新着情報
04/06
四旬節
久留米教会は美しい。久しぶりに訪れてみて、その威厳に満ちた佇まいを見て心からそう思いました。   5日日曜日は受難の主日(枝の主日)、イエス様のエルサレム入場を記念する日でした。 『集会祈願』わたしたちが、主とともに苦しみを耐えることによって、復活の喜びをともにすることができますように。   久留米教会は、平日の午後のみ、皆さんの祈りの場として開放されています。聖書と典礼も、4月分が置かれています。   以下、教皇フランシスコ 2020年3月27日新型コロナウイルスの感染拡大にあたっての「特別な祈りの時」でのことば(ローマと全世界へ)から抜粋しています。 この四旬節、あなたの差し迫った呼びかけが聞こえます。「回心せよ」、「今こそ、心からわたしに立ち帰れ」(ヨエル2・12)。主はこの試練の時を選びの時とするようわたしたちに求めておられます。それはあなたの裁きの時ではなく、わたしたちの判断の時です。何が重要で、何が一過性であるかを識別し、必要なものとそうでないものを見分ける時です。人生が向かう方向を、あなたと他者に向けて定め直すときです。 主はわたしたちに呼びかけておられます。この...
聖週間は、以下の通り、非公開でミサが捧げられます。 信徒はミサに与ることは出来ませんが、同じ時間に各家庭にて心を合わせてお祈りください。   4月 5日(日)枝の主日 6:30 4月 9日(木)聖木曜日  19:00 4月10日(金)聖金曜日(大斎・小斎)19:00 4月11日(土)聖土曜日 19:00 4月12日(日)復活の主日  6:30   福岡司教区内で、公開のミサはすべて中止となっております。 世界中で、信徒が教会でのミサに与れない現状であるという現実についても思いを馳せ、ともに祈りましょう。 カトリック久留米教会
ドイツのメルケル首相の16の講演とインタビューをまとめた一冊の本があります。 『わたしの信仰 キリスト者として行動する』という素晴らしいタイトルがついています。   この本は、彼女のキリスト者としての信念を根底に置いた力強い指導力を垣間見ることができます。 現在、わたしたちは困難な時代の中にあると言えるのではないでしょうか。そんなときに、メルケル首相のこの本を読んで、力づけられました。 「紀元前5世紀前半、イスラエルの歴史においては困難な時代でした。でも、イスラエルとユダヤ民族の歴史において「困難」でなかったときがあるでしょうか。何千年にもわたるイスラエルの歴史は、大きな苦しみの道でしかなかったようにも読めます。平和で幸せな時期もごくわずかに混じっていますが、ほとんどは苦難と痛みと悲劇の連続のようでした。 ユダヤ人の何千年もの歴史のなかで、彼らの希望と生命力の強さを目の当たりにするならば、大いに畏敬の念に襲われるでしょう。この民族は常に、神が歴史の本来の主であるという信仰の掟を守り続けたのです。 この世界が直面する脅威や不安、破滅の淵を目にして、日ごとにおかしくならずにいられるでし...
福岡司教区より、新型コロナウイルス感染症に伴う、ミサ中止延長の発表されました。一部抜粋して以下にお知らせいたします。 共同体での公開ミサ聖祭挙行中止を 4 月 30 日まで延長し、信徒の皆さんの主日ミサ参加義務を免除致します。 詳細につきましては、聖堂にプリントして用意しております。または、福岡司教区ホームページhttp://fukuoka.catholic.jp/にてご確認ください。 平日12~16時、聖堂を開放しております。聖体訪問にいらしてください。「四旬節・愛の献金」へのご協力をお願いいたします。「聖書と典礼」、「教区報」等、ご用意しておりますので、お持ち帰りください。 各家庭にて、コロナウイルス感染の終息と、これに苦しむ人々への慰めに対し、心を合わせてお祈りください。 カトリック久留米教会
イエズス会の英(はなふさ)神父様の本に、こういうくだりがありました。 日本の教会はすでにイエスの口から吐き出されてしまったのだろうか。主任司祭が不在になっている教会は多い。そのとき、信者さんの心配はただ一つだけである。 日曜日のミサはどうなるのか。 もちろんそれは大きな問題だが、日曜日のミサさえあれば、それで教会と言えるだろうか。もちろん日曜日のミサは中心的なものだが、それだけで教会が成り立っているわけではない。 今こそ、教会のメンバーすべてが目を覚ますように、主から望まれているのではないだろうか。イエスは次のように語っている。 わたしは愛する者を皆、叱ったり、鍛えたりする。だから、熱心に努めよ。悔い改めよ。(黙示録3,19) 四旬節という、わたしたちキリスト者にとって最も大事なシーズンに入った途端にミサができない事態となりました。 この本は、今のコロナウィルスによる影響について書かれているわけではなく、カトリック教会全体の今置かれている危機的状況について書かれたものです。 ですが、今のわたしたちへのメッセージとも受け取れないでしょうか。   前イエズス会総長のアドルフォ・ニコラス...
