新着情報
07/06
その他
  名誉教皇ベネディクト16世の兄、ゲオルグ・ラッツィンガー師が帰天されました。 「わたしが小さな時から、兄はわたしにとって同志であるだけでなく、信頼のおける導き手でもありました。わたしに、方向性と拠り所をはっきりと、決然とした選択をもって示してくれました。困難な状況の時も、わたしに取るべき道をいつも示してくれました。」 これは、ベネディクト16世がゲオルグ氏についてかつて語られたおことばです。おふたりの関係は、強固な信頼関係のうえにあったことが、このたびのいくつかの報道からもよくわかりました。 (余談ですが、映画「2人のローマ教皇」を観てからすっかりベネディクト16世を見る目が変わりました!)   サマリアの女に井戸の水を飲ませてほしい、と頼まれた時のイエス様のことが思い出されました。 多くのエピソードは、死にそうな子どもを助けてほしい、病気を癒してほしい、という人々からイエス様への働きかけであるのに対し、イエス様の方から女性に頼みごとをするというこの逸話は、大変興味深いものです。 なぜか、イエス様はこのサマリアの女を信頼して自ら話しかけます。そして、最初はいぶかしがった彼女も少...
07/05
今週のお知らせ
主任司祭より ・7月7日(火)の朝ミサはございません。 ・7月14日(火)より、キリスト教入門講座を開講いたします。3密を避けるため、10:00、19:00ともに聖堂にて行います。なお、木曜日の聖書講座は引き続き休講します。   日曜学校より ・7月19日(日)9:00ミサの中で、初聖体の式を行います ・9月13日(日)より日曜学校を再開いたします。   教会委員会より ・船津助祭の司祭叙階祝いに送る祝儀と霊的花束、また、アベイヤ司教様への霊的花束にもご協力をお願いいたします。 ・土曜日の聖堂掃除へのご協力をお願いいたします。来週11日は、2班の皆さんです。 ・叙階式の準備のために、19日(日)11時ミサ後、椅子の移動、22日(水)10時より聖堂等の掃除を行います。ご協力をお願いいたします。  
29日の聖ペトロの祝日に併せ、宮﨑神父様の霊名をお祝いしました。 ジュゼッペ神父様がお祝い(?)の演奏を披露してくださいました! いよいよ来月23日には、この久留米教会において、久留米教会出身の船津亮太助祭の司祭叙階式が行われます。今、久留米教会は喜びとお恵みに満ちています。   先日、ある神父様とじっくりお話をする機会に恵まれました。その神父様の「キリスト者とはなにものか」というお考えが面白いのです。 もし、わたしが「信者ってどういうひと?どういう生活?」と聞かれたら、うまく説明できないと思うのです。 「どうせ、信仰を持っていない人には理解できないだろうなぁ、、。神に祈りを捧げる生活をしている人とか言ったら引かれるかも、、、」と思ってしまいます。 神父様は『しょっちゅう、イエス・キリストという人とおしゃべりしている人』と表現されました。 なるほど!!と目からウロコでした。   何事も、ちょっとずらして考えてみると、違った見え方がしてくるものです。 宗像の黙想の家のこのご像、素晴らしいですね。   ローマ兵に連行されていくイエス様の様子が表現されています。 でも、わた...
06/28
今週のお知らせ
主任司祭より ・本日(28日)は、「聖ペトロ信徒座への献金」になっており、今日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願いいたします。 ・7月7日(火)の朝ミサはございません。 ・7月14日(火)より、キリスト教入門講座を開講いたします。3密を避けるため、10:00、19:00ともに聖堂にて行います。なお、木曜日の聖書講座は引き続き休講します。   日曜学校より ・7月19日(日)9:00ミサの中で、初聖体の式を行います。 ・9月13日(日)より日曜学校を再開いたします。   教会委員会より 船津助祭の司祭叙階式に届ける霊的花束、アベイヤ司教様への霊的花束にご協力をお願いいたします。   7月の主日ミサスケジュール   9:00 11:00 7月 5日(日) 1班・2班 3班・4班 7月 12日(日) 2班・3班 4班・1班 7月 19日(日) 3班・4班 1班・2班 7月 26日(日) 4班・1班 2班・3班  ※土曜 19:00、日曜 6:30のミサは、入場数(120名)の制限のみ
1.病人、基礎疾患のある信者の主日のミサにあずかる義務は免除されます。 2.通常行っている以外の教会に行くことはご遠慮ください。 3.主日のミサは、地区ごとに分けての参列とします。  各自、1~4班の主日のミサの時間を順守してください。 4.公開ミサに与る際には、次のことを徹底してください。 ① 3蜜を避けるため、主日ミサの時間を地区ごとに分け、1回の入場数を120名迄とします。    土曜19:00、日曜6:30のミサは、入場数の制限のみとします。   聖堂に入る際は、係の指示に従ってください。  7月5日(日)     9:00=1班・2班      11:00=3班・4班  7月12日(日)    9:00=2班・3班  11:00=4班・1班  7月19日(日)    9:00=3班・4班  11:00=1班・2班  7月26日(日)    9:00=4班・1班  11:00=2班・3班 ② マスクを着用、手指の消毒、手洗いをお願いいたします。   詳細について、以下の書面をよくご理解いただいた上でご参列くださいますようお願いいたします。 *参考*(住所によって4つの班に分かれていますので、ご...
