新着情報
2月になり、立春とはよく言ったもので、春めいた暖かさが続いています。昔の人は、季節を素晴らしいタイミングで暦に表したものだと感心しますね! 差し込む光も、気分的に柔らかなものに感じます。 . これこそ、わたしが選ぶ断食ではないのか。不正の鎖を解き、軛の結び目を解き、虐げられた人を解放して自由の身にし、軛をすべて、打ち砕くこと。飢える人にお前のパンを分かち与え、家のない貧しい人々に宿を与え、裸を見れば、着物を着せ、お前の同胞に対してみて見ぬ振りをしないこと。その時、お前の光は暁のように輝き出で、お前の癒しは速やかに生じる。お前の正しさがお前の先を行き、主の栄光が背後の守りとなる。その時、お前が呼べば、主は応え、叫べば、『わたしはここにいる』と仰せになる。お前の光は闇の中に輝き出で、お前の暗闇は真昼のようになる。(イザヤ58・6~10) (これが本来の「断食」を意味する箇所である、と教わりました。) わたしは悩みの中から主を呼び求め、主は答えて、わたしを広々とした所に移してくださった。主はわたしの味方、わたしには恐れがない。人はわたしに何をなしえよう。主はわたしの味方、わたしの助け。主に寄...
02/05
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 日曜6:30、9時ミサ後(清掃後)に新しくなった聖歌の練習を行っています。お時間の許す方は、どうぞご参加ください。 ⭐︎女性の会より 本日(5日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より 2月12日(日)9:00のミサ後、保護者分かち合いを行いますので、お集まりください。
寒い寒い一週間でした。最低気温が氷点下という日が続き、高騰する電気代を気にしながらも、エアコンをつけ続けて過ごしました。 そんな中、考えていたのは「ウクライナの人たちは日本よりずっと極寒の中、電力の供給が制限されているのだ。」ということでした。 そして、最近よく考えます。おそらく今回の戦争を将来歴史に記す際には、『ある種の第三次世界大戦であった』となるのではないか、ということを。武器や戦車を供与しているだけで参戦しているわけではない、というのには疑問を感じています。 1日も早くこの戦争が終わることを願うばかりです。 ・・・・・・・・・・・・・・ 自分の気持ちや考えを人に伝える、というのは難しいことです。特に最近は、SNSなどで一方的に、しかも安易に自分の価値観による主張を発信することで人を傷つけ、追い込み、裁判にまでなるケースあります。 教皇様は今年の世界広報の日について、これまでの「来て、見なさい」、「心の耳で聴く」といったテーマに続き、今年は「『愛に根差した真理に従い』心を込めて話す(参照 エフェソ4・15)」(仮訳)を選ばれました。 「心を込めて伝えるとは、読む人、聞く人に、今日の...
01/29
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ①今日(29日)は、『世界こども助け合いの日』です。 世界中の子どもたちの為にお祈りと献金をお願いいたします。 ②日曜6時半、9時ミサ後(清掃後)に、新しくなった聖歌の練習を行っています。 お時間の許す方は、どうぞご参加ください。   ⭐︎フードドライブより 12月に行いましたミニバザーの売り上げは、17,892円でした。 緊急時の際の物資調達などの活動資金に充てさせていただきます。 皆様、ありがとうございました。 また、女性の会の皆様には、販売のお手伝いしていただきありがとうございました。   ⭐︎女性の会より 2月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎日曜学校より 2月12日(日)9:00のミサ後、保護者分かち合いを行いますのでお集まりください。   ⭐︎教会委員より 私たちの教会は、私たちみんなの手で清掃し、きれいにしたいと思います。 毎日曜9時ミサ後、15分程度の清掃にご協力をお願いいたします。  A列→聖堂内 絨毯は掃除機、フローリングはモップをかけてください。 B列・C列→外掃 掃き掃除、トイレ掃除 D列→信徒会館1階 掃除機、トイレ掃除 日曜学校(子どもたち...