日曜日にはミサに与り、一堂に会し、感謝をささげ、御聖体をいただく。 これまで当たり前だったことが、これほどの喜びだったとは、、、と多くの方が感じられでいるのではないでしょうか。 パパ様は「ミサで集まることができなくても、ウィルスに感染している方、そのために働く医師、看護師、ボランティアで対応する方、そのご家族のために特に祈りを捧げてください。」とビデオメッセージでおっしゃっていました。   ミサのない日々でも、こうして花壇のお手入れをしてくださっている方がいらっしゃることを心に留めてください。   「なぜ、新約聖書はギリシャ語で書かれたのか。」 という質問を、ある神父様にしてみました。 ◆アレクサンドロス大王(在位BC336~323)の東方遠征以降、「コイネー」と呼ばれるギリシャ語が、地中海沿岸全域で共通語として用いられた。 ◆広く多くの人々に教えを広めるためには、バビロン捕囚後、異邦人世界に離散したユダヤ人たちの言葉であるヘブライ語ではなく、ギリシャ語で書くことが最善策であった。(移住先での暮らすユダヤ人たちは次第にヘブライ語を理解できる人が少なくなり、ギリシャ語など移住先の言...
 福岡司教区より、新型コロナウイルス感染症に伴う、ミサ中止延長の発表されました。一部抜粋して以下にお知らせいたします。 3月15日(日)から29日(日)まで、公開のミサを中止いたします。この期間、主日のミサ参加義務を免除いたします。 久留米教会にて、予定されていました黙想会は、中止。共同会心式は延期といたします。 カトリック久留米教会
03/09
四旬節
教会でみなさんとごミサに与り、言葉を交わす通常に、一日も早く戻ることができますように。 今年の四旬節は、いつもとは違う、特別な意味を神様がお与えになっているのかもしれません。 使徒的勧告「喜びに喜べ」145ささやかな愛情表現を大切にする共同体では、成員が互いに気遣い合い、開かれた場、福音化の場を築いており、そこは、御父の計画のとおりにご自分をささげられた復活の主の現存の場です。     パパ様からの四旬節メッセージを読みながら黙想してみました。 使徒的勧告『キリストは生きている』の中で若者に向けて記したことを、あらゆるキリスト者と分かち合いたいと思います。「十字架につけられたキリストの広げた腕を見つめなさい。幾度も幾度も繰り返し救っていただきなさい。そして自分の過ちを告白しようとするときは、罪の憂いから解き放ってくださるキリストのあわれみを、固く信じてください。深い思いがこもった流れるその血をじっと見つめ、その血で清めていただきなさい。そうすればあなたは、つねに新たにされるでしょう」(123)。 イエスの過越は過去の出来事ではありません。聖霊の力によって、つねに今ここにある出来...
