新着情報
11/28
待降節
いよいよ今年の待降節が始まりました。 ミサの式次第が新しくなったこともあり、背筋が伸びるような、清々しい気分です。 待降節になると、今年を振り返ってやり残したことはないか、今年を誠実に生きたか、などを丁寧に想う気持ちが自然と湧き起こります。 もし心に引っかかった棘のようなものがあれば、降誕祭までにクリアにする。いつも、そうやって新年を迎えることができるように取り組みます。   毎年、久留米教会では祭壇に大掛かりな馬小屋の飾り付けをしますが、コロナ前は日曜学校のこども達や青年会の若者たちが協力して取り組んでくれていました。 一昨年からは、ベトナムコミュニティのみんなが率先して手伝ってくれていましたが、今年は、神父様が全面的におまかせになり、かなり凝った設定になっているようです。     筑後地区には、300名ほどのベトナム人の若者たちが暮らしています。留学生、技能実習生、中には資格をとって就職している人もいます。みんな20代前半ですので、おかげで久留米教会は若いパワーで活気に満ちています。 これは、本当に素晴らしいお恵みです。 月に一度、ベトナム人の司祭を招いてベトナム語の...
11/27
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(27日)、9:00ミサ後、合同委員会を行います。 教会委員、各グループの代表は、ご出席ください。 ・12月24日(土)の降誕祭ミサは、定員を超えましたので、受付を終了いたしました。 なお、子どもミサに与る子どもと保護者は、事務室にてお申し込みください。   ⭐︎女性の会より 12月の例会は、4日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎フードドライブより 12月11日(日)、18日(日)、9:00ミサ後にミニバザーを行います。 修道院のクッキーやケーキを販売いたします。 収益は、緊急時の際の物資調達や活動資金に充てさせていただきます。 ⭐︎日曜学校より 12月11日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。 ⭐︎事務室より 西原村のお米が届きました。 注文された方は、事務室にてお受け取りください。  
紅葉が美しいですね。 聖書は、すべての人を心にかけてくださる神の愛といつくしみを示す本であり、そのかかわりの中に生きるように人間を招く本です。聖書は、「内容を覚える」教科書ではなく、人生を支える「糧」です。だからこそ、わたしたちの心に響きます。 これは、今年の聖書週間(11/20~27)のリーフレットに寄稿された、アベイヤ司教様のお言葉です。 リーフレット『聖書に親しむ』https://www.cbcj.catholic.jp/wp-content/uploads/2022/08/bibleweek2022.pdf   「新約聖書外典」を読みました。正典から排除された(正式に採用されなかった)文書を、外典と言います。 以前、ある神父様が「昔は神学校で『これは読んではいけない』と言われていたようですが、面白いので読んでみました。」とおっしゃったので、いつか読もうと思って買ったまま、ほこりをかぶっていました。 たとえば、ラファエロの「聖母の結婚」という絵をご覧になると、聖書のどこにこのエピソードが?と思われるでしょう。 外典のヤコブ原福音書にあるのは、次のような物語です。 マリアは神殿で育てられていました。大祭司ザカリアの夢に天使が現れ、マリアの結婚相手...
11/20
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・毎年、11月の第4週(今年は、20日(日)~27日(日))は、聖書週間になっています。 これは、キリスト教エキュメニズムの一環として、聖書により親しむために設けられた週間です。 ぜひ、ご家庭でも聖書に親しんでください。 ・来週27日(日)9:00ミサ後、合同委員会を行います。 教会委員、各グループの代表は、ご出席ください。 ・待降節第1主日(27日)より、「新しいミサ式次第」に代わります。 各自、ミサ式次第に目を通しておいてください。   ⭐︎フードドライブより  今月は、26日(土)13:00~15:00です。 食品、石鹸や洗剤、衛生用品を募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。※現在、粉ミルクが必要な子どもがいませんので、募集を中止します。 ご協力ありがとうございました。   ⭐︎教会委員会より  来週、27日(日)9:00ミサ後に馬小屋の土台作りを行います。 皆様のご協力をお願いいたします。  
11/14
教会行事
12日土曜日は、宮﨑神父様の71歳のお誕生日でした。 夜ミサで、花束をお渡ししてお祝いしました。久留米教会に赴任して来られて6年です。ちょっとコワモテですが、意外とチャーミングで素敵な神父様、まだまだよろしくお願いします! ・・・・・・・・・・・・・・ 七五三のお祝いを、13日のミサのなかで行いました。無邪気なこどもたちの様子を見ていると、いつも思います。「教会で出会うわたしたち大人が、この子たちの模範となる存在でいたいな。」と。   愛する者よ、あなたは健全な教えに適うことを語りなさい。年老いた男には、節制し、品位を保ち、分別があり、信仰と愛と忍耐の点で健全であるように勧めなさい。同じように、年老いた女には、聖なる務めを果たす者にふさわしくふるまい、中傷せず、大酒のとりこにならず、善いことを教える者となるように勧めなさい。そうすれば、彼女たちは若い女を諭して、夫を愛し、子供を愛し、分別があり、貞潔で、家事にいそしみ、善良で、夫に従うようにさせることができます。これは、神の言葉が汚されないためです。同じように、万事につけ若い男には、思慮深くふるまうように勧めなさい。あなた自身、...
11/13
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・年間第33主日の今日は、「貧しい人のための世界祈願日」です。 ご自分を小さい者や貧しい者と等しい者とみなされたキリストに倣い、わたしたちも、貧しい人、弱い立場にある人に寄り添い、奉仕するよう求められています。 不平等や不正義のない世界の実現に向けて、具体的なわざを通して神のいつくしみのあかし人となれるよう、祈り求めてまいりましょう。 ・今月27日(日)より、「新しいミサ式次第」に代わります。 各自、ミサ式次第に目を通しておいてください。   ⭐︎日曜学校より  本日(13日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。   ⭐︎フードドライブより  今月は、26日(土)13:00~15:00です。 食品、石鹸や洗剤、衛生用品を募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。  
11/07
御ミサ
6日の午後、久留米教会のすべての死者のための追悼ミサが捧げられました。 わたしも、この数年のうちに親しかった人たちが天に召されたので、参列して祈りを捧げてきました。 侍者は、3人の女の子でした! ・ 皆さん、あなたがたに幾らかでも、キリストによる励まし、愛の慰め、“霊”による交わり、それに慈しみや憐れみの心があるなら、同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください。何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。(フィリピ2・1~4) 普段のごミサももちろん、皆で心を一つに祈るのですが、「死者のためのミサ」の祈りの一体感はまた違ったものを感じます。心を合わせ、天に召された近しい人々のために思いを一つにして祈る時間には、特別な力があると思います。 ・・・・・・・・・・・ 映画監督のジャン=リュック・ゴダールさん(91)がスイスの自宅で「安らかに息を引き取った」というニュースをご覧になったでしょうか。「スイスで法的支援を受けて自発的に旅...
11/06
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・11月は『死者の月』です。 本日(6日)13:00より、当教会所属の亡くなった全信者の為に、追悼ミサを捧げます。 ・熊本地震復興支援 西原村のお米の注文を受付けます。 2㎏1,000円です。代金を添えて、事務室にてお申し込みください。 締切は、本日(6日)迄です。 ご協力お願いいたします。 ・来週、13日(日)9:00のミサの中で、「七五三の子どもの祝福」を予定しております。 祝福を望まれる方は、申込用紙に必要事項をご記入して、事務室まで提出してください。 締切は、本日(6日)迄です。 ⭐︎女性の会より  本日(6日)、9:00ミサ後に例会をいたします。 ⭐︎日曜学校より  13日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますのでお集まりください。 ⭐︎降誕祭ミサについて 降誕祭ミサのスケジュールは、以下のとおりです。 12月24日(土)の各回のみ、事前の申し込みが必要です。 申し込み締切は、27日(日)迄です。 12月24日(土)*要申込①19:00 子どもミサ(子どもと保護者優先)②21:00 12月25日(日) ①9:00 1班・2班(手話通訳付きミサ)②11:00 3班・4班 ・各回、入場者数120名まで。*12月24日のみ全席指定 ・申し込み用紙に希望時間、申し...
コロナ禍においては、信仰の有無に関わらず、多くの人が「生と死」について考えを巡らせたでしょう。 今はどうでしょうか。あれほど世界中が大混乱に陥れられ、見えない感染症に怯えて暮らしていたのが、もう過去のことのような気がしてしまいます。 コロナウィルスで亡くなられる方が、家族に看取られることなくお骨になって自宅に戻る。これは、今現在も少なからず起きている、旅立ちの現実です。これまでに、全世界で658万人の方がこのウィルスの犠牲になったと報道されていました。 家族や大切な友人の最期を見送ることができる、見送ってもらえることは、とても恵まれたことです。 終活、という言葉がありますが、自分がいつ天に戻されることになっても良いように備えておけることも、また恵まれた状況でしょう。 残される人をできるだけ悲しませないように、煩わせないように、と準備しておくことと同様に、日頃からわたしたち自身が心と生活において豊かに構えることが必要です。   わたしたちは皆何らかの形で悲嘆を経験しているだろう。問題は、それにどのように耐えるかである。なぜなら、悲しみにもわたしたちにとって重要な意味があり、そこから性...
10/30
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・熊本地震復興支援 西原村のお米の注文を受付けています。 2㎏1,000円です。代金を添えて、事務室にてお申し込みください。 締切は11月6日(日)迄です。 ご協力お願いいたします。 ・11月は『死者の月』です。 11月6日(日)13:00より、当教会所属の亡くなった全信者の為に、追悼ミサを捧げます。 皆様、お与りください。 ・11月13日(日)9:00のミサの中で、「七五三の子どもの祝福」を予定しております。 祝福を望まれる方は、申込用紙に必要事項をご記入して、事務室まで提出してください。 締め切りは、11月6日(日)です。 ⭐︎女性の会より  11月の例会は、6日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎日曜学校より  11月13日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。 ⭐︎事務室より  11月6日(日)に、サンパウロの出張販売が行われます。 販売品のリクエストがある方は、本日(30日)までに事務室にてお申し込みください。  
1ヶ月ぶりにごミサに与ることが出来ました。今求めていた聖句に出会えるのも、ミサの醍醐味であると思っています。 自分を正しい人間であると思い込み、ほかの人をさげすむ人々に、イエスは喩えを語られた。(ルカ18・9) 「思い込み」新共同訳では「うぬぼれて」、つまり自分自身に頼る人々とは、「むしろイエスの弟子たちのことであろう」と聖書と典礼の注釈にありました。 「胸を張って立ち、心の中で祈ったファリサイ派の人」と、「遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら声に出して言った徴税人」。 とてもハッとさせられました。   私は聖書が私を理解し、私を説明してくれているのを感じます。聖書は私が切望していたことや恐れていたことを私に指摘し、待望と期待のかぎを与えてくれます。聖書は神を探す人、真理と人生の意味を探す人、絶望や恐怖から逃れようとする人にとって、自分を見せてくれる鏡です。聖書は人間に人間自身、その種々の望み、その目的を啓示し、復活されたかたのことばは、ほんとうに世の救いの歴史のなかで行われつつあるすべてのことの上に押された神の封印であるということを悟らせてくれます。(「宣教者をそ...