ACジャパンのこのCM、大好きです。 「たたくより称えあおう それが優しい世界」 ラップが心地よく聞こえます。 ACジャパンのホームページには、このCMの意図をこのように解説されていました。 多様性が求められる時代、世代を問わず、自分と異なる立場や考え方に対する不寛容な行動が社会的に問題になっています。攻撃し合うのではなく、相手を尊重し認め合うことの大切さ、そこから生まれる交流を伝えます。 特にこのコロナ禍になってから、SNS上での誹謗中傷やすべてを政治の責任にしようとする風潮がエスカレートしているように感じます。 久留米教会では、毎月第2日曜日のミサで手話通訳を行っています。 以前もここに書きましたが、「耳の不自由な人が参列しているわけでもないのに、何の意味があるんだ」という意見があったことは事実です。 手話通訳ミサは、久留米教会がさまざまな方に開かれている教会であることのひとつの表れです。そして、手話通訳をしている信徒は、教会共同体のために働いてくれているのです。   わたしは久留米教会で洗礼を受けましたが、受洗後すぐに東京の大学へ戻り、イグナチオ教会に通っていました。イグナチオ教...
01/22
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ①日曜日の6時半と9時のミサ後(清掃後)に、新しくなった聖歌の練習を行っています。 お時間の許す方は、どうぞご参加ください。 ②今月29日は『世界こども助け合いの日』です。 献金袋を準備しておりますので、ご協力お願いいたします。   ⭐︎フードドライブより ①今月は、28日(土)13:00~15:00です。 食品、石鹸や洗剤、衛生用品を募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。 ②12月に行いましたミニバザーの売り上げは、17,892円でした。 緊急時の際の物資調達などの活動資金に充てさせていただきます。 皆様、ありがとうございました。 また、女性の会の皆様には販売のお手伝いしていただき、ありがとうございました。   ⭐︎女性の会より  2月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎日曜学校より  2月12日(日)9:00のミサ後、保護者分かち合いを行いますのでお集まりください。   ⭐︎教会委員より  私たちの教会は、私たちみんなの手で清掃し、きれいにしたいと思います。 毎週日曜日9時のミサ後、15分程度の清掃にご協力をお願いいたします。  A列:聖堂内 絨毯は掃除機、フローリ...
01/16
御ミサ
教皇様の2023年1月の祈りは、「教育にたずさわる人たち」のためにとなっています。 「教育にたずさわる人たちが、信頼される証し人となって、競争ではなく友愛を育みながら、とりわけ幼く傷つきやすい者の助けとなることができますように」 みこころレター13号に、日曜学校からのメッセージを掲載しました。 「日曜学校は祈りの場」毎月第4日曜日は「こどもとともに捧げるミサ」です。たくさんのこどもたちを待っています。学年が上がるにつれてなかなか日曜日のミサに行けなくなってしまうという現象は(習い事、部活、塾等で)、どこの共同体も同じ悩みだと思います。だからこそ日曜日、ミサに行けるときはぜひこどもたちに来てほしい、と願っています。教会学校では、久しぶりにミサに来たこどもには必ず、言葉かけを行っています。「待っていたよ!来てくれるのを!!」という気持ちです。それは、イエス様も同じ気持ちだからです。お父さん、お母さんにお願いです。祈りの場へこどもを導いて下さい、大人が祈る姿をこどもに見せることが、一番の信仰教育だと思います。こどもたちの成長を間近で見ることは、すごく嬉しく、楽しい事です。神に感謝!!   コ...