03/02
四旬節
四旬節の意味について、パパ様が一般謁見で述べられたお言葉を抜粋してご紹介します。 キリスト教信仰と一年の典礼の中心である復活祭へと向かう、この「四旬節」の歩みは、公生活前に荒野で40日間の祈りと断食の日々を過ごしたイエス様に従うもの、と話され、キリスト者にとって「荒野」が示す精神的意味を説明されました。 自分が荒野にいると想像するよう招かれたパパ様は、そこで最初に感じるのは大いなる沈黙ではないだろうかと述べられました。 荒野は、わたしたちを取り囲む騒音から離れ、その沈黙の中で、風のように吹き、心に触れる神の御言葉を聴く、まさに「御言葉の場所」である。 実際、聖書では、主は荒野でご自身の民に話しかけることを好まれる。神がモーセに十戒を託されたのは、荒野においてであった。荒野は「孤独の場所」である。今日もわたしたちのまわりには多くの荒野がある、貧しい人やお年寄りなど、疎外され見捨てられた多くの人々の存在である。荒野は無言のうちに助けを求めるこれらの人々へとわたしたちを導き、四旬節の歩みは最も弱い立場の人々に向かう愛の歩みとなる。   イスラエルの荒野の風景です。     パ...
02/26
今週のお知らせ
主任司祭より ・司教区より「緊急のお知らせ」が届いております。明日27日(木)から3月14日(土)まで、ミサを中止致します。信徒には主日のミサに与る務めがありますが、3月1日と8日のミサ参加義務を免除致します。ミサ以外の集まりについても、中止いたします。入門講座、聖書講座は休講、四旬節中の金曜日の十字架の道行きは中止といたします。「緊急のお知らせ」については、掲示板をご覧になり、ご確認下さい。 ・復活祭に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、22日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、4月5日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・四旬節中『愛の献金』が行われています。皆様のご協力をお願いいたします。 ・22日(日)9:00ミサ前後に、サンパウロの出張販売が行われます。販売品のリクエストがある方は、15日(日)までに掲示板の申込用紙にご記入ください。 ・25日(水)~27日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。   ピース9の会より 「本バザー」収益は、17,750円でした。10,000円を「船津助祭の叙階に向けての醵...
 司教区より、新型コロナウイルス感染症に伴う、ミサ中止についての発表がされました。一部抜粋して以下にお知らせいたします。 2月27日(木)から3月14日(土)まで、公開のミサを中止いたします。3月1日、8日(日)のミサ参加義務は免除されます。 ミサ以外の集まりについても、中止か延期をしてください。※本日の灰の水曜のミサは、予定通り行います。 カトリック久留米教会
久留米教会の春の風景です。     「自分の信仰が弱い」と感じることがあります。 強弱で表すのはおかしな言い方かもしれませんが、ふとしたとき、つい神様への信頼を忘れかけたとき、「あぁ、なんと弱いことか」とへこむのです。 おなか一杯に夕食を食べた翌朝、ものすごい空腹感で目覚めるように、恵まれた日々に幸せと感謝を感じた翌日には、つまらないことで落ち込むことがあります。   聖書の中で、神様への信仰と従順の究極の逸話と言えば、真っ先に思い浮かぶのはアブラハムとイサクのストーリーでしょう。 アブラハムは100歳の時に、とうに諦めていた子ども、一人息子のイサクを思いがけなく授かります。 数年後、神様はアブラハムを試みられます。「お前の愛するひとり子のイサクを焼き尽くす捧げものとしてささげよ」 聖書には、驚き慌てた、とも妻に相談した、とも記されていません。翌朝、粛々と準備をし、供を連れてイサクとともに3日も歩き続けます。歩いていた3日の間に、葛藤や怒りが渦巻いた様子もありません。 「二人はともに進んでいった」 と2回、記述があります。創世記22・6~8 イサクも、父への信頼の中で、ともに進む...
02/23
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(23日)9:00ミサ後、教会委員会です。関係各位は、信徒会館2階にお集まりください。 ・今週26日は『灰の水曜日』です。当日は19:00よりミサ、灰の式があります。また、当日は大斎小斎日になっています。(※大斎とは、1日に1回だけ十分な食事をとるか、2回に分け、少量ともできます。60歳未満の成人信者にはその遵守が義務づけられています。ただし、病気、出産前後、精神的あるいは肉体的重労働などによる妨げとある場合には大斎の義務はありません。小斎とは嗜好品(例えば、コーヒー、タバコ、酒類)を控えることで、14歳以上の信者に守る義務があります。朝ミサは通常通りです ・来週1日(日)9:00ミサの中で、『洗礼志願式』を行います。復活祭に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月22日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、4月5日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。 ・来たる3月25日(水)~27日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。   ピース9の会より ・本日(23日)9:00ミサ後、「本のバザー」を行います。 &...