10/23
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日23日(日)10:30より、教会委員会を行います。 委員はご出席ください。 ・熊本地震復興支援 西原村のお米の注文を受付けます。 2㎏1,000円です。 代金を添えて、事務室にてお申し込みください。 締切は11月6日(日)迄です。 ご協力お願いいたします。 ・11月は『死者の月』です。 つきましては、11月6日(日)13:00より、当教会所属の亡くなった全信者の為に、追悼ミサを捧げます。 皆様、お与りください。 ・11月13日(日)9:00のミサの中で、「七五三の子どもの祝福」を予定しております。 祝福を望まれる方は、申込用紙に必要事項をご記入して、事務室まで提出してください。 締め切りは、11月6日(日)です。   ⭐︎女性の会より 11月の例会は、6日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎事務室より 11月6日(日)に、サンパウロの出張販売が行われます。 販売品のリクエストがある方は、30日までに事務室にてお申し込みください。  
10/17
教会行事
美しい空、澄んだ空気、可憐な草花、美味しい果物、秋は本当に素晴らしい季節です! 教会の前庭も、いつもの季節を知らせる香りが漂い始めています。 むせ返るような香り!(だそうです!!) こんな気持ちの良い気候の中、自宅で療養生活を送っていますが、妹が家事をしに来てくれているので本当に助かっています。 やはり、こう言う時に頼りになるのは姉妹ですね。 家族にはそれぞれの役割があり、いつどんな時にも助け合える関係を日頃から築いておくのはとても大切なことだ、と、こういう時にしみじみと感じます。   ところで、わたしたち一人ひとりに、キリストから受けた賜物の種類に応じた恵みが与えられました。そして、この方ご自身がある人を使徒、ある人を預言者、ある人を福音宣教者、ある人を教師または牧者として与えてくださいました。それは、聖なる人々を奉仕の働きができるように準備させ、キリストの体を築きあげるためです。(エフェソ4・7、11〜12) お知らせでご案内した通り、10月から久留米教会の各種役割を担う委員会が新体制となりました。 当然のことながら、教会はミサを行うだけではなく、様々な裏方さんたちの役割分担があっ...
10/16
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・10月1日に、教会委員が新しく任命されました。 詳細は、掲示板をご覧ください。 ・12日~30日の間、バンコクにおいて「アジア司教協議会連盟(FABC)」の50周年記念総会が開催され、アベイヤ司教も参加されています。 菊池司教様から日本の信者に向けて、日本の司教団が朝の祈りを担当する25日(火)に、「司教たちのため」、「FABCのため」、「アジアの教会のため」にお祈りいただきたいと呼びかけが届きました。 司教団の意向に合わせ、25日(火)のうちのどこかで心をあわせてお祈りください。 お祈り、詳細はhttps://www.cbcj.catholic.jp/catholic/holyyear/fabc50/ をご覧ください。 ・来週23日(日)10:30より、教会委員会を行います。 委員はご出席ください。 ・11月は『死者の月』です。 つきましては、11月6日(日)13:00より、当教会所属の亡くなった全信者の為に追悼ミサを捧げます。 皆様、お与りください。 ・11月13日(日)9:00のミサの中で、「七五三の子どもの祝福」を予定しております。 祝福を望まれる方は、申込用紙に必要事項をご記入して事務室までご提出ください。 締め切りは、11月6日(日)です。   ⭐︎フードドライ...
教皇フランシスコは、10月の祈りの意向を「すべての人に開かれた教会」とされました。 また、10月はロザリオの月、福音宣教の月です。 すべての人に開かれた、とは、「多様性のうちに互いに耳を傾け合い、教会の外にいる人に扉を開くこと」であると教皇様はおっしゃっています。教会の外にいる人とは、信じることを熱望し、探している人、とも言えるでしょう。 宣教のためには、わたしたちキリスト者が自分の信じていることを自分の言葉でわかり易く語ることができなければなりません。 膝の治療のため、しばらく入院していました。 入院中、ずっと考えていたことがあります。「孤独」とは何か、と言うことです。 この2年の間に、知り合いが何人も入院されていたので話には聞いていましたが、コロナ禍の入院生活は本当に孤独でした。お見舞いどころか、必要なものを届けてくれる家族にでさえ、会うことは許されませんでした。 前回書いたように、「こんな時に、神父様が訪ねて来てくださってご聖体をいただけたら、どんなに幸せか。」と何度も頭をよぎりました。 ですがよくよく考えてみると、本当の孤独というものは、話し相手がいないことではなく「信じられる...
10/09
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より・10 月は「福音宣教」に対する一人ひとりの信者の認識を深め、その取り組みをより積極的なものにするように呼びかけられる大切な時です。 フランシスコ教皇は今年の世界宣教の日のメッセージのために『あなたがたはわたしの証人となる』という使徒言行録のことばを選ばれました。 福岡教区では、この歩みを助けるために、いくつかの簡単なリーフレットを用意していますので活用してください。 ・10月は「ロザリオの月」です。 コロナウイルス感染拡大防止のため、集まって一緒にロザリオを祈ることはいたしません。 13~16時まで聖堂を開放しておりますので、個人でお祈りください。 ・本日(9日)より、ミサ後に「新しいミサ式次第」の練習を行います。 ・11月3日(木・祝)に『神学院祭』が開催されます。 3年ぶりの通常開催ですが、教会ではマイクロバス等のチャーターはいたしません。 なお、詳細は掲示板をご覧ください。 ・10月1日に教会委員が新しく任命されました。 詳細は、掲示板をご覧ください。 ・23日(日)10:30より、教会委員会を行います。 委員の方はご出席ください。 ⭐︎女性の会より 本日(9日)9:00ミサ後、聖堂にて例会をいたし...
10月になりました。教会では「待降節まであと2ヶ月!早い〜!」なんて言う声も。 日中はまだ暑さが残っていますが、遠くにドライブでもしたくなる気分です。 今週はヨブ記が読まれましたが、この物語を読んで納得するのは難しいですね。 この人は非の打ち所がなく、正しく、神を畏れ、悪を遠ざけていた。(1・1) その義人ヨブに、神はサタンを使って苦しみをお与えになるのです。 先月は、静岡県に上陸した台風15号で広範囲に渡って断水が続き、今もまだ解消されていません。先週は、アメリカのフロリダ州にハリケーン「イアン」が上陸し、街が破壊されました。風速67メートルで高潮・洪水も起き、10/2の報道ではまだ100万世帯が停電しているようです。 Apple TVでFIVE DAYS at MEMORIAL というドラマを観ました。2005年8月、ニューオリンズに上陸したハリケーン「カトリーナ」では町の8割が冠水し、当時の政府(ブッシュ大統領)の救出活動の遅れは、貧富の格差や人種問題をあらためて浮き彫りにしました。実在したメモリアル病院の医師、看護師たちの患者への懸命の対応と、あってはならないある決断の意義について考えさせられる、息の詰まるドキュメンタリーのよ...
10/02
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・10 月は「福音宣教」に対する一人ひとりの信者の認識を深め、その取り組みをより積極的なものにするように呼びかけられる大切な時です。 フランシスコ教皇は、今年の世界宣教の日のメッセージのために『あなたがたはわたしの証人となる』という使徒言行録のことばを選ばれました。 福岡教区では、この歩みを助けるためにいくつかの簡単なリーフレットを用意していますので、ご活用ください。 ・10月は「ロザリオの月」です。 コロナウイルス感染拡大防止のため、集まって一緒にロザリオを祈ることはいたしませんが、13~16時まで聖堂を開放しておりますので、個人でお祈りください。 ・本日(2日) は、幼稚園の運動会のため、保護者が駐車場を使用いたします。 ミサ後は、速やかに車の移動をお願いいたします。ご協力お願いたします。 ・来週より、ミサ後に「新しいミサ式次第」の練習を行います。 ・11月3日(木・祝)に『神学院祭』が開催されます。 3年ぶりの通常開催ですが、教会ではマイクロバス等のチャーターはいたしません。 詳細は掲示板をご覧ください。   ⭐︎女性の会より 10月の例会は、9日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎...
朝晩の澄んだ空気、本当に気持ち良い季節です。 「朝起きてすぐの心の状態が、その日1日を決める。」 昔読んだ本にそう書いてありました。この何年もずっとこのことを心に留めていて、起きてすぐにカーテンと窓を開け、神様と母に挨拶をして、「今日も一日よろしくお願いします!」と口に出して言うようにしています。   31年前の今頃は、東京の大きな病院に入院していました。 新宿の都庁のすぐそばの病院で、14階の病室からは山手線沿線の街が一望でき、空気の澄んだ日には、遠くに富士山も見えました。病室からその景色を見渡した瞬間に思ったことは、今でも忘れられません。 「この景色の中に、幾つの病院があって、何人の人が病気で入院しているのだろう。わたしはその多くの人の中の一人に過ぎない。わたしは神様から守ってもらえてるはずだから、全然大丈夫!」 ハタチのわたしの心に浮かんだその気持ちは、その後の長い入院生活でもずっと変わりませんでした。 最近、また大きな病院に通院するようになり、コロナが落ち着いたこともあるのでしょうが、本当に多くの方が病院を受診されていることに驚きます。 「スーパーで出会う人々とは違う。この...
09/25
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(25日)は『世界難民移住移動者の日』となっており、今日のミサ献金をその為にお捧げします。 皆様のお祈りとご協力をお願い致します。 ・本日(25日)10:30より教会委員会を行います。 新旧委員の引き継ぎを予定しておりますので、関係者はご出席ください。 ・10月は「ロザリオの月」です。 コロナウイルス感染拡大防止のため、ロザリオの集いはいたしません。 13~16時まで聖堂を開放しておりますので、お祈りください。 ・来週10月2日(日) は、幼稚園の運動会のため、ミサは6:30と8:00です。 また、当日は保護者が駐車場を使用いたしますので、ミサ後は速やかに車の移動をお願いいたします。 ご協力お願いたします。 ・11月3日(木・祝)に『神学院祭』が開催されます。 3年ぶりの通常開催ですが、教会ではマイクロバス等のチャーターはいたしません。 なお、詳細は掲示板をご覧ください。   ⭐︎女性の会より 10月の例会は、9日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎日曜学校より 10月9日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。  
毎週、ここを読むのを楽しみにしてくださっている仲良しのおばさま方。最近はなかなかお目にかかる機会がなくなっている方もいらっしゃるのですが、感想を聞かせてくださったり近況を知らせるお電話をくださり、色々とお話しするのも楽しみの一つです。 みなさん、何かしら健康上の問題、日常生活の変化などがあり、何事もなく平穏な日々というわけにもいかないようです。 わたしは、膝の痛みに悩まされています。この痛みと付き合い始めて1年になります。最近はますますひどくなってきてかなり辛いのですが、先日、フッとある考えが下りてきたのです。 「この痛みとうまく付き合っていくには、これは神様からの何らかのサインなのだ、と思ったほうがいい。」 そうしたら、(痛みは全く改善しませんが)気持ちがちょっとだけ楽になりました。 信仰を持っていない人からしたら、「それって、プラシーボ効果じゃ?」と言われそうですね。 プラシーボ効果とは、本来薬としての効能が全くない物質を摂取しているのに、「お薬が効いた!」と感じる効果のことです。一種の「思い込みによる心理的な働き」なのだそうです。   識別は、思いがけない出来事の中で、イグ...
09/18
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(18日)9:00ミサ後、聖堂にて信徒集会を行います。活動報告、会計報告等をいたしますので、皆様ご出席ください。 ・25日(日)10:30より、教会委員会を行います。新旧委員の引き継ぎを予定しておりますので、関係者はご出席ください。 ・10月2日(日) は、幼稚園の運動会のため、ミサは6:30と8:00です。また、当日は保護者が駐車場を使用いたしますので、ミサ後は速やかに車の移動をお願いいたします。ご協力お願いたします。   ⭐︎フードドライブより 今月は、24日(土)13:00~15:00です。食品、石鹸や洗剤、また配布用の紙袋等も募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。   ⭐︎女性の会より 10月の例会は、9日(日)9:00ミサ後にいたします。   ⭐︎日曜学校より 10月9日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。  
09/12
教会行事
先週の日曜日は、月に一度のベトナム語のミサの日でした。 アベイヤ司教様が司式してくださり、ローマ留学に旅立たれるピーター神父様の通訳で、盛大なミサとなりました。 ピーター神父様の右は、福岡教区に新しく着任されたベトナム人司祭のトゥエン神父様です。(カッコイイ!)   ベトナムコミュニティのみんなは、ほとんどが20代前半です。多くは、技能実習生として久留米近郊で様々な業種に従事しています。そして、3年から5年でベトナムへ戻ってしまいます(制度上仕方ないのですが)。 日曜日にこうして集うことの意味、みんなにとっての久留米教会の存在、共同体の仲間であること。そうしたことを、次号のみこころレターに寄稿してもらう予定です! そして、11日のミサでは敬老祝福式が執り行われ、班分けの都合で会う機会の少なくなった方々が集い、久しぶりの教会行事となりました。   ジュゼッペ神父様も、無事にイタリアへの里帰りからお戻りになりました。 「久留米教会はいい共同体だよね!」 わたしはそう思っていて、ミサで会う方にも時々そう伝えます。 共同体とは、メンバーが人格的に参加し、分に応じた役割を果たすことを...