ミサが再開されて3週間。土日3回の主日のミサはいずれも100名前後の参列者です。   第2朗読の一説に心を惹かれました。 実にアダムは、来るべき方を前もって表す者だったのです。(ローマ5・14)   神様がアダムとイブ、カインに質問をされている場面は、わたしたちに対する問い掛けと読むと面白いものです。 神様はアダムに質問されます。 「あなたはどこにいるのか」 アダムは答えます。 「園の中であなたの歩まれる音を聞き、わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです」「あの女が、木からとってくれたので、(仕方なく)食べたのです」 神様はイブに問い掛けます。 「あなたは、なんということをしたのです」 イブは答えます。 「へびがわたしをだましたのです。」   2人とも、人のせい(へびのせい)にしています。 カインに質問されます。 「弟アベルはどこにいますか」 カインは答えます。 「知りません。わたしが弟の番人でしょうか」 今でいう、逆ギレのようです。   「なぜ神様はアベルの捧げものを好まれたのでしょうか」と2人の神父様に質問してみました。 おひとりの神父様のお答えは、「コヘレトにある...
06/21
今週のお知らせ
主任司祭より ・コロナウイルス感染拡大防止のため、公に終息宣言がされるまでは、現状のミサのやり方を続けます。ご協力をお願いいたします。 ・本日(21日)9:00ミサ後、教会委員会を行います。各役員の出席をお願いいたします。 ・7月14日(火)より、キリスト教入門講座を開講いたします。3密を避けるため、10:00、19:00ともに聖堂にて行います。なお、木曜日の聖書講座は引き続き休講します。 ・船津助祭の司祭叙階式の日時が決まり、7月23日(木)14時から行われます。参加は、招待者のみとなりますことをご了承下さい。皆さまのお祈りをお願いいたします。なお、初ミサは、7月25日(土)19時、26日(日)9時、11時の3回行われます。叙階式の詳細につきましては、本日ミサ後、主任司祭より説明をいたします。   日曜学校より ・7月19日(日)9:00ミサの中で、初聖体の式を行います。 ・9月13日(日)より日曜学校を再開いたします。   事務室より 福岡教区の司教としてヨゼフ・アベイヤ司教様をお迎えすることとなりました。喜びの声を届けるとともに、教区一致のしるしとして霊的花束を司教様に届けたいと思います。予定されている「福岡教区司教就任感謝ミ...
14日のミサでの第一朗読は申命記からでした。 主はあなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出し、炎の蛇とさそりのいる、水のない乾いた、広くて恐ろしい荒れ野を行かせ、硬い岩から水を湧き出させ、あなたの先祖が味わったことのないマナを荒れ野で食べさせてくださった。 (申命記8・14) 自分たちが他国で奴隷の身であったこと、苦難に耐えて生きてきたことを決して忘れるな。だから、在留する他国の人、やもめや孤児を虐げてはならない。 度々書かれているこのくだりがとても好きです。 人種差別も性差別も、この観点でみなが生きるならばこれほど混乱した世界にはならなかったはずなのに、と思うのです。 昨日のごミサでは手話通訳が行われ、通訳者はフェイスシールドを着用しました。     人はこの世の命が終わったら、もう生者のために働くことはできないのか。 生者が死者のために祈ることには意味があるのか。 これは、身近な大切な方を亡くした経験のある人にとっては「とんでもない!」となる問いです。   ギリシャ語には「命」を表す2つの言葉があります。 「ゾエ」は永遠の命「ビオス」は現世の命 ギリシャ語で書かれたヨハネ...
