新着情報
08/10
平和旬間
8月6日は、主の変容の祝日でした。 聖書には山の名前についての記載はないのですが、イエス様が山で預言者とともに語り合いながら光り輝く姿を弟子達に見せたと書かれています。 この世的な意味でのイエス様の勝利(イスラエルの解放)を願う弟子たちに対し、自らの受難を予言し続けたイエス様が、これから受ける苦難に際して信仰し続ける希望を与えるためにこの奇蹟を行ったと教えられています。 (マタイ17・1~ 9、マルコ9・2~8、ルカ9・28~36) 伝承では、山の名はタボル山と言われています。     去年のイスラエル巡礼の際に、タボル山の主の変容教会で撮影しました。 光り輝くイエス様と二人の預言者(モーセとエリヤ)、三人の弟子(ペトロ、ヨハネ、ヤコブ)が描かれています。     そう!描かれている、のではなく、モザイクの作品なのです。 素晴らしい。。。(今頃、、、ため息)   中央協議会のホームページには、この祝日についてこのように書かれています。 「教会は、ともすると、復活のいのちに至るまでの壮絶な苦しみという面を強調しすぎていたかもしれません。しかし、その苦難は、神の栄光を表す輝か...
08/09
今週のお知らせ
 感染防止対策のためのお願い ◆ミサに与るために以下の点へのご協力お願いいたします。 ①手指の消毒 ⇒ ②検温 ⇒ ③名前の記入 ⇒ ④聖堂に入場 ◆上記の手順を徹底するため、ミサが始まりましたらご入場いただくことはできません。 時間に余裕を持ってお越しください。   主任司祭より ・15日(土)11:00より、被昇天の聖母ミサを行います。班分けはございませんが、定員120名までとなっております。 ・来たる、9月6日(日)に敬老祝福式を行います。ご案内をお送りいたしましたので、8月末日までに出欠の返信をお願いいたします。なお、75歳以上(1946年3月生まで)の方で、ご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。 ・12月6日(土)に堅信式を行います。9月19日(土)より準備の為の要理講習会を始めます。計4回出席しなければ堅信を受けることはできません。なお、申し込み用紙に必要事項を記入の上、申し込んでください。(堅信を受けていない場合、教会での結婚式はできませんので、予定のある信者は、この機会に受けてください。)   日曜学校より ・9月13日(日)より日曜学校を再開いたします。   教会委...
08/07
ご協力のお願い
8月8日19時の主日のミサより、聖堂入場の際に検温を実施することになりました。 以下、重要なお願いですので、ご確認お願い致します。 ++++++++++++++++ ◆ミサに与るために以下の点へのご協力お願いいたします。 ①手指の消毒 ⇒ ②検温 ⇒ ③名前の記入 ⇒ ④聖堂に入場   ◆上記の手順を徹底するため、ミサが始まりましたらご入場いただくことはできません。   感染防止対策を確実にするためですので、ご理解をお願いいたします。 時間に余裕を持ってお越しください。   カトリック久留米教会
梅雨明けし、いよいよ本格的な夏がやってきました。   春先、コロナウィルスの市中感染が始まったころ、「夏になって気温が上がればウィルスは終息に向かうだろう」と報道で聞いたことがあります。現実には、現在、第2波とも第3派とも言われる感染状況です。 わたしたちは、自分に問い続けなければなりません。 「このことに、いったいどんな意味があるのだろうか。神様はどのようなことをわたしたちに語りかけようとしていらっしゃるのか。この現実の中、神様はどのように生きるようにとわたしたちを招かれているのだろうか。」   イエスはまた群衆にも仰せになった、「あなた方は雲が西に出るのを見ると、すかさず『雨になる』と言う。果たしてそのとおりになる。また南風が吹くと、『暑くなる』と言う。果たしてそのとおりになる。偽善者たち、あなた方は大地や空の模様を見分けることを知っていながら、どうして、今の時代を見分けることを知らないのか」。(ルカ11・54~56) この部分は「時代を見分ける」というタイトルがついています。いまのわたしたちにもスッと当てはまる教えかと思います。   コロナウィルスの感染拡大防止の対策に...
08/02
今週のお知らせ
主任司祭より ・アベイヤ司教様より、「新型コロナウイルス対応について」のお知らせが届いております。裏面(一部抜粋)と聖堂入口に掲示しておりますので、必ずご確認ください。また、各ミサの参加者名簿(2参照)を作成することになりましたので、あわせてご協力をお願いいたします。 ・8月3日(月)~7日(金)は、黙想会の為、また、10日(月)は、主任司祭は不在いたします。初金ミサ、朝ミサはございません。 ・15日(土)11:00より、被昇天の聖母ミサを行います。班分けはございませんが、定員120名までとなっております。   日曜学校より ・9月13日(日)より日曜学校を再開いたします。   教会委員会より ・アベイヤ司教様への霊的花束のご協力をお願いいたします。 ・毎週土曜日の10時より、各班毎に聖堂掃除へのご協力をお願いしています。来週8日は、2班の皆さんです。よろしくお願いいたします。  
教区からのお知らせ:新型コロナウイルスの中で公開ミサを続けるにあたって 新型コロナウイルス対応について 福岡2020年7月30日 兄弟姉妹の皆さん 主の平和 福岡教区司教ヨゼフ アベイヤ    公開ミサが再開されてから、もう二ヶ月が経過しました。北九州市の教会の場合は、特別な情況によって7月からでした。この二ヶ月の間、各教会や修道院で5月22日の手紙で示した基準を守りながら、ミサが行われてきました。皆様のご協力を感謝いたします。  最近の情報を見ますと、新型コロナウイルスの再感染拡大を心配することがあるだろうと思います。確かに、ウィルスの感染拡大を防ぐために努力をし続ける必要があります。政府も、各県の知事もこの点を強く呼びかています。「感染しない」、「感染させない」という姿勢がとても大事です。  私は、専門家の方々のご意見を受けて、これからの公開ミサを続けることにいたしますが、次の注意点を厳重に守っていただきたいと思います。 1.公開ミサについては、次のことを徹底してくださるようにお願いいたします。 ① 3密(密閉、密集、密接)を避ける② 侍者がいる場合は、同じように3密を避けることを徹底す...
