新着情報
9:00
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈っています。 ・2024年度の「福岡教区ハンドブック」が届いております。1冊100円の献金をお願いします。 ⭐︎フードドライブより 今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。 ⭐︎ヨゼフ会より 本日(19日)9時ミサ後、ヨゼフ館にて例会を行います。 ⭐︎教会委員より 26日(日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。    
05/13
その他
人の価値観や物事の受け取り方が予想とあまりにも違うと、驚いたり・気付かされたり、ということがありませんか? 最近、ごミサの中で気になっていることがあります。 「あの方はお見かけしたことがないな、初めて来られた方かな?」ということがよくあります。 そうした方のことは、気にかけて声をかけるようにしています。そして、『初めて教会に来られた方へ』というパンフレット、聖書と典礼、聖歌集をお渡しし、質問も受けるようにしています。 ところが、中には知らずにご聖体を受け取り、口にしてしまう方がいらっしゃるのです。並んで、信者の所作を真似てしまうようです。 「洗礼を受けておられない方は、司祭から祝福を受けることができます」、とアナウンスをしていますが、委員会でこのことが話題になりました。 「司祭から祝福を受ける」ということを、そもそも理解できないのではないか、と。「洗礼を受けていないと聖体がもらえないなんて、差別されてる気持ちがする」とおっしゃった方もいたそうです。「信じなければ救われない、というのがキリスト教ですか?」と聞かれたこともあります。 わたしたち信徒の価値観で、「洗礼を受けていないのにご...
05/12
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。 ⭐︎日曜学校より 本日(12日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。 ⭐︎主和の会より 本日(12日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。   
津和野の乙女峠には、毎年5月3日に全国から巡礼者が集まります。 聖母月にあたり、聖母マリアと殉教者たちを讃えるお祝いのこの日は、コロナ禍も巡礼者が途絶えることはなく、今年も(おそらく)2500名ほどが津和野教会から乙女峠までの聖母行列、峠の記念聖堂でのごミサに与りました。 地元の方は「知っている限り、今までで1番多いような気がします」とおっしゃっていました。   このような、苔むした急な坂道を登ったところに記念聖堂と広場があります。わたしは、この坂を登り降りることは難しかったので、麓でYouTubeの生配信をみながらごミサに与りました。 乙女峠のこと、ご存知でしょうか。 1867年、明治政府による浦上村の隠れキリシタン弾圧事件「浦上四番崩れ」では、およそ3400名ほどのキリシタンたちが見知らぬ土地に流刑されました。  全国22ヵ所に流された人々のうち、153名は津和野に辿り着きました。激しい責苦を受け、37名が乙女峠で殉教しました。 1892年に、ビリオン神父が殉教者たちの遺骨を一つの墓に収めました。1948年には、ネーベル神父が地域の方々の支援を受けて乙女峠に記念聖堂を建て、その周りの殉教地が祈り...
05/05
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(5日)は『世界広報の日』になっており、本日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願いいたします。 ・6日(月)、7日(火)は、主任司祭が留守のため、朝ミサはございません。 ・5月は『聖母月』です。7日(火)から、月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。   ⭐︎女性の会より 本日(5日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎主和の会より 本日(5日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。   ⭐︎日曜学校より 来週12日(日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。  
04/29
復活節
以前書いた、聖書とキリスト教の教えについて学び始めた友人と、先日LINEでやりとりをしていました。 先週の記事を読んでもらい、意見交換をしていて、わたしが「この世はテンポラリーなもので、永遠の命のためにわたしたちはこの世を旅しているのよ」と伝えたところ、こう質問されました。 「永遠の命、とはどういうこと?」 皆さんは、そう尋ねられたらどうお答えになりますか? 昔、「マラナタ、ってどういう意味ですか?」と、年配の信者さんに質問したことがあります。その時のお答えは、「心で理解していることなので、そういう風に聞かれたらうまく言葉にできない」と。 使徒信条は、このように締めくくられます。 聖霊を信じ、聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだの復活、永遠のいのちを信じます。 二ケア・コンスタンチノープル信条では、 わたしは信じます。主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす唯一の洗礼を認め、死者の復活と来世のいのちを待ち...
