新着情報
04/06
四旬節
久留米教会は美しい。久しぶりに訪れてみて、その威厳に満ちた佇まいを見て心からそう思いました。   5日日曜日は受難の主日(枝の主日)、イエス様のエルサレム入場を記念する日でした。 『集会祈願』わたしたちが、主とともに苦しみを耐えることによって、復活の喜びをともにすることができますように。   久留米教会は、平日の午後のみ、皆さんの祈りの場として開放されています。聖書と典礼も、4月分が置かれています。   以下、教皇フランシスコ 2020年3月27日新型コロナウイルスの感染拡大にあたっての「特別な祈りの時」でのことば(ローマと全世界へ)から抜粋しています。 この四旬節、あなたの差し迫った呼びかけが聞こえます。「回心せよ」、「今こそ、心からわたしに立ち帰れ」(ヨエル2・12)。主はこの試練の時を選びの時とするようわたしたちに求めておられます。それはあなたの裁きの時ではなく、わたしたちの判断の時です。何が重要で、何が一過性であるかを識別し、必要なものとそうでないものを見分ける時です。人生が向かう方向を、あなたと他者に向けて定め直すときです。 主はわたしたちに呼びかけておられます。この...