09/11
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・9月1日~10月4日は、「すべてのいのちを守るための月間」です。 教皇様のメッセージは、掲示板をご覧ください。 ・主任司祭は、会議のため、11日(日)午後から12日(月)まで不在いたします。 12日(月)の朝ミサは、ありません。 ・18日(日)9:00ミサ後、聖堂にて信徒集会を行います。 活動報告、会計報告等をいたしますので、皆様、ご出席ください。 ・25日(日)10:30より、教会委員会を行います。 新旧委員の引き継ぎを予定しておりますので、関係者はご出席ください。   ⭐︎日曜学校より  本日(11日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。   ⭐︎フードドライブより 今月は、24日(土)13:00~15:00です。 食品、石鹸や洗剤、また、紙袋等も募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。  
・11日(日)9:00ミサにおいて、「敬老祝福式」をいたします。 班分けに関係なく対象者が優先され、混雑が予想されます。 3班・4班の方は、できるだけ前晩か、6:30のミサに与ってください。 ご協力をお願いいたします。
いま世界各地を襲っているのが、大規模な干ばつです。ヨーロッパでは60%以上の地域が干ばつの危険にさらされていて、過去500年で最悪の水不足になっています。 ローマでは川底に眠っていた古代遺跡が姿を現しました。イラク南部のメソポタミア湿地帯でも、3年にわたる干ばつと少雨で肥沃な土地が干上がり、旧約聖書のエデンの園があったとされる場所もひび割れた状態です。 パキスタンでは、6月から続くモンスーン(雨期)の洪水で国土の3分の1が水没しているといいます。アフガニスタンでは6月の大地震に続き、現在は洪水に襲われ、甚大な被害が続いています。 16歳の姪が言っていました。「ニュースを見るとひどいことばかりで、こんな世界に生きているのかと思うと悲しくなる。」 国内で起こる(報道される)ニュースも、世界で起こる災害も、確かにわたしたちを不安にさせます。 「世界は、もし愛がなければ、受け入れるにはあまりにも醜いものである」 という言葉を、本の中に見つけました。 どうしたらこのような世界を受け入れることができるでしょうか。どうしたら神の存在を認めることができるでしょうか。 誰が神の計画を知り得ましょう。誰が主のみ旨...
09/04
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・9月1日~10月4日は、「すべてのいのちを守るための月間」です。 また本日は、「被造物を大切にする世界祈願日」です。  教皇様のメッセージは、掲示板をご覧ください。 ・11日(日)9:00ミサにおいて、「敬老祝福式」をいたします。 班分けに関係なく対象者が優先され、混雑が予想されます。 3班・4班の方は、できるだけ前晩か、6:30のミサに与ってください。 ご協力をお願いいたします。 ・18日(日)9:00ミサ後、聖堂にて信徒集会を行います。 活動報告、会計報告等をいたしますので、皆様、ご出席ください。   ⭐︎女性の会より  本日(4日)、9:00ミサ後に例会をいたします。   ⭐︎日曜学校より 9月11日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。  
08/29
その他
教会にこんなメッセージと写真が届きました。 I wanted to share a 1944 (Showa 19) photo of my father posing in front of the church with 2 friends. 1944年に、当時の久留米教会の前で撮影された写真です。 こちらは、久留米の街中でのお写真。 お父様の大切な思い出を、久留米教会の信徒の皆さんと共有したい、と送ってくださいました。 お父様は国費留学生としてフィリピンから来日し、日本に2年(1943~1944年)滞在されていました。そのうちの1年は、久留米高等工業学校(現在の久留米高専)で学んでいらしたそうです。 久留米で過ごした間は、久留米教会のミサに毎週通われていたそうで、1945年の空襲で聖堂が破壊されたことを残念に思っていらしたとのこと。 戦時中にお父様が日本で学び、体験されたことをまとめた本を出版されました。   本の表紙にも、久留米での写真を使ってくださっています。 Garyさんは作家ではありません。 「なぜこの本を書かれたのですか?」「最初は本を書く予定はなかったのだが、父たち国費留学生(南方特別留学生)のことを調査しているアメリカの学者から連絡があり、いろいろと調べているうちに自分でも...
08/28
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(28日)10:30より、教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・9月11日(日)9:00ミサにおいて、「敬老祝福式」をいたします。 班分けに関係なく対象者が優先され、混雑が予想されます。 3班・4班の方は、できるだけ前晩か、6:30のミサに与ってください。 ご協力をお願いいたします。   ⭐︎女性の会より  9月の例会は、4日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎日曜学校より  9月11日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。  
グローバルスタンダード(international standard)という考え方について、最近思いを巡らせています。 例えばバリアフリーのような、誰にとっても利用しやすいまちづくり、というような取り組みは、世界中どこの国でも同じように進めば大変ありがたいことです。 世界にはさまざまな国があり、それぞれの価値観のもとで生活しています。 ロシアとウクライナの争いを見ても、「ウクライナの主張がグローバルスタンダード(世界標準)であり、ロシアが全て間違っているのだ」と、本当のところは言えないところがあるのかもしれません。     キリマンジャロの標高3720メートル地点にインターネットの基地局が開設され、ネットが使えるようになったというニュースがありました。年内には、5895メートルの頂上でも使えるようになるそうです。 世界中どこに行ってもネット環境が整っている、というスタンダード。これは、事故などの際にどこからでも連絡ができるという面では素晴らしい進歩です。ニュースでは、「登山者がインスタグラムやツイッターに投稿できるようになる」と言った書き方がされていました。 広義で考えると、世の中の技術の進歩、世界中の至...
08/21
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・9月11日(日)9:00のミサにて、敬老祝福式を予定しております。 ご案内をお送りいたしましたので、8月28日(日)までに必ず出欠の返信をお願いいたします。 なお、75歳以上(1948年3月生まで)の方で、ご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。 ・23日(火)は、主任司祭不在のため、朝ミサはありません。 ・28日(日)10:30より、教会委員会を行います。各委員はご参加ください。   ⭐︎フードドライブより 今月は、27日(土)13:00~15:00です。食品、石鹸や洗剤、また、紙袋等も募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。  
コロナウィルスはまだ消えたわけではありませんが、日本の各地では今年は「3年ぶり開催」のイベントやお祭りで賑わっています。 夏の帰省を断念された方もいらっしゃるでしょう。3年ぶりに孫に会えたという方もいらっしゃるでしょう。 それぞれの楽しみ方で、今年の残暑を過ごしていきましょう! ・・・・・・・・・・・・・・・ いったいアポロとは何者ですか。パウロとは何者ですか。あなた方を信仰に導くために、それぞれ主がお与えになった分に応じて働いた奉仕者なのです。わたしは植え、アポロは水をやりました。しかし、成長させてくださったのは神です。 わたしたちは神の協力者であり、あなた方は神の畑、神の建物なのです。(1コリント3・5~6,9) あなた方は使徒と預言者という土台の上に、キリスト・イエスご自身を要石として築き上げられたのです。このキリスト・イエスに結ばれることによって、建物全体は組み合わされ、主のうちにあって大きくなり、聖なる神殿となります。キリストに結ばれることによって、あなた方も霊によってともに組み入れられ、神の住まいを築きあげることになるのです。(エフェソ2・20~22) 主は人に捨てられましたが、神によ...
08/14
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・6日~15日は、「平和旬間」です。 平和のためのお祈りを続けてください。 ・本日(14日)9:00ミサ後、聖堂内外の大掃除を行います。 ・8月15日(月)「聖母の被昇天」ミサは、朝6:30と9:00に行います。 ・来たる、9月11日(日)9:00のミサにて、敬老祝福式を予定しております。 ご案内をお送りいたしましたので、8月28日(日)までに必ず出欠の返信をお願いいたします。 なお、75歳以上(1948年3月生まで)の方でご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。   ⭐︎日曜学校より  8月の保護者会は、お休みです。 ⭐︎フードドライブより  今月は、27日(土)13:00~15:00です。 食品、石鹸や洗剤、また、紙袋等も募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。  
08/08
平和旬間
8/6は、77回目の広島の原爆の日でした。国連の事務総長を始め、99カ国とEUの代表も参列されての平和式典の中継をテレビで観ていました。 世界各国の方々が参列してくださるのは本当に素晴らしいことですが、その国で報道され、一般市民にも伝えられたのでしょうか。 同じ日のニュースでは、パレスチナ自治区のガザ地区へのイスラエル軍による空爆について、そして台湾を囲むようにして実施された中国の軍事演習について報じられていました。 平和を願う祈りは、「神様、平和をもたらしてください」「争いのない世界を実現させてください」ではなく、「わたしたちが戦争を起こさない未来を創ります」という宣誓であるべきです。 甲子園の開会式で選手宣誓をした球児の言葉を聞いて、改めて強くそう思います。 頑張るのは神様ではないのです。努力するべきは、わたしたちなのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 主は岩。その業は完全で、その道はことごとく正しい。真実の神で、偽りがなく、正しく、まっすぐな方。(申命記32・1) 申命記32章には、他にも「救いの岩」「自分を産んだ岩」「彼らの岩」「身を避ける岩」といった表現で、堅固で安全な保護者で...
08/07
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・久留米市において、日毎、コロナウイルス感染者数が激増しております。 感染予防のため、7月25日(月)~8月31日(水)まで、ミサの時間を除いて、聖堂を終日閉鎖いたします。 なお、8月11日(木)~15日(月)の期間は、16時まで納骨堂を開放いたします。 ・12日(金)まで、黙想指導の為、主任司祭は不在です。 緊急時は、事務室にご連絡ください。 ・本日(7日)9:00ミサ後、聖堂と大駐車場の大掃除を行います。 また、14日(日)も行いますので、帽子やタオル等をご持参ください。 ・11日(木・祝)13:30より、信徒会館にて「平和を祈る集い」の講演会(講話・森山信三司教)のオンライン鑑賞会をいたします。 ・8月15日(月)「聖母の被昇天」ミサは、朝6:30と9:00に行います。 ・来たる、9月11日(日)9:00のミサにて、敬老祝福式を予定しております。 ご案内をお送りいたしましたので、8月28日(日)までに必ず出欠の返信をお願いいたします。 なお、75歳以上(1948年3月生まで)の方でご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。   ⭐︎女性の会より ・本日(7日)9:00ミサ後に例会をいたします。   ⭐︎日曜学校より ・8月の保護者...
08/01
その他
久留米教会の、わたしが1番好きな風景です。ミサの後、あちらこちらで語り合うみなさんの様子。 コロナ前は、ミサの後にはコーヒーが振る舞われ(バザーとして)、たくさんの方々が集まって語り合っていました。今は、こうした形ではありますが、大切な時間だと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 特異な才能を持つ子どもたちの能力を伸ばすための教育の必要性が、日本でも議論され始めている、とニュースで知りました。 小学校低学年で大学レベルの教科書を理解している、とか、ある科目だけは抜きんでた理解力を持っている、など、特定分野に顕著に高い能力のある子どもを『ギフティッド』と呼ぶそうです。そうした子どもたちのためのギフティッド教育は、生まれつき特別な才能を持つ子どもたちの能力を伸ばすための教育手法で、アメリカでは40年以上前から実践されています。 「ある教育研究所の調査によれば、小学校で学校教育についていけない『落ちこぼれ』は約15%いるといわれるが、それとほぼ同じ比率の約13%が『吹きこぼれ』、授業が簡単すぎてつまらないと感じる子どもたちが存在する」とニュースの記事に書いてありました。   『吹きこ...