01/15
今週のお知らせ
主任司祭より ①主任司祭、研修のため、16日(月)の朝ミサはございません。 ②本日(15日)より、枝の回収をいたします。 聖堂内と司祭館入口の回収箱に入れてください。 締切は、2月12日(日)です。 ③本日より、9時ミサ後に新しくなった聖歌の練習を行います。 お時間の許す方は、どうぞご参加ください。 ④今月29日は、『世界こども助け合いの日』です。 献金袋を準備しておりますので、ご協力お願いいたします。   ⭐︎フードドライブより 今月は、28日(土)13:00~15:00です。食品、石鹸や洗剤、衛生用品を募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。
ご家族やご友人などと、賑やかで楽しいお正月を過ごされましたか? わたしは妹家族が帰省していましたので、それはそれは賑やかな(騒々しい)年末年始でした。大騒ぎしながらみんなで鍋を囲んでいるときに、思わず涙ぐんでしまいました。 「何という幸せだろう。今ここに、神様がいてくださっているんだ。」 心からそう思いました。 主の御国が来ますように。マラナタ、マラナタ。 頭の中で、聖歌がぐるぐると鳴り響いていました。 「神の国」 その時に、このテーマで記事を書こう、と思ったのです。いつもこのように、日々の些細な出来事や、目にした、耳にしたニュースから聖書の言葉が浮かび、iPadに向かって聖書を開くのが、わたしのここ数年の日課となっています。 今読んでいる本はこれ。クロッサン「最も偉大な祈り 主の祈りを再発見する」   主の祈りのワンフレーズずつが章になっていて、広く深く考察された、クロッサン独特の洞察力による解説です。 この中の、神の国の到来についての下りによると、ヨハネは神の国は『神による世界の大掃除』であり、今にも起きるかもしれないが未来のことである、と語っていました。一方でイエスは、すで...
01/08
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 15日(日)より、枝の回収をいたします。聖堂内と司祭館入口の回収箱に入れてください。締切は、2月12日(日)です。 ⭐︎女性の会より 本日(8日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。
01/02
その他
新年、明けましておめでとうございます。 今年も皆様にとって、恵み溢れる豊かな一年となりますように。 前教皇ベネディクト16世がご逝去されました。 皆様は、「2人のローマ教皇」という映画をご覧になったでしょうか。 この映画が公開された時、このページで紹介したことがありますが、もう一度皆様にお勧めさせてください。   この映画は、ベネディクト16世がベルゴリオ枢機卿を後任に押すために説得を繰り返す、2人の交流の様子が丁寧に描かれたものです。 実際にバチカンで撮影されたこと、2人の俳優が同時にアカデミー賞にノミネートされたことなどでも話題となりました。   アンソニー・ホプキンスがドイツ訛りの英語を話すだけでなく、容姿も風貌も、本当にそっくりです。 わたしの抱いていた前教皇様のイメージとは違い、厳格ながらもユーモアのセンスと愛嬌のある様子が描かれていて、むしろベルゴリオ枢機卿(現 フランシスコ教皇)の方が頑固で融通が利かないようなところがあるのが面白いのです。 この映画で特にわたしが印象に残っているのは、ベネディクト16世がベルゴリオ枢機卿に告解をするシーンです。当時、幾つものスキャン...
01/01
今週のお知らせ
新年、あけましておめでとうございます。 主任司祭より ①1月2日(月)まで、司祭館、および事務室はお休みです。 ただし、緊急時は除きます。  また、1月3日(火)、4日(水)の朝ミサはございません。 ②15日(日)より、枝の回収をいたします。 聖堂内と司祭館入口の回収箱に入れてください。 締切は、2月12日(日)です。 ⭐︎女性の会より  1月の例会は、8日(日)9:00ミサ後にいたします。
2022/12/26
降誕祭
主の御降誕、おめでとうございます。 ADVENTアドベントとは、「到来」を意味します。 メシア、キリストの到来を祝うのがクリスマス、キリストのミサです。 実際に12月25日にベツレヘムでお生まれになったわけではありませんが、史実かどうかは問題ではないのです。 何のために、誰に向けて誕生物語が描かれているのを理解することが大切です。 わたしたちキリスト者は、このイエス様の誕生の意味をどう捉えているでしょうか。 当時のユダヤ人たちにとってのメシア(キリスト)とは何者だったのか。ナザレのイエス歴史上の人物信仰のキリスト ユダヤ人にとっての救い主は、当時のローマ帝国からの圧政から救ってくれる王としての神でした。 現代のわたしたちキリスト者にとっては、イエス様は神の子、そして同時に神様です。 パウロの認識では、イエス様は神の子としてお生まれになったのではありませんでした。一人の人間として生まれ、活動したイエス様がご復活を通して神となられた、という考え方です。 ペトロの認識では、イエス様は特別な使命を神から受けたメシア(王)である、というものでした。彼はイエス様を神の子であるとは思っていなかったのです。...
