっしゃいました。     昨夜のミサまでの間、多くの方がいろいろな役割を担って準備に取り組んできました。この祭壇のお花もそのひとつです。女性の会のみなさんが、丁寧に活けてくださいました。       信徒会館の中の飾りつけは、ベトナムの青年たちの手によるものです。 イブのミサのあとに振る舞われた軽食も、女性の会のみさなんのお手製です。   ミサの中で演奏されたハンドベル...
2018/12/23
今週のお知らせ
主任司祭より ・クリスマス、年末年始のごミサの時間は、下記の通りです。 12月24日(月) 待降祭夜半ミサ 19:00 / 22:00 12月25日(火) 主の誕生ミサ 9:00 12月31日(月) 感謝ミサ 18:00 2019年 1月 1日(火) 神の母聖マリア 10:00   ・降誕祭夜半ミサの駐車場について大変混雑をいたしますので、出来るだけ、公共交通機関をご利用ください。身体の不自由な方、高齢の方の為の教会敷地内駐車許可証を発行いたしますので、事務室にお申し出ください。 教会敷地内には、特別許可書を持っている方以外は、駐車出来ませんのでご了承ください。 なお、駐車場内では、係員の指示に従ってください。よろしくお願いいたします。 ・来たる12月25日(火)19:30より(19:00集合、雨天決行)、西鉄久留米駅東口・リベールから当教会まで、プロテスタント、カトリック教会合同で、クリスマスキャロリングが行われます。どうぞ、ご参加ください。   女性の会より ・来たる1月21日(月)に『女性信徒・新年会』を丸海屋・久留米駅前店にて行います。11:00に教会に集合、または各自で11:30に現地集合です。お申し込みは参加費(3,500円)を添えて女性の会・担当までお願いいたします。先...
2018/12/17
待降節
なんてステキな呼び名でしょう! 喜びの日に相応しく、待降節第3のロウソクはピンクが灯されました。   今日に合わせ、ピンクの実が追加されています。    みこころレターのこと、ホームページの記事のことを褒めてくださったり感想を聞かせてくださる方が何人も声をかけてくださり、嬉しい日曜日の朝だわ、と思っていたら。 ジュゼッペ神父様の最初のお言葉が 「今日は喜びの日曜日です。 主があなたたちの内に、あなたたちと一緒におられ歩んでおられることを喜びなさい。」   喜びその1   日曜学校の子どもたちが、いつも神父様に教わっていることをいつくか、わたしたちにも聞かせてくれました。 「朝昼晩、神様に感謝しましょう!」 「毎日何回も、ありがとうを言いましょう!」 大人も大切にしなければならない習慣ですね。   喜びその2     青年会という20名ほどのグループがあります。高校生以上の若者たちが、クリスマスミサで披露するハンドベル演奏の猛練習中です! (メンバーのIさんは、わたしが洗礼を受けたときに一緒に幼児洗礼を受けたのです。 こんなにステキな女性に成長して、感無量です(涙)) 今日は、ミサの後、馬小屋の飾り付けをしてくれまし...
2018/12/16
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(16日)9:00ミサ後に福島・カトリック二本松教会をベースにして活動するNPO法人「福島やさい畑~復興プロジェクト」支援の為のりんごを販売いたします。皆さまのご協力をお願いいたします。 ・カトリック新聞、クリスマス特別号を販売いたします。1部100円です。 ・来たる、1月6日(日)に行います新成人・祝福式のお知らせをお送りいたしました。同封の出欠席のハガキを22日迄にご返信ください。また、お知らせが届いていない方は、事務室までお知らせください。 ・クリスマス、年末年始のごミサの時間は、掲示板をご覧ください。主日のミサは、通常通りです。 ・降誕祭夜半ミサの駐車場について:大変混雑をいたしますので、出来るだけ公共交通機関をご利用ください。身体の不自由な方やご高齢の方の為に教会敷地内駐車許可証を特別に発行いたしますので、必要な方は事務室にお申し出ください。当日は、特別許可書を持っていない方の駐車は出来ません。なお、大駐車場内では、係員の指示に従ってください。よろしくお願いいたします。 ・来たる12月25日(火)19:30より(19:15集合、雨天決行)、西鉄久留米駅東口から当教会まで、プロテスタント、カトリック...