偉大な芸術作品に聖書を題材にしたものが多いことは、以前も記事にしました。現代においても、絵画、音楽、映画、小説の中に聖書の物語が意外とちりばめられています。 その聖書の箇所を知っているのと知らないのとでは楽しみ方も違ってきます。   昨年、19世紀フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローの展覧会が福岡市美術館で開催されました。 一番のお目当ては、洗礼者聖ヨハネとサロメにかかる作品群でした。それだけでもおよそ30作品が展示されていました。     展覧会の出口には、こうして撮影可能な巨大な作品の写真がありました。この作品も、ヨハネとサロメのストーリーを知らなければ鑑賞を満喫できません。 そんな中でもわたしが一番衝撃を受けた作品は、象徴主義性の集大成的な傑作『人類の生』です。   (この写真は2種類ある作品うちの一つで、今回展示されていたものとは違います。) 写真引用 http://www.salvastyle.com/menu_symbolism/moreau_hummanite.html 1870年代末には構想が練られていたことが判明している作品で、聖書中の主題や神話の逸話から9つの場面を選定し人類の3つの時期を表した祭壇画形式の大...
02/16
今週のお知らせ
主任司祭より ・現在、報道にもあるように中国の湖北省(武漢市)を中心に、新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生が報告されており、国内においても感染者が確認されています。「感染症対策へのご協力のお願い」を掲示しております。ご理解とご協力をお願いいたします。 ・26日は『灰の水曜日』です。灰の準備をいたしますので、昨年の枝を23日(平日も可)までに教会の方へお持ちください。また、当日は19:00よりミサ、灰の式があります。(大斎小斎日になっています。)2020年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭、または事務室に提出をお願いいたします。 ・来たる3月25日(水)~27日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。   ピース9の会より ・本日(16日)9:00ミサ後、教皇フランシスコの「殉教者への表敬」を読んで分かち合います。 ・23日(日)9:00ミサ後、「本のバザー」を行います。※商品は募集しておりません。  
02/10
その他
昨日は、久しぶりの宮﨑神父様のごミサに森山神父様も来てくださり、久留米教会は本当に恵まれていることを痛感した日曜日でした。   自然災害、病気、事故はいつの時代もわたしたちをふいに襲う悲劇です。 オーストラリアの森林火災はまだ燃え続けています。 新型のコロナウィルスの感染拡大はどこまで広がるのでしょうか。 交通事故の発生しない日はないのではないでしょうか。   病気治療中の知人に「お祈りしています」と言葉をかけても、それは自己満足でしかない、と感じることもあります。 そう感じたとしても、ぜひ「お祈りしています」と声をかけるか、カードに書いて送ってください。 わたしが病気をしてながく入院していたとき、(今のように携帯でメッセージ、という時代ではなかったからですが)励ましのカードや手紙が病室に届くのが楽しみで、とても嬉しかったことを思い出します。 「忘れていませんよ」「あなたのためにお祈りしましたよ」 その気持ちがとても励みになったものです。 『なぜ私だけが苦しむのか』現代のヨブ記 この本を読んで、ショックを受けました。 「苦難は神様から与えられる試練だ」と信じて生きてき...