07/31
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・久留米市において、日毎、コロナウイルス感染者が激増しております。  感染予防のため、7月25日(月)~8月31日(水)まで、ミサの時間を除いて聖堂を終日閉鎖いたします。  8月11日(木)~15日(月)の期間は、16時まで納骨堂を開放いたします。    ・8月5日(金)~12日(金)、黙想指導の為、主任司祭は不在です。  日曜日(前晩の土曜日)の主日のミサは、通常通り行います。  なお、8月5日(金)の初金ミサは、10:30より行います。   ・8月7日、14日(日)9:00ミサ後、大掃除を行います。帽子やタオル等をご持参ください。 ・8月15日(月)「聖母の被昇天」ミサは、朝6:30と9:00に行います。   ⭐︎女性の会より  8月の例会は、7日(日)9:00ミサ後にいたします。
07/25
平和旬間
教皇フランシスコは、「今日の危険はウクライナの悲劇を忘れること」と先週おっしゃっていました。 争いやテロによって、一般市民が苦しい思いや悲劇的な日常を強いられているのは、何もウクライナだけではありません。21世紀はテロとの戦いに象徴される、と誰かが言っていましたが、わたしたちにできるのはせめて「忘れないで祈ること」かもしれません。   2022年平和旬間(8/6~15)が近づいてきました。 菊地 功大司教のメッセージは、このように始まります。 「平和が暴力的に踏みにじられた年になりました。いのちの尊厳がないがしろにされ、その保護が後回しにされる年になりました。」 そして、このように締めくくられています。 「平和旬間を迎え、わたしたちはさまざまな角度から平和について学び行動する時を与えられています。「すべての戦争は全人類に影響を与え、死別や難民の悲劇、経済危機や食糧危機に至るまで、さまざまな後遺症をもたらします」。そう述べたうえで教皇フランシスコは、復活祭メッセージを次のような呼びかけで締めくくっています。 「兄弟姉妹の皆さん、キリストの平和において勝利を収めましょう。平和は可能です。平和は義...
07/24
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・久留米市において、日毎、コロナウイルス感染者が激増しております。 感染予防のため、7月25日(月)~8月31日(水)まで、ミサの時間を除いて聖堂を終日閉鎖いたします。 なお、8月11日(木)~15日(月)の期間は、16時まで納骨堂を開放いたします。 ・8月5日(金)~12日(金)、黙想指導の為、主任司祭は不在です。 7日(日)及び前晩の土曜日の主日のミサは、通常通り行います。 なお、8月5日(金)の初金ミサは、10:30より行います。 ・本日(24日)10:30より、教会委員会を行います。各委員はご参加ください。   ⭐︎女性の会より 8月の例会は、7日(日)9:00ミサ後に開催します。  
今年は久留米の夏が戻ってきた!という感じがしています。毎週土曜日には夜市が賑わっているようですし、この提灯を見ると心が踊ります。   教皇フランシスコは、7/10の正午の祈りで「善きサマリア人」についてのお説教をされました。 主の道に従う弟子は、その考え方や行動の仕方が次第に師のそれと似てくることに気づく。キリストの後を歩むことで、自分も旅人となり、このサマリア人のように、見ること、憐れむことを学ぶ。主の道に従うことで、まず、見ることを学ぶ。現実に目を開き、自分の考えに閉じこもって目をつぶらないことを学ぶ。一方、祭司とレビ人は、災難にあったこの人を見ても、見ぬふりをして通り過ぎてしまった。福音は見ることを教え、先入観や教条主義を乗り越え、正しく現実を理解するように、わたしたち一人ひとりを導く。また、イエスに従うことは、憐れみを持つこと、他者、特に苦しむ人や助けを必要とする人を受け入れることを教える。そして、このサマリア人のように行動することを教えてくれる。 以前、神父様から教わりました。祭司とレビ人(彼らは下級祭司であり、神殿に仕えていた)が「見ぬふり」をしたのは、当時のユダヤ教の...
07/17
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・8月5日(金)~12日(金)、黙想指導の為、主任司祭は不在です。 日曜日(前晩土曜日)の主日のミサは通常通りです。 なお、8月5日(金)の初金ミサは、10:30より行います。 ・教区より、カルト教団「新天地」についての注意喚起が出ています。 十分に気をつけてください。 もし、怪しいと思われる呼びかけ等がありましたら、主任司祭にお伝えください。 また、詳細につきましては、掲示板をご一読ください。 ・24日(日)10:30より、教会委員会を行います。 各委員はご参加ください。   ⭐︎フードドライブより  今月は、23日(土)13:00~15:00です。 食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。   ⭐︎女性の会より  8月の例会は、7日(日)9:00ミサ後にいたします。  
07/11
その他
私事ですが、今、3年ぶりに妹と姪がNYから帰省しています。 コロナで分断された世界中の家族が、こうして久しぶりの再会と団欒を楽しんでいるのでしょうか。 わたしは言った。「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」(イザヤ6・8) いつも考えています。わたしは何のために今、この場に遣わされているのか、と。 こうして家族と過ごしていて、確信するのです。 家族の平安と愛、彼女たちの幸せのために。 そして、自らが幸せであることで、周囲に平安をもたらす存在となれるように、と。   そのとき、イエスは使徒たちに言われた。 「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。(マタイ10・16〜)    わたしたちは、キリスト者として存在している意味を、常に自問する必要があります。 政治信条に関わらず、殺された元首相のために祈りを捧げることは、決して間違ったことではありません。 わたしたちが遣わされている意義を、今、このような時に素直に周囲に示すことができるのではないでしょうか。 平時には一見敵対しているかに思える...
07/10
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・12日(火)の朝ミサはありません。 来たる8月5日(金)の初金ミサは、10:30です。 ・教区より、カルト教団「新天地」についての注意喚起が出ています。 十分に気をつけてください。 もし、怪しいと思われる呼びかけ等がありましたら、主任司祭にお伝えください。 また、詳細につきましては、掲示板をご一読ください。   ⭐︎女性の会より  本日(10日)9:00ミサ後より、例会を行います。   ⭐︎日曜学校より 本日(10日)9:00のミサ後、保護者会を行いますのでお集まりください。   ⭐︎フードドライブより  今月は、23日(土)13:00~15:00です。 食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。  
2022年7月3日、森山司教様が叙階されました。 2014~2017年まで、主任司祭として久留米教会に来てくださいました。司教様にとって、最後に赴任された小教区です。 信徒一同、心からお祝い申し上げます。 今日は、少しだけセンチメンタルに、思い出に浸っています。   森山神父様(そう呼ばせてください)らしい聖句を選ばれたと感じました!!   *********** 毎年、女性の会で楽しく新年会をしていました。その時に、1月生まれの神父様のお誕生日会も!     毎週、聖書の勉強会をしていただき、「聖書100週間」で学んだメンバーは、2019年にイスラエル巡礼に連れて行ってもらいました。     洗礼を授けてもらった信徒も大勢です。     コロナもなかった時代ですので、ご復活のミサのあとは、こうして賑やかに懇談していたのですね。     ゴールデンウィークにはバーベキューをし、6月には熊本地震の被災地で田植えを!       久留米のフィリピン人コミュニティが、タグレ枢機卿をお招きしました。 枢機卿と一緒に、まるでジャニーズのアイドルのように...
07/03
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(3日)に森山信三被選司教様の叙階式がネット配信されます。 鑑賞方法は、掲示板、チラシ、または、大分教区のホームページをご覧ください。  https://oita-catholic.jp/publics/index/1/detail=1/b_id=3/r_id=291#block3-291  なお、14:00より信徒会館にて、叙階式鑑賞会をいたします。 ・皆様からお預かりした森山信三被選司教様へのお祝い献金は、163,800円でした。 ご協力ありがとうございました。 ・12日(火)の朝ミサはありません。 来たる8月5日(金)の初金ミサは、10:30です。   ⭐︎女性の会より 今月の例会は、10日(日)9:00ミサ後です。 ⭐︎日曜学校より 10日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますのでお集まりください。  
06/27
聖書
梅雨明けであって欲しい、そんな空です。ジメジメとしているよりも、カラッと暑い季節が好きです。 以前、宮﨑神父様が「あなたの信仰がなまぬるいものでないか、自問してみてください」とお説教でおっしゃったのが、ずっと心に残っていました。 . 信仰とは火を消してしまう水ではありません。燃え上がる炎なのです。ストレスにさらされている人のための鎮静剤でもありません。信仰は、神を求めて恋をしている人のラブ・ストーリーなのです!ですから、イエスは何よりも「なまぬるいこと」を嫌われるのです。Faith is not water that extinguishes flames, it is fire that burns; it is not a tranquilizer for people under stress, it is a love story for people in love! That is why Jesus above all else detests lukewarmness (cf. Rev 3:16).(教皇フランシスコ Twitterより)   最近は、この本と並行してヨハネの黙示録を読んでいます。 . 黙示録は、旧約聖書の内容をベースに、独特の言い回しでさまざまなシンボルに例えて書いてあります。わたしたち現代人にはそのシンボルを理解するのが難しく、とても難解で分かりにくい聖書の代表のように...
06/26
今週のお知らせ
主任司祭より・本日(26日)は『聖ペトロ使徒座への献金』になっており、本日のミサ献金をその為にお捧げします。 皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(26日)10:30より教会委員会を行います。 各委員はご参加ください。 ・7月3日(日)に森山信三被選司教様の叙階式がネット配信されます。 鑑賞方法は以下をご覧ください。 https://oita-catholic.jp/publics/index/1/detail=1/b_id=3/r_id=291#block3-291  当日、信徒会館にて14:00より叙階式鑑賞会をいたします。 ・皆様からお預かりした森山信三被選司教様へのお祝い献金は、163,800円でした。 ご協力ありがとうございました。   ⭐︎女性の会より 7月の例会は、10日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎日曜学校より 7月10日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますのでお集まりください。
06/20
その他
「顔のないヒトラーたち」という映画を観ました。 1958年のフランクフルト。市民の間では戦争の記憶が薄れ、若い世代はアウシュビッツのことを聞かれても「知らない」と言います。元ナチスだったことを隠して普通に市民生活を送っている元親衛隊員たちを探し出し、裁判にかけ罪を償わせるために実際に行われたアウシュビッツ裁判のお話です。ドイツ人がドイツを裁き、ドイツの歴史認識を変えたと言われる裁判までの苦悩が描かれています。     教皇フランシスコは、6/12の正午の祈りでウクライナの平和について改めて呼びかけられました。 「月日と共に、深く傷つけられたこれらの人々へのわたしたちの悲しみと心配が冷めることがないように。この悲劇的な現実に慣れてしまうことなく、それをいつも心に留めよう。平和のために祈り、努力しよう。」 わたしたちは、どんなに悲惨な現実が起こったとしても、自分が関わっていない・直接被害を受けていないことは忘れてしまうことも多いのです。   戦争で疲弊したウクライナ の人々のことを忘れないでいましょう。戦争がどこか遠くの出来事であるかのような生活に慣れてしまわないようにしましょう。...