2022/12/25
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 29日(木)~1月2日(月)まで、司祭館、および事務室はお休みです。ただし、緊急時は除きます。また、1月3日(火)、4日(水)の朝ミサはございません。   ⭐︎教会委員会より 今月12月は、「維持費納入推進月間」です。皆さまの維持費とミサ献金を基盤にして、教会が運営されています。お仕事をされている方、収入のある方は、必ず維持費を納めていただきますようお願いいたします。 ご質問など、お気軽に事務室にお問い合わせください。   ⭐︎日曜学校より 25日(日)9:00ミサ後、2学期終業式を行います。   ⭐︎事務室より 年末の生け花は、29日(木)に変更いたします。   ⭐︎女性の会より1月の例会は、8日(日)9:00ミサ後にいたします。  
久留米は初雪の日曜日でした。朝は吹雪のような降り方でしたが、主日のミサにはいつも通り100名以上の参列がありました。 ・ 先日、ジュゼッペ神父様が「あなたにラブレターです」、とお手紙をくださいました。 先週のごミサで、ジュゼッペ神父様がこうおっしゃいました。 「人を喜ばせるために、努力・苦労していますか?今年のクリスマスこそは、誰かを幸せにするための努力をしましょう!」 ・ この前、わたしの前の席に座られていたご年配の女性。お見かけしたことのない方でしたし、明らかにごミサに与るのは初めて(数回目?)のご様子。聖体拝領の時に「洗礼を受けておられますか?」とお尋ねしてみました。「いいえ。両親は信者でしたが、わたしは受洗していません。今日は父の命日なので、教会に来てみました。」「それでは、神父様の前に行かれた時に、頭を下げてみてください。祝福してくださいますから。」「本当にいいのですか?」「もちろんです。お父様も喜ばれますよ。」 席に戻られた時、とても晴れやかなお顔をされていました。 毎年この季節になると、信者ではない方のミサへの参列が増えます。フラッと入ってこられるだけではなく、ミサに...
2022/12/18
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より①ウクライナ支援(4月~11月分)151,000円をカリタス・ジャパンに送金いたしました。 ②「ゆるしの秘蹟」を信徒会館1階小部屋で行います。スケジュールは下記のとおりです。 20日(火)・21日(水)・22日(木)  10:00~11:00 、18:00~19:00 ③29日(木)~1月2日(月)まで、司祭館、および事務室はお休みです。 ただし、緊急時は除きます。 また、1月3日(火)、4日(水)の朝ミサはございません。 ④駐車場使用について  関係者以外の無断駐車が目立ちます。 信徒が駐車場を使用する際は、必ず駐車許可証をダッシュボードに掲示してください。 また、幼稚園閉園時、教会閉館時間帯は、駐車場門扉を閉めますので、時間外の駐車はできません。 ご注意ください。   ⭐︎教会委員会より①みこころレター13号が発行されました。 久留米教会の今年1年の振り返り、様々な活動の紹介、決算報告などを掲載しております。 お知り合いの方などにお渡ししていただいて結構ですので、是非、お持ち帰りください。 ②今月12月は、「維持費納入推進月間」です。 皆さまの維持費とミサ献金を基盤にして、教会が運営されています。 お仕事をされている方、収入のある方は...
2022/12/12
待降節
アウグスティヌスの「告白」第10巻第27章は、彼の回心後の心境を表現した美しい文章です。 古くて新しき美よ、おそかりしかな、御身を愛することのあまりにもおそかりし。御身は内にありしにわれ外にあり、むなしく御身を外に追いもとめいたり。御身に造られしみめよきものにいざなわれ、堕ちゆきつつわが姿醜くなれり。御身はわれとともにいたまいし、されどわれ、御身とともにいず。御身によらざれば虚無なるものにとらえられ、わが心御身を遠くはなれたり。御身は呼ばわりさらに声高くさけびたまいて、わが聾せし耳をつらぬけり。ほのかに光さらにまぶしく輝きて、わが盲目の闇をはらいたり。御身のよき香りをすいたれば、わが心は御身をもとめてあえぐ。御身のよき味を味わいたれば、わが心は御身をもとめて飢え渇く。御身はわれにふれたまいたれば、御身の平和をもとめてわが心は燃ゆるなり。 先週ご紹介した、山本芳久さんの本に、この箇所の解説があります。「何を愛しても何を手に入れても本当の満足が得られなかった。しかし、神と出会って、神を愛するようになって、真の恋人である神と出会って、自分の心は本当の満足をはじめて得ることができた。なぜなら、...
