新着情報
9:00
四旬節
今回の滞在は長かったため、いろいろなことをじっくりと考える時間がありました。 先日、クロイスターズ美術館に行ってきました。ここはメトロポリタン美術館の別館になっていますが、セントラルパークの中央あたりにある本館からはかなり遠く、マンハッタンの上の方にあります。   1934年から1938年にかけて、ヨーロッパの4つの修道院と3つの礼拝堂が、石材のままニューヨークへ運ばれ、再建され、ひとつの建物として生まれ変わりました。 それが、このクロイスターズ美術館です。 クロイスターとは、修道院の内部にある回廊のことです。 9歳の姪、シャーロットは、父親が入学させたかった学校に入るために、0歳の頃から一緒にクエーカーのミーティングに行っていました。(わたしたちが日曜日に集まるのをミサ、という代わりに、彼らは日曜日の集まりをミーティングと呼んでいます。) 今回、クロイスターズ美術館でカトリックの美術品に囲まれて圧倒されたようで、「わたしも大きくなったらカトリックになりたい!」と言っていました。 「ミーティングではいつも何をしてるの?」「ただ静かにみんなでお祈りをするのよ。」「どんなことを祈っ...
02/25
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月17日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。 尚、3月24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。 ⭐︎教会委員会より ・本日(25日)9時ミサ後、合同委員会を行います。各グループの代表者は、ご出席ください。 ・洪(ホン)神学生の助祭叙階式に届ける霊的花束の為にご協力をお願いいたします。 ・3月20日(水)に行われる、洪(ホン)神学生の助祭叙階式へバスでの参加を希望の方は、事務室にて、バス代4,000円を添えてお申し込みください。 先着23名、満席になり次第締め切ります。 昼食の用意はありませんので、各自で準備してください。*7:20久留米出発→9:30着*15:00浦上天主堂発→17:10久留米着   ⭐︎女性の会より 3月の例会は、3日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎主和の会より 3月3日(日)、17日(日)9時ミサ後より勉強会を行います。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ・・・・・・・・・・・ ⭐︎四旬節のスケジュール *3月17日(日) ...
02/19
その他
わたしが今回ニューヨークに来たのは、家族の今と将来を、自分の目と心で確認するためです。 妹は、ニューヨークに住むようになって30年近くになります。今ではこちらで会社を運営し、2人の娘がいます。もちろん日本でもそうですが、働く母というのはとても大変です。 5年ぶりに来ましたが、日本と同じく、物の値段が上がり(と言っても、全てが日本の倍以上の価格です)、ますます暮らすのが大変になっていました。 妹も洗礼を受けていますが、教会からは遠ざかっており、それも心に引っかかっていました。   わが子よ、わたしの言うことをよく聞け。わたしの言葉に耳を傾けよ。それをお前の目から離さず、お前の心のうちに保て。それを見出す者には、それは命となり、その全身を健やかにする。用心深くお前の心を守れ。そこから、命の水が湧き出る。ひねくれたことを言う口を、お前から取り去り、曲がったことを言う唇を、お前から遠ざけよ。お前の目は前を見つめ、お前の視線を、お前の前に注ぐようにせよ。お前の足の歩みに心を配り、お前のすべての道を堅く固めよ。右にも左にもそれるな。お前の足を悪から遠ざけよ。(箴言4・20〜27)   (フリックコ...
02/18
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月17日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、3月24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ずご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。   ⭐︎教会委員会より ・25日(日)9時ミサ後、合同委員会を行います。各グループの代表者は、ご出席ください。 ・洪(ホン)神学生の助祭叙階式に届ける霊的花束の為に、ご協力をお願いいたします。   ⭐︎フードドライブより 今月は、24日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。   ⭐︎主和の会より 3月3日(日)、17日(日)9時ミサ後より勉強会を行います。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ・・・・・・・・・・・ *四旬節のスケジュール* 3月17日(日) 9時ミサ後、ゆるしの秘蹟 11時~ 黙想会(竹内神父様) ゆるしの秘蹟 3月18日(月)、19日(火)、21日(木)   10時~11時・18時~19時 (信徒会館小部屋)  
メトロポリタン美術館に行きました。   日本で有名な絵画展があっても、写真撮影は出来ないことが普通ですが、こちらではOKです。 もちろん、その美術館の収蔵品だから、と言うこともありますが、例えば小学生が課外授業でクラスごと訪れていて、座り込んで写生していたりするのも普通の光景です。     とても1日では見て回れない数の展示品がありますので、見たいポイントを調べてから行かないと、疲れ果てるだけに終わる贅沢な美術館です。 わたしはいつも、同じ絵を見るために行くのですが、今回はこれらのキリスト教にまつわる作品を初めて見ました。   カトリック教会が芸術に力を入れるようになったのは、宗教改革に端を発しています。トリエント公会議で、芸術は崇拝の対象ではないとの判断がなされ、建築や絵画が重要な位置を占めるようになって行きます。絢爛豪華で力強い教会の建築を推し進め、教義の重要性を絵画や彫刻で語ることに力を入れていきます。 1506年に着工されたローマのサン・ピエトロ大聖堂はその事情を反映している、とウィキペディアにありました。   「聖人崇拝に好意的ではないプロテス...