久留米教会にはこのホームページと、「みこころレター」という広報誌、2つの広報ツールがあります。 みこころレターの第8号を発行しました。     この半年の久留米教会の活動だけではなく、4つの国出身の信徒によるアドベントの過ごし方の記事、神学生2名のご家族による「わが子の召命」についての寄稿、海外で活動する信徒の報告など、いろいろとお伝えしたいこと盛りだくさんの内容です。   クリスマスは多くの場合、ハロウィンの様にイベント化し、新聞を取るのをお止めになるご家庭も多くなり、来年からは年賀状出すのをどうしようかと考えていらっしゃる方もいるようです。 現代は紙離れ?神離れ?なのでしょうか。   広報誌、つまり手に取っていつでも好きな時にゆっくり読める媒体と、ホームページのように、情報を得るために自主的に検索してから見る媒体とでは、その役割は全く違います。 たとえば、わたしもこのホームページに聖書の言葉を引用したいと思った時、それが、どの福音書の何章だったか知りたい場合、すぐにインターネットで検索します。 そのあと、自分で聖書を開いてその箇所を読み返します。(ここ大事!) 神様はインターネットで自分のことを検...
典礼暦では、待降節から新しい1年がスタートします。 久留米教会でも、アドベントの飾りつけを始めました。       これは、待降節の間、毎週1本づつ灯すロウソクを立てるためのもので、ラテン語で、アドベントゥス クラントゥスと言います。 毎年、一人の有志の方が素敵なものを作ってくださっていたのですが、今年からは、わたしたち(Team40代!)が担当させていただくことになりました。   こちらは、去年のもの。   完成度が高く、とてもこんな風にはできませんでした。(^_^;) それでも、神様を感じながら、戴いた役割を楽しみました。   「どんなことであれ、あなた方のうち二人が心を一つにして地上で願うなら、天におられるわたしの父はそれをかなえてくださる。二人また、三人がわたしの名によって集まっているところには、わたしもその中にいる。」 マタイ18・18~20   この聖書の言葉を思い出さずにはいられませんでした。 「今年から、作るのをお願いできない?」と言われた時、わたしたちはとても嬉しく、「ほかにもお手伝いできることがあれば、なんでも言ってください!」と、誰もが口を揃えて言うことができました。       久留米教会にはいろいろな役割...
2018/11/26
その他
少し前のことになりますが、11/3 福岡キャンパスでの開催は今年で最後となった、神学院祭に久留米教会からも大勢で参加してきました。 恵まれた敷地!       素晴らしい環境で、17名の神学生が学んでいます。われらが誇り、船津神学生もその一人です。 丘の上から神学生の挨拶があり、開会しました。       各教区の神父様方も勢揃いし、美しい秋晴れの空の下、贅沢なごミサに与ることができました。     企画ももりだくさんで、大人も子供もとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。丘を利用した草スキー(?ソリ?)、神学生を探してシールを集めてお菓子をもらったり、神学生によるマジックショー、ウッドビーズでのロザリオ作りなど。 各教会ごとのいろいろな食事やお菓子の露店も出ていました。 こんな面白いランキングも!         日本の神学生の数は、年々減少しています。わたしたち信徒にとっても、カトリック教会全体にとっても、とても深刻な問題です。 聖アウグスティヌスは、自身の放蕩生活やマニ教への入信を振り返り、苦悩していたさなか、隣りの家の子どもが遊びながら歌う声にハッとします。「とれ、よめ」そこにあった聖書を手にし、どこを読む...
2018/11/25
今週のお知らせ
主任司祭より ・今年の待降節黙想会は、ありません。その為、ゆるしの秘蹟を、12月9日14:00~15:00に予定しています。 ・クリスマス、年末年始のごミサの時間は下記の通りです。主日のミサは、通常通りです。 12月24日(月) 待降祭夜半ミサ 19:00 / 22:00 12月25日(火) 主の誕生ミサ 9:00 12月31日(月) 感謝ミサ 18:00 2019年1月1日(火) 神の母聖マリア 10:00   ピース9から バザー収益から、福島家族支援「博多にきんしゃ~い」への支援金として30,000円、久留米教会に5,000円を献金させていただきました。ご協力ありがとうございました。   女性の会より ミサ後のコーヒーバザーにご協力いただき、ありがとうございます。コーヒーバザー収益金より、10万円を空調献金にさせていただきました。   主和の会より 12月の手話通訳付ミサは、12月9日(日)9:00、24日(月)19:00です。また、11月2日、16日、29日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   事務室より ・献金袋が、3種類あります。「献金」は、小教区(久留米教会)の為の献金袋、「空調献金」は、聖堂の空調の為の献金袋、「特別献金」は、指定献金日、...
11/18〜25は聖書週間となっています。 みなさん、聖書はどのくらいのペースで手にしますか? 聖書に親しんでいますか? 今日はごミサの後、バザーが開催されました。このバザーも、聖書の教えを実践しているのだわ、と感じました。       今日のバザーの収益金は、震災後続けられている福島家族支援のプログラム「博多にきんしゃ〜い」への支援金として充てられます。 久留米教会には女性の会というグループがあり、定期的にコーヒーバザーが開催されます。 ごミサの後、教会前の広場で皆がコーヒーを片手に語り合う、貴重な親睦の場でもあります。その収益は、例えば教会の空調献金に充てられたりしているのです。 なぜ、バザーをするのか。 答えは、聖書のいたるところに書かれています。   これは、わたしの聖書、フランシスコ会翻訳です。     このように、気に入っている箇所や大事にしている言葉のページには付箋を貼っていて、時折読み返しています。   今日のごミサの箇所。 『天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。』マルコ13・31 共同訳が採用されている聖書と典礼はこう訳されていますが、フランシスコ会だと。 『天地は過ぎ去る。しかし、わたし...