2022/12/11
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ①ミサ献金の少額硬貨(2月~11月分)26,060を円ブリオ基金に、ウクライナ支援(4月~11月分)151,000円をカリタス・ジャパンに送金いたしました。 ②「ゆるしの秘蹟」を信徒会館1階小部屋で行います。スケジュールは下記のとおりです。20日(火)・21日(水)・22日(木) ①10:00~11:00 ②18:00~19:00 ③来たる、1月1日(日)に行います新成人・祝福式のお知らせをお送りいたしました。出欠席のハガキを18日迄にご返送ください。なお、成人を迎える方でご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。 ④駐車場使用について 関係者以外の無断駐車が目立ちます。信徒が駐車場を使用する際は、必ず駐車許可証をダッシュボードに掲示してください。また、幼稚園閉園時、教会閉館時間帯は駐車場門扉を閉めますので、時間外の駐車はできません。ご注意ください。   ⭐︎教会委員会より ①みこころレター13号が発行されました。久留米教会の今年1年の振り返り、様々な活動の紹介、決算報告などを掲載しております。お知り合いの方などにお渡ししていただいて結構ですので、是非、お持ち帰りください。 ②今月12月は、「維持費納入推進月間」です。皆さま...
2022/12/05
待降節
宮﨑神父様はお説教の中で、たびたびおっしゃっています。 「自分がいつ天に召されるかはだれにも分からない。 いつも、目を覚ましていなさい。」   神は最も普通の日常、毎日の生活の中に隠れておられるということを忘れないようにしよう。神は日々の仕事の中に、偶然の出会いの中に、時には助けを必要とする人の中や、退屈な灰色の日々の中にもおられ、わたしたちを呼び、話しかけ、わたしたちがどのように行動すべきか促される。 この待降節、無気力を振り払い、眠気の中から目を覚そう。意識し、注意深く、目覚めて生きているか、日常生活の様々な状況における神の存在に気づく努力をしているか、自問しよう。もし、今日、わたしたちが神の訪れに気づかないならば、終わりの時が来ても、準備できていないだろう。だから、目覚めていよう。 教皇フランシスコ 11/27 正午の祈りでの説教より   先週、友人のお兄様が亡くなられたと連絡がありました。まだ50歳でした。家族と夕食を食べていて、突然倒れられたそうです。 持病があったわけではないそうなので、こどもたちと食事中に自分が天に召されることになるとは、夢にも思っていらっしゃらなかった...
2022/12/04
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より・本日(4日)は、宣教地召命促進の日になっており、今日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願い致します。 ・熊本地震復興支援・西原村のお米が届きました。 注文された方は、事務室にて、お受け取りください。 ・ミサ献金の少額硬貨(2月~11月分)26,060を円ブリオ基金に送金いたしました。 ・「ゆるしの秘蹟」を信徒会館1階小部屋で行います。 スケジュールは下記のとおりです。 20日(火)・21日(水)・22日(木) ①10:00~11:00 ②18:00~19:00 ・来たる、1月1日(日)に行います新成人・祝福式のお知らせをお送りいたしました。 出欠席のハガキを18日迄にご返送ください。 なお、成人を迎える方で、ご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください ・駐車場使用について 関係者以外の無断駐車が目立ちます。  信徒が駐車場を使用する際は、必ず、駐車許可証をダッシュボードに掲示してください。 また、幼稚園閉園時、教会閉館時間帯は、駐車場門扉を閉めますので、時間外の駐車はできません。 ご注意ください。 ⭐︎教会委員会より・12月は「教会維持費納入推進月間」です。 皆さまの維持費とミサ献金を基盤にし...