06/19
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より・24日(金)は、当教会の守護者イエスのみこころのお祝い日です。 19:00よりミサを行います。 ・26日(日)10:30より、教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・7月3日(日)に、森山信三被選司教様の叙階式がネット配信されます。 また当日、信徒会館にて14:00より叙階式鑑賞会をいたします。 https://oita-catholic.jp/relays/download/1/3/291/702/?file=/files/libs/702//202206101427378883.pdf   ⭐︎教会委員会より森山信三被選司教様の為に「霊的花束」と「お祝い献金」へのご協力をお願いいたします。締め切りは、本日(19日)です。   ⭐︎フードドライブより今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。   ⭐︎女性の会より7月の例会は、10日(日)9:00ミサ後に開催します。  
「今日の聖書朗読」を読むのが習慣だという方、多いかと思います。 好きな箇所、特に旧約のお気に入りの箇所が出てくると嬉しくなり、満たされた1日を送ることができます。 . 見よ、そのとき主が通り過ぎて行かれた。主の御前には非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風の後に地震が起こった。しかし、地震の中にも主はおられなかった。地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。(列王記上19・11~12) 19章では、エリヤが長距離の逃避行をします。神のことばに従って、その通りに生きてきたと自負していたエリヤは、報われないと思っていました。そして、アハブに命を狙われ、神の山ホレブへと逃げて洞窟に引きこもります。 神が激しい風を吹かせ、地震、火を起こしても、エリヤはそこから出てきません。「静かにささやく声」(フランシスコ会訳では「かすかにささやく声』)で、神様の現存をようやく感じ、出てくるのです。 強制的にではなく、エリヤの自由意思に任せようという神様の優しさ、エリヤへの信頼なのだ、と教わりました。 英神父様は「神...
06/12
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・14日(火)の朝ミサはございません。 ・24日(金)は、当教会の守護者イエスのみこころのお祝い日です。 19:00よりミサを行います。 ・2022年福岡教区ハンドブックが届いております。 1冊100円以上の献金をお願いいたします。 事務室にて、お受け取り下さい。   ⭐︎教会委員会より 森山信三被選司教様の為に「霊的花束」と「お祝い献金」へのご協力をお願いいたします。締め切りは、6月19日(日)です。 詳細につきましては、掲示板をご覧ください。   ⭐︎日曜学校より 本日(12日)9:00のミサ後、保護者会を行いますのでお集まりください。   ⭐︎フードドライブより 今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。  
06/06
その他
読売新聞5/29朝刊に、若松英輔さんの寄稿文が掲載されていました。1ページ全面の文章で、とても読み応えのある、「利他の精神」についての深いお話でした。 「利他は、他者のために行動するということだけでなく、自分も他の人がいなければ存在し得ないという現実を、深く自覚するところに原点がある」 「日本では自らを無宗教者と考える人が少なくない。それでも、誰かのために『思わず祈った』ことがない人は、かえって少ないのではないか。」 コロナ禍以降、この「利他の精神」が再度見直されたように思います。 わたし自身は、他者とのつながりを強く意識するようになりましたし、無暗に不安を煽るような報道が多くなったことで、一人でいることの弱さを思い知らされた日々を経験しました。   アポロがコリントにいたときのことである。パウロは、内陸の地方を通ってエフェソに下って来て、何人かの弟子に出会い、彼らに、「信仰に入ったとき、聖霊を受けましたか」と言うと、彼らは、「いいえ、聖霊があるかどうか、聞いたこともありません」と言った。パウロが、「それなら、どんな洗礼を受けたのですか」と言うと、「ヨハネの洗礼です」と言った。そこで...
06/05
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(5日)9:00ミサ後、信徒集会準備委員会を行います。 各委員はお集まりください。 ・2022年福岡教区ハンドブックが届いております。 1冊100円以上の献金をお願いいたします。 事務室にて、お受け取り下さい。   ⭐︎教会委員会より  森山信三被選司教様の為に、「霊的花束」と「お祝い献金」へのご協力をお願いいたします。 締め切りは、6月19日(日)です。 詳細につきましては、掲示板をご覧ください。   ⭐︎女性の会より  本日(5日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎日曜学校より  12日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますのでお集まりください。  
05/30
聖書
先週から、宮﨑神父様が新しいミサ式次第の解説と練習をしてくださっています。 まだ全てを理解したわけではありませんが、とても心を動かされた変更箇所があります。 主よ、あなたは神の子キリスト、永遠のいのちの糧、あなたをおいて、だれのところに行きましょう。 これが、↓ 主よ、わたしはあなたをお迎えするのにふさわしい者ではありません。おことばをいただくだけで救われます。 これは、マタイ8章の百人隊長のことばに基づいた文で、規範版ではこちらの式文が用いられてきたようです。 すると、百人隊長は答えた。主よ、私はあなたをわが家にお迎えできるような者ではありません。ただ、お言葉をください。そうすれば、私の子は癒やされます。(マタイ8・8) ただし、これまでのとおりに唱えてもよい、となっています。 控えめな態度、言葉が美しい箇所です。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 安息日に町の門を出て、祈りの場所があると思われる川岸に行った。そして、わたしたちもそこに座って、集まっていた婦人たちに話をした。ティアティラ市出身の紫布を商う人で、神をあがめるリディアという婦人も話を聞いていたが、主が彼女の心を開かれた...
05/29
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・5月は「聖母月」です。 各家庭で、ロザリオの祈りをいたしましょう。 ・6月5日(日)9:00ミサ後、信徒集会準備委員会を行います。 各委員はお集まりください。   ⭐︎教会委員会より森山信三被選司教様の為に「霊的花束」と「お祝い献金」へのご協力をお願いいたします。締め切りは、6月19日(日)です。詳細につきましては、掲示板をご覧ください。   ⭐︎女性の会より6月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎日曜学校より6月12日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますのでお集まりください。  
05/23
復活節
お薦めの海外ドラマがあります。 医療もののアメリカの作品で、毎回、様々な病気(それもかなり難病)の患者が、研修外科医とそのチームによって治療を受け完治したり時には亡くなったり、という内容です。主人公は「チャーリーとチョコレート工場」のチャーリー君。(もう30歳!)自閉症でサヴァン症候群(アスペルガーのなかでも特に、ある分野の能力だけが際立っている症状)という設定です。 主人公が自閉症であることを受け入れながら人間的に成長していく様子、周囲の人々があるがままの彼を受け入れていく様子が感動的なドラマです。   わたしはあなたがたを友と呼ぶ。(ヨハネ15・15)  ドラマの中で度々出てくるキーワードが、「友だち」です。 自閉症のため、人の気持ちを慮ることが難しい主人公は、友だちをなかなか作ることができません。ですが、周囲は彼を友だちとして受け入れていくのです。 たとえ自分が孤独だと感じても、イエス様は「友」としてわたしたちのことを受け入れてくださっている。 ヨハネの福音書には、「わたしを受け入れなさい」というイエス様のことばがたびたび出てきます。  よくよくあなた方に言っておく。わ...
05/22
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より・本日(22日)は『世界広報の日』になっており、本日のミサ献金をその為にお捧げします。 皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(22日)のミサ後から、「新しいミサ式次第」の練習を行う予定です。 なお、聖堂に用意している「新しいミサ式次第」の冊子は、教会の備え付けですので、持ち帰らないでください。 ・本日(22日)10:30より、教会委員会を行います。 各委員はご参加ください。 ・5月は「聖母月」です。 各家庭で、ロザリオの祈りをいたしましょう。 ・重要文化財に指定されている今村教会が、6月より10年間、耐震補強工事に入る予定です。 工事前の28日(土)、29日(日)の両日、最後の聖堂内公開をすることになりました。 時間は午前10時から午後9時までです。   ⭐︎教会委員会より 森山信三被選司教様の為に「霊的花束」と「お祝い献金」へのご協力をお願いいたします。 締め切りは6月19日(日)です。   ⭐︎女性の会より 6月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎フードドライブより 今月は、28日(土)13:00~15:00です。 食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願...
05/16
復活節
15日は、ローマへ出発される前日にもかかわらず、船津神父様が久留米の信徒たちに旅立ちのご挨拶も兼ねてミサに来てくださいました。 . . . 弟子たちのため教会ごとに長老たちを任命し、断食して祈り、彼らをその信ずる主に任せた。(使徒14・23) 長老とは今の司祭のことです。アベイヤ司教様から、わたしも神様に任されたのだと思っています。「神様、船津のことをあなたに任せます」、と。司教様から、「学びに行くことは奉仕することです」というお言葉をいただきました。マザーテレサの詩にこうあります。「信仰の果実は愛  愛の果実は奉仕」 そう、船津神父様がお話くださいました。   「おめでとうございます」 「お身体に気をつけて頑張ってください」 わたしたち信徒は、心からそう思って簡単に口にしてきましたが、船津神父様のお気持ちを深く考えてみると、気安く「頑張って」とお声をかけるのは少し違うような気がしています。 「知り合いの神父様から『ありがとう』と声をかけてもらいました。」 そうおっしゃっていました。 「ありがとう」 確かに、1番相応しい言葉だと思います。 わたしたちのために勉強しに行ってくれてありが...
05/15
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・来る22日(日)のミサ後から、「新しいミサ式次第」の練習を行う予定です。 なお、聖堂に用意している「新しいミサ式次第」の冊子は、教会の備え付けですので、持ち帰らないでください。 ・主任司祭出張の為、明日16日(月)の朝ミサはございません。 ・22日(日)10:30より、教会委員会を行います。各委員はご参加ください。   ⭐︎教会委員会より 森山信三被選司教様の為に「霊的花束」と「お祝い献金」へのご協力をお願いいたします。締め切りは、6月19日(日)までです。詳細につきましては、掲示板をご覧ください。   ⭐︎女性の会より6月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎フードドライブより今月は、28日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。  
05/09
復活節
母の日に、お母様に感謝を伝えましたか?お子さんから「いつもありがとう」の気持ちが届きましたか? わたしは、母の祭壇の大掃除をしました。 . イエスの十字架の傍らには、その母と母の姉妹、クロパの妻マリアとマグダラのマリアがたたずんでいた。イエスは、母とそのそばに立っている愛する弟子とを見て、母に仰せになった、「婦人よ、ご覧なさい。あなたの子です」。それから弟子に仰せになった、「見なさい、あなたの母です」。その時から、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。 (ヨハネ19・25〜27)   The descent from the Cross ジェームズ・ティソ もし、福音書がヨハネだけだったら、わたしたちはイエス様の母親の名前がマリアだとは知らないのです。 ヨハネは「彼の母」「婦人」と記しています。   西暦30年4月7日午後。イエスは腰布以外の何ものをも持っていなかったのだ。「彼の者達・弟子群」は母を助けて十字架の下に立った若者をのぞき、みな逃げ去っていたから、彼イエスは弟子たちからも友からさえも「棄てられた」者となっていた。 だから、最後の最愛の「わがもの」はイエスにとって、足もとに立ちつくす母だけ...
05/08
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・5月は「聖母月」です。 各家庭で、ロザリオの祈りをいたしましょう。 ・来る22日(日)のミサ後から、「新しいミサ式次第」の練習を行う予定です。 なお、聖堂に用意している「新しいミサ式次第」の冊子は教会の備え付けですので、持ち帰らないようにしてください。   ⭐︎教会委員会より 船津神父様がローマに留学されるにあたり、霊的花束と餞別をお渡しすることにしました。 皆さま、お祈りと醵金のご協力をお願いいたします。   ⭐︎日曜学校より 本日(8日)9:00のミサ後、保護者会を行います。  
穏やかな天候が続くGWですが、皆様はどうお過ごしですか? わたしは、信者の先輩おばさま方のお宅に必ずある「祈りの空間」に憧れて、祈りのコーナーを作りました。 . 母が大切にしていたマリア像、わたしが小学生の頃に母がプレゼントしてくれたマリア像、わたしの洗礼式の時の蝋燭などで、神様と母に「わたしの罪をお赦しください」と祈る空間にしました。 福音書に罪人と呼ばれる人たちは何人も登場しますが、実際に具体的な罪を犯したことが書かれているのは弟子たちのイエス様に対する裏切りだけだ、と福音宣教5月号の本多峰子さんの連載に書いてありました。 わたしの感じている罪は、とっくに神様も母も赦してくれていると思いますが、毎日ここで祈る習慣を大切に続けようと思っています。   思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。身を慎んで目を覚ましていなさい。(1ペトロ5・7〜8) あなたの重荷を主にゆだねよ。主はあなたを支えてくださる。主は従う者を支え、とこしえに動揺しないように計らってくださる。(詩編55・23) いと高き主こそ、あなたのために計らう方、あなたを支え...