2018/11/18
今週のお知らせ
主任司祭より ・11月より、木曜日 19:00の聖書・要理講座を休講いたします。 ・23日(金・祝)は、教区の日です。大名町教会にて講話会などが開催されます。「ゆるしの秘跡」もございますので、皆さん、どうぞご参加ください。   ピース9から 本日(18日)9:00ミサ後、バザーを予定しています。収益は、福島家族支援「博多にきんしゃ~い」への支援金として充てられます。ぜひ、お立ち寄りください。よろしくお願いたします。   女性の会より ミサ後のコーヒーバザーにご協力いただき、ありがとうございます。コーヒーバザー収益金より、10万円を空調献金にさせていただきました。   主和の会より 12月の手話通訳付ミサは、12月9日(日) 9:00、24日(月)19:00です。また、11月2日、16日、29日の9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。  
11日のごミサでは、七五三のお祝いがありました。 そして、長崎の神学校から13名の神学生と3名の神父様がたもお越しになり、お恵み溢れる素晴らしい日曜日のミサとなりました。       現在、14名の神学生が在籍していて、そのうち12名が長崎教区の出身とのこと! 2名は、われらが福岡教区の誇り、久留米の横山神学生と、今村教会出身の鈴木神学生です。 5人の神父様による贅沢なごミサ。 そして、お恵みに満ちた神学生たちと七五三の祝福を受けるたくさんの子どもたち。       みなさん、教会中に満ち溢れる聖霊のパワーを感じられたのではないでしょうか。 特別のお恵みを受けた子どもたち&青年たちからのおすそ分けをいただいたような気持ちで、息を吸い込むたびに、体内に良いエネルギーが入ってくるのを感じました。 ごミサのあと、何人もの方が「今日は素晴らしいごミサだった!」とおっしゃっていました。   最後に神学生たちがギターの演奏付きで素敵な歌声を披露してくれました。 3曲目は自らのアンコールによって。(笑) ♪聖霊きてください あなたの光の力で わたしたちを照らしてください♪ ♪わが主イエス わたしを包む、わたしを満たす♪ 横山神学生の挨拶...
2018/11/10
今週のお知らせ
主任司祭より ・11月より、木曜日 19:00の聖書・要理講座を休講いたします。 ・14日(水)は、世界糖尿病デーということで、今年も当教会がブルーにライトアップされます。点灯式は、18:00からです。 ・23日(金・祝)は、教区の日です。大名町教会にて講話会などが開催されます。「ゆるしの秘跡」もございますので、皆さん、どうぞご参加ください。   主和の会より 本日(11日)9:00 ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。興味、関心のある方はご参加ください。   女性の会より ミサ後のコーヒーバザーにご協力いただき、ありがとうございます。コーヒーバザー収益金より、10万円を空調献金にさせていただきました。   CLCより 14日(水) 14:00より、信徒会館1階におきまして、信仰と生活の分かち合いを行います。どなたでもお気軽にご参加ください。   ピース9から 18日(日)9:00ミサ後、バザーを予定しています。収益は、福島家族支援「博多にきんしゃ~い」への支援金として充てられます。皆様からのご協力の商品を受付いたしております。よろしくお願いたします。  
2018/11/05
聖週間
3日の秋晴れの美しい空の下、盛大に行われた神学院祭については、また次回!   今月は、死者の月です。 「死について黙想し、周囲の亡くなられた方が永遠の命に招かれるように祈ることは、 私たちがよりよく生きることに繋がります。」 宮﨑神父様がミサでおっしゃった言葉です。   今日のミサで撮影した写真。 朝日の偶然による光の屈折が美しく、聖霊が、天と教会のなかのわたしたちを結んでいるような気がしました。   こちらは、ボリビアの死者の日の様子。     ボリビアでは死者の日から数日、お仕事はお休みだそうです。 「みなさん、お墓参りに行ったり、もし今年亡くなった方が家族にいたら、その方が好きだったものを準備して、お祈りに来て下さる方々とそれらを分かち合う日となっています。 わたしも、知り合いの家にお祈りに行き、パンとワインをいただいてきました。」 ボリビアのAkikoさんより。 日本のお盆のような感じですね。   午後3時から、久留米教会の全ての死者の追悼のためのごミサが捧げられました。   聖アウグスティヌスは、母モニカが亡くなったとき、悲しみにくれていました。 「私は終日、心の奥底においては、重いかなしみに沈んでいまし...