02/09
今週のお知らせ
主任司祭より ・現在、報道にもあるように中国の湖北省(武漢市)を中心に、新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生が報告されており、国内においても感染者が確認されています。「感染症対策へのご協力のお願い」を掲示しております。ご理解とご協力をお願いいたします。 ・教皇訪日の際の記念カードが増刷されて送られてきましたので、教皇ミサに参加出来なかった方は、ぜひお持ち帰りください。 ・来たる3月25日(水)~27日(金)に行われる『四旬節黙想会』の日程を掲示していますのでご覧下さい。26日は『灰の水曜日』です。灰の準備をいたしますので、昨年の枝を23日(平日も可)までに教会の方へお持ちください。また、当日は19:00よりミサ、灰の式があります。(大斎小斎日になっています。) ・2020年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭、または事務室に提出をお願いいたします。   ピース9の会より ・16日(日)9:00ミサ後、教皇フランシスコの「殉教者への表敬」を読んで分かち合います。 ・23日(日)9:00ミサ後、「本のバザー」を行います。※商品は募集しておりません。   事務室より 11日(火)~13...
カトリック久留米教会信徒の皆様 感染症対策へのご協力のお願い   この数週間、新型コロナウイルスによる感染症の発生が報じられ、国内でも数例の感染事例が公表されています。不確かな情報に基づいていたずらに不安をあおるようなことは避けなければなりませんが、ある程度の常識的な感染予防措置をもって備えることは、不特定多数が定期的に集まる教会になので、たいへん大切なことです。 以下に記す諸事項にご留意くださるように、お願いいたします。皆様が、教会内外の兄弟姉妹の心身の健康に思いを馳せ、賢明な行動をとってくださることをお願い致します。   1:一般的な衛生対策として、咳エチケットに配慮し、手洗いを心がけましょう。聖堂や信徒会館の入り口に、手指消毒用のアルコールを設置いたしますので、それをご使用ください。   2:体調不良の場合は、無理をせずに、ミサの参加の自粛をお願いします。具体的には、咳、発熱、呼吸困難ですが、特に、咳や37.0°C以上の発熱などの風邪症状がある人は当面の間、ミサに来ることをお控え下さい。なお2月10日から当面の間、風邪に類似した症状で体調が優れない場合は、主日のミサに与...
先週は司教館の青木神父様、昨日はジュゼッペ神父様がごミサに来てくださいました。 毎週違った神父様のお話を聞くことができる、というのも贅沢なものです。     先週のごミサと今週のごミサが違うものであるように、昨日と今日は、まったく別のものです。 以前ある神父様が、遠方の町の教会にミサに呼ばれ高速道路で帰る際についうとうとしてしまった、というお話をされました。 「片道2時間ほどかかる道中、睡魔に襲われ、高速道路の壁に激突してしまいまいた。幸い、前後に他の車はおらず、自分のケガも大したことはなかったけれど、さっき司式した今日のミサが自分の司祭生活の最後のミサになっていたのかもしれない。心を込めて務めただろうか。次からは、毎回『今日のミサが人生最後』と思って務めよう、と心に誓った。」   今日、という日は今この瞬間のことでもあります。 24時間という時間軸ではなく、神様を感じたそのときが、今日となるのです。 御ひとり子は人となられ、きょう神殿に捧げられました。わたしたちも聖霊の光に従い、罪のやみを捨て、みずからをあなたにささげることができますように。 昨日の集会祈願のことばを聞い...
02/02
今週のお知らせ
主任司祭より ・3月20日に船津助祭の司祭叙階式が行われるとお知らせいたしましたが、長崎教区の助祭の間違いでしたので、訂正いたします。船津助祭の叙階式の日程が決まりましたら、改めてお知らせいたします。 ・4日(火)入門講座、6日(木)聖書講座は、お休みです。 ・2月のヨゼフ会は、16日(日)9:00ミサ後にいたします。 ・26日は『灰の水曜日』です。灰の準備をいたしますので、昨年の枝を23日(平日も可)までに教会の方へお持ちください。また、当日は19:00よりミサ、灰の式があります。(大斎小斎日になっています。) ・2020年度の年間スケジュールを作成いたしますので、各会の年間予定を2月末日までに主任司祭、または事務室に提出をお願いいたします。   女性の会より ・本日(2日)9:00ミサ後、定例会を信徒会館1階にて行います。   主和の会より 2月の手話通訳付ミサは、9日(日)9:00です。また、本日(2日)、23日9:00ミサ後、司祭館3階にて手話の勉強会を行います。初心者も大歓迎です。