05/01
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・5月は「聖母月」です。 各家庭で、ロザリオの祈りをいたしましょう。 ・四旬節「愛の献金」(3月2日~4月14日)は、162,100円でした。 教区を通して、カリタスジャパンに送金されます。 ・5月3日(火)、4日(水)は、主任司祭不在のため、朝ミサはありません。   ⭐︎教会委員会より 船津神父様がローマに留学されるにあたり、霊的花束と餞別をお渡しすることにしました。皆さま、お祈りと醵金のご協力をお願いいたします。   ⭐︎事務室より ・5月3日(火)~5日(木)は、事務室はお休みです。  
5月1日(日)の古市神父様の初ミサは、2回おこなわれます。  . 9:00  1・2班、日曜学校の子どもたち 11:00 3・4班   各回とも定員は120名です。 各自の班分けをお守りいただいて参列されるよう、お願いいたします。
先週、アベイヤ司教様が配ってくださった、福岡教区の宣教司牧方針の冊子を読みました。 正直に書きますが、昨年末にアンケート方式で意見を求められた時は、「こんなたくさんの項目を信徒全員に意見を聞いてまとめるなんて、、、。司教様はどのような結果を期待されているのだろうか。」と疑心暗鬼だったのです。   「とにかく、この21ページ目が大事なのです!」 と司教様がおっしゃっていました。 この9項目は、どれも大切なことです。 例えば、1(1)(2)多くの人に福音、教会のことを知っていただけるように、このホームページやフェイスブックでの発信に取り組んでいます。2(2)組織の見直し、コミュニケーションの強化のため、宮﨑神父様がわたしたちひとりひとりのことを良く見て考えてくださっています。3(3)久留米教会では、毎月第4日曜日に教会委員会を開催していますが、フィリピンコミュニティとベトナムコミュニティの代表者も参加し、活動報告や神父様への要望・提案事項を積極的に発言してくれます。 3(1)青年たちの活動を支援、3(2)青少年の召命のための取り組みは、今後の大きな課題です。 「出向く、交わる、開かれた」久留米教会であるよう...
04/24
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・カリタスジャパン「ウクライナ危機人道支援」のため 皆さまよりお預かりしました募金133,950円(3月6日~4月10日分)を送金いたしました。 引き続き、ウクライナの兄弟姉妹たちのために、皆様のご協力をお願いいたします。 ・四旬節「愛の献金」(3月2日~4月14日)は、162,100円でした。 教区を通して、カリタスジャパンに送金されます。 ・本日(24日)、10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・5月1日(日)9:00のミサは、古市匡史神父様(東京教区)の初ミサが行われます。 ・5月3日(火)、4日(水)は、主任司祭不在のため、朝ミサはありません。   ⭐︎事務室より ・5月3日(火)~5日(木)は、事務室はお休みです。  
イエス様が十字架刑に処せられた日は、教会の暦では最も厳粛な日です。英語では、「グッドフライデー」と言います。ギリシャ教会では「聖く大いなる金曜日」、ドイツ語では「嘆きの金曜日」「神の金曜日」などという言い方をするようです。そして、罪と死に勝利した主イエス・キリストを記念するのが復活祭(イースター)です。 凄惨な金曜日の事件に対して「良い」という形容詞をあてることに、キリスト者はほとんど疑問を感じません。イエスの死がどれほど悲惨なものでも、それを通して世の贖いが達成されたのだという、何世紀にもわたる教会の確信が、金曜日を肯定的に表現する理由として考えられます。(「イエス最後の一週間」より抜粋) 「その勝利は罪と死に対してであり、誰かに対してではない。それなのに、今日、戦争がある。なぜこの世の方法で勝とうとするのか、それは敗北をもたらすだけだ。 なぜ神が勝つままにしないのか。 キリストはわたしたちを悪の支配から解放するために十字架を背負われた。キリストはいのちと愛と平和が統治するために十字架上で死なれた」 4/10バチカンでの教皇フランシスコのお説教より   イエス様の死は『贖罪のための...
04/17
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(17日)13:30より、聖堂にて司教様との懇談会を行います。司教様とお話されたい方は、どうぞ、お越しください。 ・カリタスジャパン「ウクライナ危機人道支援」のために、皆さまよりお預かりしました募金133,950円(3月6日~4月10日分)を送金いたしました。引き続き、ウクライナの兄弟姉妹たちのために、皆様のご協力をお願いいたします。 ・今年度の各講座のお知らせ  カトリック要理講座(受洗者のみ)20日(水)より、毎週水曜日 10時・19時 キリスト教入門講座(未洗者のみ)21日(木)より、毎週木曜日 10時・19時 ・5月1日(日)は、古市匡史神父様(東京教区)の初ミサが行われます。
4/17日曜日の9:00,11:00,15:00(英語ミサ)は、アベイヤ司教様がミサの司式をされる予定です。 かねてからお願いしているとおり、ミサは10分前にはご着席くださるよう、ご協力をお願いいたします。 5分前には門を閉めますので、お席のお申し込みをされている方でも聖堂にお入りいただくことができません。 ご注意ください。   主任司祭 宮﨑 保司  
マルコによる福音書は、イエス様の最後の一週間を一日ごとに追って、日記的に描写しています。 そして、マルコだけが、日曜日、月曜日、木曜日の朝と夕の出来事を詳細に語っていて、ローマ軍の時間区分と同じ、3時間ごとに金曜日の出来事を追って書いています。 マルコ福音書が書かれたのは、エルサレム神殿が崩壊したころです。神殿の崩壊によって、当時のユダヤ教のあり方が一変しました。ユダヤ人は供儀を捧げる場所を失い、祭司職の役割は薄れ、ユダヤ教の中心は聖典と会堂へと移行しました。 神殿崩壊、つまり戦時下に書かれたこの福音書では、その時代背景もあってエルサレムが中心的な役割を果たしています。 書かれた当時、AD1世紀の教会にとって、十字架は2つの意味を持っていました。 ひとつは、ローマ帝国による処刑。もうひとつは、死と復活につながる生き様=古い命に対して死んで新しい命にいたる道、の象徴です。 マルコとパウロ書簡では、十字架を新生(新しく生まれ変わる、生き方を刷新する)への道と捉えています。   そして、これはとても大切なことですのでしっかりと理解しておきたいのは、イエス様の十字架刑の原因である衝突について...
04/10
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・四旬節『愛の献金』が行われています。   今年は、ウクライナの兄弟姉妹たちの意向も込めて、犠牲と共にお捧げいたしましょう。  皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(10日)は『カテドラル特別献金日』となっており、今日のミサ献金を、その為にお捧げしますので、皆様のお祈りとご協力をお願い致します。 ・本日(10日)9時ミサ後、10:15より幼児洗礼希望保護者への説明会を聖堂で行います。 必ず、ご出席ください。 欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。
04/04
四旬節
長年、教会でお付き合いのある方で、いつかゆっくりお話ししてみたい、と思っている方がいました。毎週のようにミサの時に言葉を交わしてはきたものの、お互いのことを知っているような知らないような関係でした。 コロナ禍になってから、ご家庭の事情でなかなかお目にかかれなくなっていたので、先日お宅を訪問してお話してきました。   自分はこれまで、こういう風に生きてきました 今は、こんな風に生きています 将来は、こういう風に生きたいと思っています   その方は、ご自分の人生を話してくださいました。 人に、これまで・今・これからの自分について語ることができますか? 「こうありたい」という理想を語ることはできても、「こういう風に生きよう」という決意を心に持つことは素晴らしい、羨ましい、わたしにはまだ出来てない、と思ったのです。   「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。」(ヨハネ5・17) 以前書いたことがありますが、ある神父様が、亡くなられたお父様の葬儀ミサがきっかけで、それまで教会から離れていた兄弟がまたミサに足を運ぶようになったこと、「父は今もなお働いている」と...
04/03
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・四旬節『愛の献金』が行われています。今年は、ウクライナの兄弟姉妹たちの意向も込めて、犠牲と共にお捧げいたしましょう。皆様のご協力をお願いいたします。 ・本日(3日)9時ミサ後、日曜学校の子どもたちの「ゆるしの秘跡」を行います。 ・4月9日(土)10時より、枝の主日の準備を行います。 ※枝切りにつきましては、特に男性の方にお手伝いをお願いいたします。  ※手袋、剪定バサミ等をお持ちでしたら、ご持参下さい。   ・「ゆるしの秘蹟」を信徒会館1階小部屋で行います。 4月8日(金)  16:00~18:30 4月9日(土)  16:00~18:30  
03/28
四旬節
ウクライナのことを思わない日はありません。「ロシアによるウクライナ侵攻」ではなく、戦況はロシアvs西側諸国の様相に変わったかのようです。ウクライナの街が破壊され多くの市民が亡くなっていることは、惨く、信じられないことですが、ロシアの戦艦が破壊されて激しく燃え盛る様子を見て、良かった、とは決して思えません。 教皇様は、3月25日のお告げの日にバチカンでミサをささげられました。そしてその中で、ウクライナとロシアを聖母マリアに奉献されたのです。   「さあ、我々は主のもとに帰ろう。主は我々を引き裂かれたが、いやし、我々を打たれたが、傷を包んでくださる。二日の後、主は我々を生かし、三日目に、立ち上がらせてくださる。我々は御前に生きる。我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう。主は曙の光のように必ず現れ、降り注ぐ雨のように、大地を潤す春雨のように、我々を訪れてくださる。」(ホセア6・1~3)   自分が正しい。わたしは間違っていない。あの人の考え方はおかしい。 よく言えば正義感が強くもあり、わたしの欠点である「自分の主張を押し付ける言い方」をして、また人を傷つけてしまいました。「あんな風...
03/27
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・四旬節『愛の献金』が行われています。 今年は、ウクライナの兄弟姉妹たちの意向も込めて、犠牲と共にお捧げいたしましょう。 皆様のご協力をお願いいたします。 ・聖週間ミサは事前申し込みが必要です。 申込用紙に必要事項を記入の上、お申込みください。 申込用紙は、聖堂内の申込用紙入れの箱に入れてください。 申し込み締切は、本日27日迄です。 ・4月3日(日)9時ミサ後、日曜学校の子どもたちの「ゆるしの秘跡」を行います。 ・4月9日(土)10時より、枝の主日の準備を行います。 ※枝切りにつきましては、特に男性の方にお手伝いをお願いいたします。 ・本日(27日)、10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。   ・「ゆるしの秘蹟」信徒会館1階小部屋で行います。 4月1日(金)初金ミサ後~15:00 / 16:00~18:304月2日(土)16:00~18:304月8日(金)16:00~18:304月9日(土)16:00~18:30  
教会は古くから舟に例えられてきました。教会とはわたしたちであり、舟はイエス様でもあります。そして同時に、イエス様は、荒波の中を舟に揺られ続けるわたしたちのための錨でもあるのです。 わたしたちが持っているこの希望は、魂にとって頼りになる、安定した錨のようなもの(ヘブライ6・19)   この写真は、イスラエルのマグダラにある教会です。祭壇が船の形をしているので、船の教会と呼ばれています。 奥に見えるのはガリラヤ湖です。聖堂でミサをしていただいたときの写真です。     先日、久留米の聖マリア学院の公開講座で久留米出身の船津亮太神父様(小倉教会)の講演があり、わたしもzoomで参加しました。 福岡司教区の主日の音声説教でも、船津神父様はいつも「誰にでも分かり易く」を心がけてお話されている、と伺ったことがあります。 公開講座のテーマは「コロナ禍をよりよく生きる」 聖書のことばだけでなく、映像を使って具体的にイメージできるように工夫してくださっていて、神父様の考えていらっしゃることがよく理解できる講演でした。 特に印象に残っているのが、選び取るのは「生活」か「人生」か、というくだりです...