04/28
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・明日29日(月・祝)に開催される『くるめ楽衆国まつり』のため、8:00~17:00は、明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片道通行となり、教会内駐車場には車両の乗り入れができません。また、西鉄久留米方面からのバスは迂回するため、日吉町バス停には停車しませんのでご注意ください。 ・5月6日(月)、7日(火)は、主任司祭が留守のため、朝ミサはございません。 ・5月は『聖母月』です。 5月7日(火)から、月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。 ⭐︎教会委員より 本日(28日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ⭐︎女性の会より   5月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より   5月12日(日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。       
04/22
復活節
「The Book」といえば、「聖書」を意味します。 2010年の映画「ザ・ウォーカー」(デンゼル・ワシントン主演)は、原題「The Book」です。それが聖書とは知らずに、「本を西へ運べ」という心の声に導かれ、目的地も分からぬまま30年間アメリカを西に歩き続ける男の話しです。 先日、「星の旅人たち」という映画を観ました。原題は「The Way」 The Bookが聖書であるように、The Wayは聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路のことです。 旅の途中で出会ったジプシーの男が主人公に告げた、「息子の遺灰をムシーアの海に撒け」との言葉に従って、目的の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに辿り着いた後も旅を続ける、父親の物語です。父親役はマーティン・シーン、息子役はエミリオ・エステべス、2人は実の親子であり、息子のエミリオがこの作品の監督です。(AmazonPrimeでご覧になれます。)   イスラエル、ローマ、サンティアゴ・デ・コンポステーラが、キリスト教の3大巡礼地と言われています。 スペイン語でEl Camino de Santiago(サンティアゴの道)と呼ばれ、El Camino(その道)、つまりThe Wayといえば、この巡礼のことを指します。 ...
04/21
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(21日)は、「世界召命祈願の日」です。召命のために心をあわせて祈りましょう。 ・29日(月・祝)に開催される『くるめ合衆国まつり』のため、8:00~17:00は明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片側通行となり、教会内駐車場には車両の乗り入れができません。 また、西鉄久留米方面からのバスは、迂回するため日吉町バス停には停車しませんのでご注意ください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、27日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。 ⭐︎教会委員より 28日(日)9時ミサ後、信徒会館にて合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ・・・・・・・・・・・ 召命を求める祈り 主イエス・キリスト、魂の牧者よ この困難の多い現代社会の中に生きる若者が、 内と外のさまざまな声の中から 「わたしに従いなさい」という 優しく力強いあなたの叫びを聞き分けることができるよう、 彼らの心を開いてください。 一人ひとりの心をあなたで満たしてください。 人生における真に善いこと、美しいことへのあこがれ、 福音を完全に生きたいとの望み、人々の救...
04/15
復活節
ローマに滞在中の聖書の師匠が、カラバッジョの作品の写真を送ってくださいました。 サンタゴスティーノ聖堂(ローマ)にある、カラヴァッジョの『ロレートの聖母(巡礼者の聖母)』 貧しい農民であろう老夫婦が、聖母子を拝む様子が描かれています。 聖母マリアは、33歳のカラヴァッジョが当時の公証人パスクアローネを襲撃し、大怪我を負わせる原因となった娼婦マッダレーナ・アトニエッティがモデルと言われています。 崇敬の対象である聖母マリアが普通の人々と同じように素足で描かれ、肩を出した露出の高い服、しかも巡礼者とかなり近い距離であることから、不敬だとしてライバルの画家に訴えられて裁判にかけられ、実際に投獄されています。 マリアの母性は、わたしたちを神の御父としての優しさに出会わせてくださる、もっとも直接的で、容易な道です。聖母が、信仰の始まりとその中心へ導いてくださるのです。それは、計り知れない賜物で、わたしたちを神に愛される子どもとし、御父の愛のうちに住まわせてくださるのです。(教皇様の4/10のX)   そして、今観ているネットフリックスのドラマに登場したのが、次の作品です。 この『ゴリアテの首を...