新司祭がその教会で初めて執り行うごミサを「初ミサ」と呼びますが、本当に初めてのごミサを久留米教会で上げてくださいました!   最初のごあいさつです。 「司祭に叙階されて4日目のわたしがミサをちゃんと捧げることができるのか?と不安に思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。神様がわたしを通してミサを行ってくださるのです。」 (船津司祭らしい、誠実なお話しぶりです!) 「叙階にあたり、多くの方からお手紙をいただきました。そのなかにはお会いしたことのない方からのものもありました。全く知らない方からの本当の祈り、願いが込められたお手紙をいただきました。『この手紙の目的は、あなた様に叙階のお祝いを申し上げるためです。今日から司祭のための祈りを始めます』と書いてありました。この手紙はわたしにとって、宝です。」           宮﨑神父様が昨年イタリアで買ってきてくださったカリスを、久留米教会の信徒からの贈り物としてお渡ししました。   新司祭からの祝福は、全免償が与えられるとされています。     最後のごあいさつでは、こうお...
07/26
今週のお知らせ
主任司祭より ・8月3日(月)~7日(金)は、黙想会の為、主任司祭は不在いたします。朝ミサはございません。   日曜学校よ ・9月13日(日)より日曜学校を再開いたします。   教会委員会より ・献金はミサ中に集めません。各自が入堂の際に献金箱に入れてください。 ・アベイヤ司教様への霊的花束のご協力をお願いいたします。 ・毎週土曜日の10時より、各班毎に聖堂掃除へのご協力をお願いしています。来週1日は、1班の皆さんです。よろしくお願いいたします。   8月のミサ予定 主日のミサの時間を地区ごとに分け、1回の入場数を 120 名迄とします。 土曜 19:00、日曜 6:30 のミサは、入場数の制限のみとします。   9:00 11:00 8月 2日(日) 1班・2班 3班・4班 8月 9日(日) 2班・3班 4班・1班 8月 16日(日) 3班・4班 1班・2班 8月 23日(日) 4班・1班 2班・3班 8月 30日(日) 1班・3班 2班・4班
1.病人、基礎疾患のある信者の主日のミサにあずかる義務は免除されます。 2.通常行っている以外の教会に行くことはご遠慮ください。 3.主日のミサは、地区ごとに分けての参列とします。  各自、1~4班の主日のミサの時間を順守してください。 4.公開ミサに与る際には、次のことを徹底してください。 ① 3蜜を避けるため、主日ミサの時間を地区ごとに分け、1回の入場数を120名迄とします。    土曜19:00、日曜6:30のミサは、入場数の制限のみとします。   聖堂に入る際は、係の指示に従ってください。  8月 2日(日)    9:00=1班・2班  11:00=3班・4班  8月 9日(日)    9:00=2班・3班  11:00=4班・1班  8月 16日(日)    9:00=3班・4班  11:00=1班・2班  8月 23日(日)    9:00=4班・1班  11:00=2班・3班  8月 30日(日)    9:00=1班・3班  11:00=2班・4班 ② マスクを着用、手指の消毒、手洗いをお願いいたします。   詳細について、以下の書面をよくご理解いただいた上でご参列くださいますようお願いいたします。 *参考*(住所によって4...
23日、久留米教会において、叙階式が執り行われ、船津司祭が誕生しました。 司祭叙階式は、一人の男性が「地に落ちて一粒の麦となる」緊迫した雰囲気であってほしいと思う、と来住神父さまがカトリック生活8月号の連載記事に書かれていました。 もし一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それは一粒のままである。しかし、死ねば、豊かな実を結ぶ。(ヨハネ12・24) 3月に予定されていた叙階式が延期となりました。 しかし、5月にはアベイヤ司教が着座され、お心遣いで久留米教会での開催となったという経緯は、わたしたち久留米教会の信徒にとっては大変光栄なことでした。 残念ながら招待者のみの参列ではありましたが、福岡教区のご尽力で初めて生中継され、まさに、厳粛でありながら、喜びに満ち溢れた叙階式でした。 今週末、25日(土)19時、26日(日)9時、11時、3回の主日のミサで船津司祭の初ミサが執り行われます。       最高の笑顔です。 亮太司祭の今後の歩みが愛と恵みに満たされるよう、祈りましょう。