03/20
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・四旬節中『愛の献金』が行われています。 今年は、ウクライナの兄弟姉妹たちの意向も込めて、犠牲と共にお捧げいたしましょう。 皆様のご協力をお願いいたします。 ・4月9日(土)10時より、枝の主日の準備を行います。 ※枝切りにつきましては、特に男性の方にお手伝いをお願いいたします。   ⭐︎フードドライブより 今月は、26日(土)13:00~15:00です。※急募‼ 粉ミルク、紙オムツ 皆さん、ご協力お願いいたします。
03/14
四旬節
311について思いを馳せる日々でした。 西日本新聞の3/10の朝刊には、当時の釜石の子どもたちが11年後の今、当時を振り返って取材に答えた特集が組まれていました。 お読みになっていない方は、ぜひ読んでみてください。 心にずっと刺さった、棘のような「後悔」や「罪の意識」のような気持ちを吐き出すように語った、20代になった人たちの声にいろいろなことを考えさせられました。 地震や津波での被害だけではなく、まだ苦しんでいる人が多くいる現実を再認識することができました。   以前ここに書いたことのある、ある支援している方に久しぶりに電話をしてみました。久しぶりだったからか、溜まっていたのであろう言いたいことや現状への不満を爆発させて、ガチャっと電話を切られてしまいました。施設の方に再度電話してお話を伺ったら「自分のことをかまってくれる、気にかけてくれる人がいて、本当は嬉しかったのだと思いますよ。」と言っていただきました。 この方も、釜石の方々も、 自分の中に溜め込んでいる思いを思いっきり伝え、聞いてもらえる人がいる、と言うことがどれほどの救いになるか。 わたしもその相手になることができれば、と思う...
03/13
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・四旬節中『愛の献金』が行われています。今年は、ウクライナの兄弟姉妹たちの意向も込めて、犠牲と共にお捧げいたしましょう。皆様のご協力をお願いいたします。   ⭐︎フードドライブより 今月は、26日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。   ⭐︎事務室より ・今月20日(日)に、サンパウロの出張販売が行われます。販売品のリクエストがある方は、本日(13日)までに事務室にてお申し込みください。  
黄砂や花粉が飛び始めても、久留米の空はエルサレムのように澄み渡っています。 新緑の力強さが感じられる四旬節が始まりました。 . イエス様は、神から『わたしの愛する子、わたしのこころに叶うもの』と言われたのちすぐに悪魔の試みにあわれました。 「神様から愛され、我が子とまで呼ばれたのに、なぜ試されたのでしょうか。」森山神父さまに質問してみました。 「イエス様もひとりの人間です。わたしたちと同じように、苦しんだり悲しんだりする存在です。人間とは、とかく独りよがり、自己中心に陥りがちで、神への信頼を忘れてしまいます。旧約の民がそうであったように、イエス様でさえ、神にイニシアティブがあることを徹底的に教えられたのです。わたしたち人間への徴として、イエス様にも試練が与えられたのです。」 6日のごミサのお説教では、宮﨑神父様がこうおっしゃいました。 「四旬節の四十日、四十年といった数字は、永遠の命への準備期間の象徴であり、わたしたちの人生そのものを指しているとも言えるでしょう。人生では当然、試されたり試練に遭うこともあります。イエス様も霊によって守られたのですから、どのような時も聖霊の導きに委ね...
**「ゆるしの秘蹟」について** 4月1日(金) 初金ミサ後~15:00 / 16:00~18:304月2日(土) 16:00~18:304月8日(金) 16:00~18:304月9日(土) 16:00~18:30 信徒会館1階小部屋で行います。   **聖週間ミサの申し込みについて** 申し込みは終了しました。当日、空席があればご参列いただけます。 4月14日(木)聖木曜日 晩餐ミサ 19:00 4月15日(金)聖金曜日  十字架の道行き    13:30 十字架の崇敬式    19:00 4月16日(土)聖土曜日 復活徹夜祭 19:00 4月17日(日) 主の復活 6:30 / 9:00(幼児洗礼式) / 11:00Easter Sunday (English Mass) 15:00 *各回、入場者数120名までとし、全席指定   ★聖週間ミサのための感染防止対策のお願い★ ◆ミサに与るために以下の手順をお守りください。①マスクの着用、手指の消毒 ⇒ ②検温 ⇒ ③聖堂に入場 ◆感染防止対策を徹底するため、ミサ開始10分前に上記の手順を済ませてご着席いただくこととします。  ミサ開始10分前になりましたらご入場いただくことはできません。 ◆ミサ開始10分前になりましたら、空席をお待ちの方に入場していただきますので、お...
03/06
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・四旬節中『愛の献金』が行われています。 今年は、ウクライナの兄弟姉妹たちのためにも、犠牲をお捧げいたしましょう。皆様のご協力をお願いいたします。 ・復活祭(4月17日9時)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月20日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、4月10日(日)9:00ミサ後に幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ずご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。※コロナウイルス感染症の状況によっては、変更されることがあります。 ・12日(土)は、幼稚園行事のため聖堂掃除はありません。 ・聖週間ミサの事前申し込みをお願いいたします。申込用紙は、聖堂内の申込用紙入れの箱に入れてください。申し込み締切は、今月27日迄です。   ⭐︎事務室より ・「新しいミサ式次第」が届いております。ご注文なさった方は、事務室にてお受け取りください。 ・今月20日(日)に、サンパウロの出張販売が行われます。販売品のリクエストがある方は、13日(日)までに事務室にてお申し込みください。   **「ゆるしの秘蹟」について** 4月1日(金) 初金ミサ後~15:...
02/28
四旬節
天皇陛下は、62歳の誕生日に際してのお言葉で、コロナ禍に対し「支え合う努力を続けることにより、この厳しい現状を忍耐強く乗り越えていくことができる」とおっしゃいました。また、「つながりを大切にしながら、心に希望の火を絶やさずに」と呼びかけられました。 忍耐強く、希望の火を絶やさずに。 まもなく始まる今年の四旬節を前に、困難の最中にある人々へ心を向けることの大切さを再認識したいと思います。 四旬とは、試練・苦難の象徴である数「40」を意味します。 ウクライナの人々のことを思い、苦しい気持ちで過ごしています。まさに聖書で言うところの「荒野の40年」のような状況に置かれているのかもしれません。 旧約のイスラエルの民と重なって見えます。バビロン捕囚で苦しみ、外国勢力による支配で迫害を受け続けた彼らは、民族の救いと、救い主の到来を忍耐強く、希望の光を絶やさずに待ち続けたのでした。 40年という数字は、文字通りの年月ではなく、試練・苦難の象徴として使われます。新しい秩序に向かうための時間であり、神に出会うために必要な時を表す数字です。       四旬節の教皇様のメッセージを皆様もお読みに...
02/27
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(27日)、10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・3月2日は『灰の水曜日』です。当日は19:00よりミサ、灰の式があります。また、当日は大斎小斎日になっています。 ※大斎は、1日に1回だけ十分な食事をとるか、2回に分け少量ずつの食事をとることもできます。60歳未満の成人信者にはその遵守が義務づけられています。ただし、病気、出産前後、精神的あるいは肉体的重労働などによる妨げとある場合には大斎の義務はありません。小斎は、嗜好品(例えば、コーヒー、タバコ、酒類)を控えることで、14歳以上の信者に守る義務があります。 ミサは通常通りです。 ・復活祭(4月17日9時)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月20日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください 尚、4月10日(日)9:00ミサ後に幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ずご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。 ※コロナウイルス感染症の状況によっては、変更されることがあります。 ⭐︎事務室より 「新しいミサ式次第」が届いております。ご注文なさった方は、事務室にてお受け取りくださ...
中庭の春の装いが、小雪の舞うなかとても美しい日曜日でした。 宮﨑神父様のお説教にとても心を打たれました。「ウクライナのために祈っていますか?」と問われ、気になってはいるものの、それは「戦争が始まるかも」というニュースとしてに過ぎなかった自分が恥ずかしくなりました。 遠い国のニュースではなく、隣人が戦争と隣り合わせの現実に直面していることを忘れずに、みなさん祈りましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ マタイ、マルコ、ルカの3つの共観福音書には、同じ出来事や教えが書かれている箇所があります。福音書を読んでいると、注釈でその並行箇所が示されているので、同じ話を他の2人も書いていることを知ることが出来ます。 全く同じエピソードが、福音記者によっては詳しく書かれていたり、短かったり、時には全く違った趣旨で書かれていることがあります。 話の大筋はだいたい同じなのですが、当然3人にはそれぞれに伝えたいポイントがあって、よく読むとわたしたちに訴えていることが違うことが分かります。 エリコの盲人、バルテマイが癒される奇跡物語があります。 (その道の)道端に座っていたバルテマイという盲目の物乞いが...
02/20
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・3月2日は『灰の水曜日』です。 灰の準備をいたしますので、昨年の枝を27日(平日も可)までに聖堂内、または、司祭館に用意されている回収箱に入れてください。  当日は19:00よりミサ、灰の式があります。 また、当日は大斎小斎日になっています。  大斎では、1日に1回だけ十分な食事をとるか、2回に分け、少量ずつの食事をとることもできます。 60歳未満の成人信者にはその遵守が義務づけられています。 ただし、病気、出産前後、精神的あるいは肉体的重労働などによる妨げとある場合には大斎の義務はありません。 小斎とは嗜好品(例えば、コーヒー、タバコ、酒類)を控えることで、14歳以上の信者に守る義務があります。 ミサは通常通りです。  ・復活祭(4月17日9時)に『幼児洗礼』を行います。 希望される保護者の方は、3月20日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。  尚、4月10日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ずご出席ください。 欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。  ※コロナウイルス感染症の状況によっては、変更されることがあります。 &n...
北京オリンピック。高梨沙羅さんと羽生結弦くんの、本番、4年に一度の大舞台で努力の成果を存分に発揮できなかった時の悔しさ、絶望感などを想像するだけで、胸が苦しくなります。 ついこの前まで、何種類の4回転を飛べるか、を期待されていたのに、4回転半、5回転と、人間の欲は止まることを知りません。平野歩夢さんが決めた、彼にしかできない大技も「人類史上初の試みを成功させました!」とアナウンサーが絶叫していましたね。もっと遠くへ、もっと早くと次から次へと期待するわたしたちの欲と、高みを目指して努力する選手たちの努力には、終わりはないのかもしれません。 4年に一度のチャンス、と簡単にわたしたちは口にしますが、平野選手は「前回大会で銀メダルを獲得した後のこの4年間は苦しかった」と言っていました。 彼らにとっての4年とは、どのような時間なのか、簡単に想像できるものではありません。     わたしたちは、イエスキリストという、一人の人がその言動で示した教えを信じています。 わたしたちにとって、信じるべきはたったひとりの人間です。 そして、わたしたちが信じている教えは、彼がひとりで思いついたこと、自分だ...
02/13
今週のお知らせ
主任司祭より ・福岡県にまん延防止等重点措置が発動されている期間は、平日は聖堂を閉鎖しております。 なお、ミサは通常通りです。 ・新しい「ミサの式次第」の実施に向けて 新しい式文によるミサを2022年11月27日(待降節第1主日)から実施するにあたり、四旬節より練習を始めたいと思います。 「ミサの式次第」は教会に準備しておりますが、個人的にご希望されたい方は、代金を添えて事務室にてお申し込みください。  本体価格(税込)286円。 締切は、本日(13日)迄です。 ・3月2日は『灰の水曜日』です。 灰の準備をいたしますので、昨年の枝を27日(平日も可)までに聖堂内、または司祭館に用意されている回収箱に入れてください。 また、当日は19:00よりミサ、灰の式を予定しております。 (大斎小斎日になっています。) ・来たる3月21日(月)にアベイヤ司教様の司式で、ドミニコ会のピーター・ジャ・レ助祭とフランシス(アシジ)・ブ・リン助祭の司祭叙階が予定されています。 皆さまのお祈りをよろしくお願いいたします。 なお、叙階式の様子は、Web配信される予定です。   ⭐︎ 個人情報の保護についてのお願い⭐︎  ミサ名簿の個人情報を...