06/14
今週のお知らせ
主任司祭より ・コロナウイルス感染拡大防止のため、公に終息宣言がされるまでは、現状のミサのやり方を続けます。ご協力をお願いいたします。 ・19日(金)は、当教会の守護者イエスのみこころのお祝い日です。13:30よりミサを行います。 ・21日(日)9:00ミサ後、教会委員会を行います。各役員の出席をお願いいたします。 ・7月14日(火)より、キリスト教入門講座を開講いたします。3密を避けるため、10:00、19:00ともに聖堂にて行います。なお、木曜日の聖書講座は引き続き休講します。   日曜学校より ・7月19日(日)9:00ミサの中で、初聖体の式を行います ・9月13日(日)より日曜学校を再開いたします。   福岡教区信徒使徒協議会より 福岡教区の司教としてヨゼフ・アベイヤ司教様をお迎えすることとなりました。喜びの声を届けるとともに、教区一致のしるしとして霊的花束を司教様に届けたいと思います。予定されている「福岡教区司教就任感謝ミサ」で奉納します。ご協力をお願いいたします。 意向:ヨゼフ・アベイヤ司教、司祭、修道者、信徒が希望の光のうちに歩むべき道を見いだし、それぞれの賜物を生かしながら、「一緒に」、力強く歩んでいくこ...
久しぶりに、本当に久しぶりに多くの方々とお会いでき、ミサに与ることができた日曜日でした。 土曜日の夜のミサ、日曜日の6:30.9:00.11:00の主日ミサ、いずれも100名以下のご参列でしたので混乱もなく、皆さん注意事項を守って、3か月ぶりの主日ミサに静かに与ることができました。  嬉しいお知らせです!吉浦神学生の久留米教会での司牧実習がスタートしました。4月から1年間の予定だったのですが、昨日がデビューでした!! 一見、新しい形のミサが始まったようにも思えます。 変わったのは「ミサの形式」でしょうか。参列するわたしたちの「意識」でしょうか。 以前は4~5人で座っていた椅子には2人まで、配布された聖書と典礼は必ず持ち帰る、聖歌は歌わず唱える。 しかし勘違いしてはいけないと思うのです。これは、変化ではありません。       カトリック生活6月号の来住神父様のお話は、少し衝撃的(いい意味で)でした。 タイトル「教会は、たぶん変わらない」 ミサのありがたさを再認識する人もいるだろうが、ミサに行かなくても暮らしは回ることを再認識する人もいるだろう。意気込みを挫くシニカルな発言だろうか...
06/07
今週のお知らせ
主任司祭より  新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2月末から中止されていました公開ミサが、今月1日より再開されることになりました。しかし、緊急事態宣言が解除されたからといって、予断が許されない状況に変わりはありません。 なぜならば、この新型コロナウイルスは、これまで人類社会が体験したことのない感染病で、その恐ろしさは症状が現れるのに1週間から10日間かかり、しかも、最悪の場合早死することにあるからです。  教会は三密(密集、密接、密閉)になりやすい環境にあります。そのため、日曜日のミサに与るには、教会からの「お知らせ」をしっかりと銘記し、決められたことを遵守してください。私たち一人ひとりが感染症に関しての理解を深め、責任ある行動に務めることが、最も大事なことです。  最後に、私たちカトリック信者にとって信仰生活の中枢であるミサに与り聖体拝領ができることが、如何に大きな恵みであるかを再認識し、神に感謝することを忘れないようにしましょう。   ※ミサに与るための注意事項については、裏面を銘記してください。また、立席でミサに与ることはできません。その他、案内係の指示、指導には従ってくだ...
いよいよ6月1日、今日の朝ミサから再開されました。もう一度、自分たちにとってのミサとは何なのか、を考える良い機会です。 イエズス会前総長、元上智大教授、アドルフォ・ニコラス神父様が5月20日にお亡くなりになりました。 ニコラス神父様の上智大学での講演内容について、3月にこのホームページでご紹介しました。『教会の秘跡としてのミサ』というタイトルの講演で、教会とミサの役割についてのお話です。 長らくミサに与れない日が続いていたわたしたちにとって、とても大切なことが書かれていますので、今日はもう一度、その内容をかいつまんでご紹介したいと思います。 最初に結論をまとめてみます。 ニコラス神父様のおっしゃるミサの意味は、 「聖餐は、個人の信心の場だけではありません。それはキリストの体の秘跡であり、すなわち教会の体の秘跡です。教会の自己表現、教会の生きる場です。教会が聖餐を祝います。そのとき逆に、聖餐は教会を造ります。そこから答えが与えられ、そこから新しい歩み、現実への対応、自発性が生まれます。」   公開ミサが中止となったこの3か月の間に、信徒の皆さんもそれぞれのご家庭やご自身で「ミサとは何な...
