カトリック久留米教会

新着情報
久留米教会のナティビティセットの飾りつけが始まりました。 御降誕の場面が再現されています。   今年は聖家族のご像、プレゼピオを新しくしました。 本当の「貧しい厩」を再現してほしい、という宮﨑神父様のリクエストで、今年はとにかく「シンプル」にしてみました。   教皇フランシスコは待降節の始まりに、プレゼピオの意味と価値をめぐる使徒的書簡 「アドミラビレ・シニュム」を発表されました。 プレゼピオ発祥の地、1223年の降誕祭にアッシジの聖フランシスコが 幼子イエス降誕を観想するための馬小屋を初めて再現したと言われている イタリア中部グレッチョで、この書簡に署名されました。   「キリスト者たちにこれほどにも親しまれる、プレゼピオの素晴らしいしるしが、 常に驚きと感嘆を呼び覚しますように」 という言葉で始まっています。 「イエスの降誕の出来事を表現することは、 神の御子の受肉の神秘を単純さと喜びを持って告げることに等しい。」 プレゼピオを準備し飾ることを、福音宣教の行為として示されました。   「プレゼピオは、わたしたちの小ささまでに身を低くされ、 貧しい者となられた神の優...
12/08
今週のお知らせ
主任司祭より ・年末の大掃除を本日(8日)9:00ミサ後より行います。皆さまのご協力をお願いいたします。 ・ミサ依頼は、1回につき1つの封筒をご使用ください。 ・来たる、1月5日(日)に行います新成人・祝福式のお知らせをお送りいたしました。出欠席のハガキを22日迄にご返送ください。 ・31日(火)~1月3日(木)まで、司祭館、および事務室は休みいたします。ただし、緊急時は除きます。 ・クリスマス、年末年始のごミサの時間は下記の通りです。主日のミサは、通常通りです。   12月24日(火) クリスマス・夜半ミサ 19:00 / 22:00 12月25日(水) 主の降誕ミサ 9:00 12月31日(火) 感謝ミサ 18:00 2020年1月 1日(水) 神の母聖マリア神の母聖マリア(ベトナム語) 10:00 15:00   女性の会より ・15日(日)9:00ミサ後にバザーを行います。クッキーやぜんざい等をご用意いたします。収益は、「船津助祭の叙階に向けての醵金」に充てさせていただきます。皆さま、どうぞお立ち寄りください。 ・来たる1月20日(月)に『女性信徒・新年会』を「かにしげ」にて行います。11:00に教会に集合、または各自で12:00に現地集合です。...
12/02
待降節
待降節が始まりました。 今年も、自称「若手の女性信徒グループ」でアドベントクランツを作りました!   フランシスコ教皇様が、東京での青年の集いでおっしゃいました。 「どんな複雑な状況でも、自己の行動において、公正で人間的であり、責任を持ち、決然とし、弱者を擁護する誠実な者になってほしい。」   上智大学の学生たちとの交流の際には 「必要とされる誠実な人でありなさい。」   長崎でのごミサのお説教では 「わたしたちの信仰は、生きる者たちの神への信仰なのです。 キリストは生きておられ、わたしたちの間で働かれ、わたしたち皆をいのちの充満へと導いておられます。 キリストは生きておられ、わたしたちに生きるものであってほしいと願っておられるのです。 キリストはわたしたちの希望です。」   使徒的勧告「キリストは生きている」に書かれている 「キリストは生きておられる」というお言葉を直接教皇様からお聞きできた時は、感動で心が震えました。   イエス様が示されたことの一番の、そして根幹ともいえる教えは 「その場で最も弱い立場の人に手を指し伸べる」ということでしょう。 カトリック...
主任司祭より ・本日(1日)は、宣教地召命促進の日になっており、今日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願い致します。 ・本日(1日)14:00より、共同回心式を行います。 ・ミサ依頼は、1回につき1つの封筒をご使用ください。 ・年末の大掃除を8日(日)9:00ミサ後より行います。皆さまのご協力をお願いいたします。 ・来たる、1月5日(日)に行います新成人・祝福式のお知らせをお送りいたしました。出欠席のハガキを22日迄にご返送ください。 ・本日(1日)9:00ミサ後、司祭館2階にてヨゼフ会の定例会を行います。 ・クリスマス、年末年始のごミサの時間は下記の通りです。主日のミサは、通常通りです。   12月24日(火) クリスマス・夜半ミサ 19:00 / 22:00 12月25日(水) 主の降誕ミサ 9:00 12月31日(火) 感謝ミサ 18:00 2020年1月 1日(水) 神の母聖マリア神の母聖マリア(ベトナム語) 10:00 15:00   女性の会より 本日(1日)9:00ミサ後、定例会を行いますので、信徒会館にお集まりください。   ピース9の会より バザー収益は、¥81,270でした。全額を「船津助祭の叙階に向けての醵金...
長崎での教皇さまのごミサに、久留米教会からは約300名で参列しました。 長崎の街は、24日のパパ様訪問のため、おそらくかなりの時間をかけて準備がなされていたものと思われます。 信者ではない一般市民の方には大変なご迷惑をおかけしたかと思います。 そして、この日を迎えるまで、大変な苦労があったであろう、準備をされた事務局の皆さんに心からの敬意を表します。 午前中は悲しくなるほどの大雨、そして、パパ様到着を空が知っていたかのように突然の晴天。 パパ様を先導したのは久留米の船津亮太助祭!         共同祈願は、5か国語でなされました。 【教皇さまのため】スペイン語主よ、わたしたちの声を聴いてください。それは、あなたが与えてくださった教皇フランシスコのために感謝して祈る神の民の声だからです。日々全世界の人々のために心を砕いておられる教皇様が、この日本訪問を無事に、また有意義に全うされますように。 【国の指導者のため】韓国語主よ、わたしたちの声を聴いてください。それは、安心して生活することを望むすべての民の声だからです。政治に携わる人々が、それぞれの地域、国、そして世...
0 0 1 6 1 9 6