02/07
その他
小雪が舞い、空気が澄み渡り、美しい青空を背景にしたお御堂が美しい日曜日でした。 美味しいものを食べた時、素敵なお店を見つけた時、素晴らしい映画に感動した時、わたしはいつも、誰かと分かち合いたくなります。 わたしの友人が務めている出版社の月刊誌『致知』に、古巣馨神父様の記事が掲載されました。 . 彼女は、こうしたキリスト教関係の記事やわたしが好みそうな本、お菓子、文房具など、「好きそうだから」「美味しかったから」としょっちゅう送ってきてくれます。 わたしも、お礼のプレゼントを考えて送るのが楽しみです。 『美味しいものも楽しいことも、幸せは分かち合うほうがいい。』 これはわたしのモットーになっています。   「何をしているのか」と聞かれた3人の石工、というお話です。一人は「これで食べている」と答え、一人は「国で一番の仕事をしている」と答え、一人は「教会を建てている」と答えました。誰があるべき姿だと思いますか?誰が一番幸福だと思いますか?2番目の石工は、自分の仕事の目的を見失っています。3番目の石工は、していることの目的、目標、使命を示したのです。 幸福になれるかどうか、それは心の...
02/06
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・福岡県に「まん延防止等重点措置」が発動されましたので、平日は聖堂を閉鎖しております。 なお、ミサは通常通りです。 ・新しい「ミサの式次第」の実施に向けて、新しい式文によるミサを2022年11月27日(待降節第1主日)から実施するにあたり、四旬節より練習を始めたいと思います。「ミサの式次第」は、教会に準備しておりますが、個人的にご希望されたい方は、代金を添えて事務室にてお申し込みください。 本体価格(税込)286円。締切は、2月13日迄です。 ・3月2日は『灰の水曜日』です。 灰の準備をいたしますので、昨年の枝を27日(平日も可)までに教会の方へお持ちください。 また、当日は19:00よりミサ、灰の式を予定しております。 (大斎小斎日になっています。) ・来たる3月21日(月)にアベイヤ司教様の司式で、ドミニコ会のピーター・ジャ・レ助祭とフランシス(アシジ)・ブ・リン助祭の司祭叙階が予定されています。 皆さまのお祈りをよろしくお願いいたします。 なお、叙階式の様子は、Web配信される予定です。   ⭐︎事務室より 先日販売しました修道院のお菓子の収益金は、36,900円でした。消毒剤等の購入費として充て...
宮﨑神父様にゆるしの秘跡をしていただきました。 自分のおかした罪を認め、告白し、アドバイスをいただき、神様に代わって赦しをいただく。もう同じ過ちをおかさないように、心に、そして神様に誓う。 これは、「悔い改め」なのか「回心」なのか。 南山大学の名誉教授でもあった故 浜口神父様の論文に、以下のように書かれています。 教会は最初の回心を思い起こして、再び神に立ち返る方途と機会を保持している。それが「ゆるしの秘跡」である。罪に陥った信者が再び神と和解することができるという神の無限の憐れみを宣言するのは、「再回心(re-conversio)」である。真に罪を痛悔する者は、たとえその痛悔が不完全なものであっても、真にキリストに向かっているのである。   「改め」、だと「改心する」という言葉のように、罪を認めて心を入れ替える意味になります。Googleで「かいしん」と検索するとわかりますが、「回心=キリスト教で神の道に心を向けること」と表示されます。 新約聖書で「悔い改め」の意味で使われるメタノイア( meta・noia /μετανοια )は、古いギリシャ語を起源とする言葉で、直訳する...
01/30
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(30日)は『世界こども助け合いの日』です。 世界中の子どもたちの為にお祈りと献金をお願いいたします。 ・福岡県に「蔓延防止等重点措置」が発動されましたので、平日は聖堂を閉鎖しております。 なお、ミサは通常通りです。 ・新しい式文によるミサを2022年11月27日(待降節第1主日)から実施するにあたり、四旬節より練習を始めたいと思います。 新しいミサの式次第は教会に準備いたしますが、個人でお持ちになりたい方は、代金を添えて事務室にてお申し込みください。 本体価格(税込)286円。締切は、2月13日迄です。 ⭐︎事務室より ・販売いたしました修道院のお菓子の収益金は、36,900円でした。 消毒剤等の購入費として充てさせていただきました。 たくさんのご注文、ありがとうございました。  *献金についてのお願い* 先日の献金の中に、2000枚ほどの1円硬貨がありました。 献金のうち、1円、5円、10円硬貨はエンブリオ基金への募金に充てておりますが、ニュース等でご周知のとおり、硬貨の入金に際し、手数料が発生いたします。2000枚の1円玉を入金するのにかかる手数料は、2200円です。 お預かりした献金を無駄にし...
01/24
聖週間
宮﨑神父様から聞かれました。 「あなたは一日にどのくらい祈りますか?」「友のために祈っていますか?」 祈りの時間と言えるのは寝る前くらいですが、朝起きてすぐから一日中、しょっちゅう神様に話しかけるように祈っています。 でも、友だちのために祈っている、とは言えないとハッとさせられました。 ・ 『人はだれも自分ひとりだけが幸せになる権利はない。』という名言でも知られるラウル・フォレロー(1903~1977年)は、ハンセン病患者の支援と差別の撤廃に尽力したフランスの人物です。 詩人でもあった彼の、『ともに生きる恵みを願う祈り』という有名な祈りがあります。   主よ、教えてください。自分だけを愛さないことを、身内だけを愛さないことを、仲間だけを愛さないことを。 人のことも考え、だれからも 愛されない人を優先して愛することを。 主よ、教えてください。わたし自身も苦しむことを、人と共に苦しむことを。 主よ、あわれんでください。苦しむ人々をいわれもなく退けた、このわたしをゆるしてください。幸せをひとりじめにすることを、わたしにさせないでください。 全世界の苦悩を、わたしにも感じさせてください。主よ、利己...
01/23
今週のお知らせ
主任司祭より ・18日(火)~25日(火)は、キリスト教一致祈祷週間です。皆さん、心をあわせてお祈りしましょう。 ・本日(23日)10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・今月30日は、『世界こども助け合いの日』です。献金袋を準備しておりますので、ご協力をお願いいたします。 ・福岡県に「蔓延防止等重点措置」が発令されましたら、平日は聖堂を閉鎖します。 なお、ミサは通常通りです。
キリスト教一致祈禱週間は明日から25日までの8日間です。 . 主なる神はご自分の民とともに歩み、彼らを保護し、昼も夜も見守っておられることが、聖書には何度も記されています。道は必ずしも真っすぐとは限りません。同じ道をたどったり、違う道を通って戻ったりするよう仕向けられることもあります。いかし、生涯を通じて旅を続ける間中、わたしたちは「まどろむことなく、眠ることもない」神が、わたしたちの足がよろめき倒れてしまわないよう、見守ってくださると信じることができます。(キリスト教一致祈祷週間 小冊子40ページ) この聖週間の最終日、8日目の黙想の祈りは「別の道を通って自分たちの国へ帰って行った」(マタイ2・12)博士たちがテーマです。 帰り道が行きと違っても、彼らの旅を照らした同じ光が別の道・別の選択肢を示したのだ、と小冊子に書かれています。 あわれみ深い神、わたしたちが一つの道しか知らず、同じ道を戻らなければならないと思っているときにも、すべての道が行き詰まり、絶望しているときにも、あなたはいつもいてくださいます。約束を新たにされる神よ、あなたは、わたしたちには思いもよらない道を切り開いてくださいます。...
01/16
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・18日(火)~25日(火)はキリスト教一致祈祷週間です。 皆さん、心をあわせてお祈りしましょう。 ・今月23日(日)10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・今月30日は、『世界こども助け合いの日』です。 献金袋を準備しておりますので、ご協力お願いいたします。 ⭐︎フードドライブより 今月は、22日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。
あけましておめでとうございます。2022年も、いただくお恵みを見逃すことなく日々を大切に生きていくことができますように。 新年のごミサでは、成人のお祝いを受ける9名の若者たちの祝福の場を、可愛い小さな子どもたちが侍者としてお手伝いしてくれました。 . この青年たちの未来が明るいものとなるよう、わたしたちは祈り、そして彼ら自身が切り拓いて行ってくれますように。 毎年1月18日〜25日は(北半球では)キリスト教一致祈祷週間が行われます。南半球では各地で日程が変わるそうですが、この聖週間には世界中の様々な伝統や信条を持つキリスト者が、洗礼を受けたすべての人の一致のために祈りを捧げる習わしです。 今年のテーマは、 わたしたちは東方でそのかたの星を見たので、拝みにきたのです(マタイ2・2) このテーマを含め、世界で使われるこのテキストは、中東教会協議会が担当して作成されました。 (この小冊子は、中央協議会にリクエストすると送付してもらえます。) この困難な時代にあって、わたしたちはこれまで以上に暗闇の中に輝く光を必要としています。そして、その光はイエス・キリストのうちに示されたと、キリスト者は宣言しま...
01/09
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・今週、12日(水)聖書・要理講座、13日(木)キリスト教入門講座を始めます。 ・今月23日(日)10:30より教会委員会を行います。 各委員はご参加ください。 ・今月30日は、『世界こども助け合いの日』です。 献金袋を準備しておりますので、ご協力をお願いいたします。 ⭐︎フードドライブより 今月は、22日(土)13:00~15:00です。 食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。
2021/12/27
降誕祭
クリスマス、おめでとうございます。 愛する者よ、すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました。その恵みは、わたしたちが不信心と現世的な欲望を捨てて、この世で、思慮深く、正しく、信心深く生活するように教え、また、祝福に満ちた希望、すなわち偉大なる神であり、わたしたちの救い主であるイエス・キリストの栄光の現れを待ち望むように教えています。キリストがわたしたちのために御自身を献げられたのは、わたしたちをあらゆる不法から贖い出し、良い行いに熱心な民を御自分のものとして清めるためだったのです。(テトス2・11~14) 今年はいろいろなこと、特に信仰、他者との関わりについて、深く考えを巡らせることができた一年だったと感じています。 みなさまにとっては、どのような年でしたでしょうか。 今年最後の一冊として読んでいる本、若松英輔さんと山本芳久さんの対談による「危機の神学」。 若松さんが、アウグスティヌスの「告白」の一節を引用していらっしゃいましたので、本棚から取り出してその個所の前後を再読してみました。 やや悲観的な文章に感じるかもしれませんが、決してそうではありません。神様のあわれみを最高の拠り所と...
2021/12/20
待降節
4本目のロウソクが灯されました。この待降節の日々を心穏やかに過ごし、イエス様のご降誕をお祝いする心の準備は整いましたか? . 「質の高い睡眠」が大切であるという話を聞きます。 よく眠れていますか?目覚めは良いですか?眠れないほど気になることはありますか? 仕事や家事でとても疲れた日、よく寝付けないことがあります。反対に、何かを頑張れた!と思える疲れ果てた日に、秒で眠りに落ちる日もあります。 今週は、そんな風に眠りにつけた、精神的に充実した嬉しい忙しさの日々でした。 この2年近くの新しい生活の中で人とのつながりが希薄になってしまった気がしていましたが、そうではなかったと気づく出来事がありました。 神父様から依頼されて、3年に渡って支援をさせていただいている方がいます。いくつかの問題と病気を抱えていて、入退院を繰り返し、生活はとてもすさんでいました。治療と安定した生活、落ち着いた日常を送ってもらうことが目標でした。 そこにコロナの蔓延があり、しばらく実際に様子を見に行くことができず、ずっと気になっていました。その方はしっかりとした信仰心をお持ちの方ですし、担当してもらっているソーシャル...