新着情報
08/10
平和旬間
8月6日は、主の変容の祝日でした。 聖書には山の名前についての記載はないのですが、イエス様が山で預言者とともに語り合いながら光り輝く姿を弟子達に見せたと書かれています。 この世的な意味でのイエス様の勝利(イスラエルの解放)を願う弟子たちに対し、自らの受難を予言し続けたイエス様が、これから受ける苦難に際して信仰し続ける希望を与えるためにこの奇蹟を行ったと教えられています。 (マタイ17・1~ 9、マルコ9・2~8、ルカ9・28~36) 伝承では、山の名はタボル山と言われています。     去年のイスラエル巡礼の際に、タボル山の主の変容教会で撮影しました。 光り輝くイエス様と二人の預言者(モーセとエリヤ)、三人の弟子(ペトロ、ヨハネ、ヤコブ)が描かれています。     そう!描かれている、のではなく、モザイクの作品なのです。 素晴らしい。。。(今頃、、、ため息)   中央協議会のホームページには、この祝日についてこのように書かれています。 「教会は、ともすると、復活のいのちに至るまでの壮絶な苦しみという面を強調しすぎていたかもしれません。しかし、その苦難は、神の栄光を表す輝か...