《ミサの諸注意について》 1.各時間のミサの定員を120名としますので、達しましたらご入場いただくことはできません。 2.病気、基礎疾患のある方の参列は、お控えください。 3.通常、行っている以外の教会に行くことはご遠慮ください。 4. ミサに与る際には、次のことを徹底してください。 ① 前方の席をご利用ください。椅子には、2名まででご着席ください。 ② マスクを着用、手指の消毒、手洗いをお願いいたします。 ③ 典礼聖歌集等には、お手を触れないでください。 5.修道院でのミサ(木~土)は非公開のミサになっており、一般信徒は参列出来ません。   《聖堂開放について》 1.平日の聖堂開放時間は、12:00~16:00です。 2.聖堂の出入り口は、正面左側のドアのみといたします。 3.聖体訪問、お祈りをされるときは、前方の席をご利用ください。   皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。 カトリック久留米教会
6月1日より、公開ミサを再開いたします。 1.病人、基礎疾患のある信者の主日のミサにあずかる義務は免除されます。 2.通常行っている以外の教会に行くことはご遠慮ください。 3.主日のミサは、地区ごとに分けての参列とします。  各自、1~4班の主日のミサの時間を順守してください。 4.公開ミサに与る際には、次のことを徹底してください。 ① 3蜜を避けるため、主日ミサの時間を地区ごとに分け、1回の入場数を120名迄とします。    土曜19:00、日曜6:30のミサは、入場数の制限のみとします。   聖堂に入る際は、係の指示に従ってください。  6月7日(日)     9:00=1班・2班      11:00=3班・4班  6月14日(日)    9:00=2班・3班  11:00=4班・1班  6月21日(日)    9:00=3班・4班  11:00=1班・2班  6月28日(日)    9:00=4班・1班  11:00=2班・3班 ② マスクを着用、手指の消毒、手洗いをお願いいたします。   詳細について、以下の書面をよくご理解いただいた上でご参列くださいますようお願いいたします。 カトリック久留米...
もう、紫陽花の季節になりました。 わたしたちの新しい生活が進むにつれ、季節も神様が与えられたその時を知っていて、前に進んでいるのですね。   「神はどこにいるのか」という問いは、人類がこれまで繰り返し問うてきたように思います。 特に、困難な時代、戦争、大規模な自然災害の際には、神はどこに?とつい思うのが人間でしょう。 神がそれらの困難を引き起こしているのではない、我々人間の仕業、傲慢な生活の末に我々自身が引き起こしているのだ、ということについては以前ここに書きました。 今日は、違う視点から考えてみます。   モーセは荒野の山の麓で、燃える柴の中から神の声を聞きます。 「わたしの民イスラエルの子らをエジプトから導き出せ」 (出エジプト3・10) 「わたしは必ずお前とともにいる」 (3・12) 「わたしは『ある』ものである」 (3・14) 「これは永遠にわたしの名、これは代々にわたってわたしの呼び名である。」(3・15)   古代の神々には、名前があるのが普通でした。 黄泉の神イシス、太陽の神ラー、嵐の神バアル、などです。 ですからモーセは、あなたの名前を教えてください、と言ったのでし...
「愛」「愛する」という言葉は、口にすると少し気恥しい気がしますが、最近いくつかの「愛」にまつわる言葉を目にしたので、書いてみたいと思います。 5/17「世界広報の日」にあたっての教皇様のメッセージの一文です。 わたしたちを造り、救ってくださった愛を思い起こすなら、日々の物語の中に愛を差し込むなら、日常の筋書き〔横糸〕をあわれみで織るなら、そのときわたしたちは、ページをめくっているのです。 主とともに、ほころびや裂け目を修繕しながら、いのちの織物を再び織り上げることができるのです。   パパ様のメッセージはいつも愛に満ちていて、読んでいて涙が溢れそうになります。   1コリント13章は、パウロの愛の賛歌とでも言えるもので、とても好きな箇所です。 たとえ、わたしが人間の異言、み使いの異言を話しても、愛がなければ、わたしは鳴る銅鑼、響くシンバル。たとえ、預言の賜物があり、あらゆる神秘、あらゆる知識に通じていても、たとえ、山を移すほどの完全な信仰があっても、愛がなければ、わたしは何ものでもない。(13・1~3) 「その時」引き続き残るのは、信仰、希望、愛、この三つ。このうち最も優れているのは、...
05/11
聖書
ロザリオを手に、マリア様への祈りの毎日です。 ベツレヘムで買ったロザリオとマリア像です。 これがあるので、無敵の気分です。 そして、昨日の母の日の久留米教会の様子です。   ガリラヤ湖畔の小さな集落、タブハというところに、その名も『パンと魚の奇跡の教会』があります。 4つ全ての福音書に書かれている、5つのパンと2匹の魚で5000人の男性(女性と子どもはカウントされていないので、膨大な数の人々、という意味)の飢えを癒した奇跡を記念した教会です。 英語名は、Church of Multiplication of the Loaves and the Fishes 昨年の巡礼で訪れた際の写真です。(ピンボケですみません。。。)      よく見ると、魚にはなく、パンにだけ十字架のしるしがあるのがご覧いただけると思います。 わたしが命のパンである。わたしの所に来る者は、決して飢えることがなく、わたしを信じる者は、もはや決して乾くことがない。(ヨハネ6・35) わたしは天から降ってきた、生けるパンである。コのパンを食べる人は永遠に生きる。(ヨハネ6・51) わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む人は永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日...
通常(去年まで)のGWは、多くの方がお仕事、学校がお休みとなり、家族が帰省して賑やかだったことでしょう。 今年は、静かに新しい連休の過ごし方を楽しんでいるところです。 その一つが、最近よくご紹介しているインスタグラムの楽しみ方です。世界中の美術館が、おしみなく素晴らしい作品をどんどん紹介してくれています。バチカン美術館は、日々の聖書朗読の箇所に関連した作品をあげてくれています。パパ様のアカウントでは毎日、その優しいお顔やお声に触れることが出来ます!     ヨハネ・パウロ2世の、1997年のワールドユースデイでのメッセージです。 「わたしたちは、激変する世界の中で生きています。絶対と思われたイデオロギーも、終わりを迎えようとしています。地球上の多くの国の国境線を引き直さなければなりません。全世界の人々は、うろたえ、怯え、不安を感じています。(マタイ9・36)しかし、主のみ言葉は消え去ることはありません。歴史を読み返すとき、各時代は絶えず栄枯盛衰を繰り返してきましたが、主のみ言葉は、揺らぐことなく輝いています。(マタイ24・35)教会の信仰は、唯一の救い主、主イエス・キリストの上に、昨日...
04/27
復活節
教会は閉鎖されていますが、以前と同じように、事務の森さんと有志の方が聖堂を整えてくれています。     久留米教会の行事風景を、聖書の言葉と神父様、先輩方に教わったことを交えながら書いてきました。 ご紹介すべき行事がありません。神父様や先輩方とお会いしてお話することもありません。 ですが、素敵な写真をこうして撮影して送ってくれる友だちがいます。今週の記事についての感想を聞かせてくださる先輩方がいらっしゃいます。   外出自粛の生活の中で、読書の時間がたっぷりとあることは、お恵みのひとつでしょう。そして、信仰に関する本を読んでいると聖書を開いて確認したくなります。聖書を開き、以前、神父様に教わったことを書きこんでいる箇所に出会ったときの喜び! 「聖書に直接どんどん書きなさい。 聖書が汚れるくらい書いていいのです。」 と、よくおっしゃっていました。 (故人ではありません!お元気です。 東京で頑張っていらっしゃるようです!)   十字架の教えは、滅びてしまう者にとっては愚かしいことですが、救いの道を歩いているわたしたちにとっては神の力です。「わたしは知恵ある者の知恵を滅...
 アベイヤ司教様の予定と着座式について、教区よりお知らせが来ましたので、抜粋してお知らせいたします。 全国に緊急事態宣言が発令されたため、教区としての着座ミサの予定が建てられる状況ではありません。そこで、アベイヤ司教様のご意向のもと、以下のような予定を考えております。 ①4月27日(月)慎重に万全の対策のもと来福 ②5月上旬に、一部関係者のみでの着座式 ③コロナウイルス感染症の動向を図り、可能なら7月下旬に「司教就任感謝ミサ」 ただし、いずれもその時点での状況により、変更の可能性があります。   詳細につきましては、教区ホームページをご覧ください。http://fukuoka.catholic.jp/wordprss2/wp-content/uploads/2020/04/notice20200420.pdf カトリック久留米教会