新着情報
01/24
聖週間
宮﨑神父様から聞かれました。 「あなたは一日にどのくらい祈りますか?」「友のために祈っていますか?」 祈りの時間と言えるのは寝る前くらいですが、朝起きてすぐから一日中、しょっちゅう神様に話しかけるように祈っています。 でも、友だちのために祈っている、とは言えないとハッとさせられました。 ・ 『人はだれも自分ひとりだけが幸せになる権利はない。』という名言でも知られるラウル・フォレロー(1903~1977年)は、ハンセン病患者の支援と差別の撤廃に尽力したフランスの人物です。 詩人でもあった彼の、『ともに生きる恵みを願う祈り』という有名な祈りがあります。   主よ、教えてください。自分だけを愛さないことを、身内だけを愛さないことを、仲間だけを愛さないことを。 人のことも考え、だれからも 愛されない人を優先して愛することを。 主よ、教えてください。わたし自身も苦しむことを、人と共に苦しむことを。 主よ、あわれんでください。苦しむ人々をいわれもなく退けた、このわたしをゆるしてください。幸せをひとりじめにすることを、わたしにさせないでください。 全世界の苦悩を、わたしにも感じさせてください。主よ、利己...
01/23
今週のお知らせ
主任司祭より ・18日(火)~25日(火)は、キリスト教一致祈祷週間です。皆さん、心をあわせてお祈りしましょう。 ・本日(23日)10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・今月30日は、『世界こども助け合いの日』です。献金袋を準備しておりますので、ご協力をお願いいたします。 ・福岡県に「蔓延防止等重点措置」が発令されましたら、平日は聖堂を閉鎖します。 なお、ミサは通常通りです。
キリスト教一致祈禱週間は明日から25日までの8日間です。 . 主なる神はご自分の民とともに歩み、彼らを保護し、昼も夜も見守っておられることが、聖書には何度も記されています。道は必ずしも真っすぐとは限りません。同じ道をたどったり、違う道を通って戻ったりするよう仕向けられることもあります。いかし、生涯を通じて旅を続ける間中、わたしたちは「まどろむことなく、眠ることもない」神が、わたしたちの足がよろめき倒れてしまわないよう、見守ってくださると信じることができます。(キリスト教一致祈祷週間 小冊子40ページ) この聖週間の最終日、8日目の黙想の祈りは「別の道を通って自分たちの国へ帰って行った」(マタイ2・12)博士たちがテーマです。 帰り道が行きと違っても、彼らの旅を照らした同じ光が別の道・別の選択肢を示したのだ、と小冊子に書かれています。 あわれみ深い神、わたしたちが一つの道しか知らず、同じ道を戻らなければならないと思っているときにも、すべての道が行き詰まり、絶望しているときにも、あなたはいつもいてくださいます。約束を新たにされる神よ、あなたは、わたしたちには思いもよらない道を切り開いてくださいます。...
01/16
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・18日(火)~25日(火)はキリスト教一致祈祷週間です。 皆さん、心をあわせてお祈りしましょう。 ・今月23日(日)10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・今月30日は、『世界こども助け合いの日』です。 献金袋を準備しておりますので、ご協力お願いいたします。 ⭐︎フードドライブより 今月は、22日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。
あけましておめでとうございます。2022年も、いただくお恵みを見逃すことなく日々を大切に生きていくことができますように。 新年のごミサでは、成人のお祝いを受ける9名の若者たちの祝福の場を、可愛い小さな子どもたちが侍者としてお手伝いしてくれました。 . この青年たちの未来が明るいものとなるよう、わたしたちは祈り、そして彼ら自身が切り拓いて行ってくれますように。 毎年1月18日〜25日は(北半球では)キリスト教一致祈祷週間が行われます。南半球では各地で日程が変わるそうですが、この聖週間には世界中の様々な伝統や信条を持つキリスト者が、洗礼を受けたすべての人の一致のために祈りを捧げる習わしです。 今年のテーマは、 わたしたちは東方でそのかたの星を見たので、拝みにきたのです(マタイ2・2) このテーマを含め、世界で使われるこのテキストは、中東教会協議会が担当して作成されました。 (この小冊子は、中央協議会にリクエストすると送付してもらえます。) この困難な時代にあって、わたしたちはこれまで以上に暗闇の中に輝く光を必要としています。そして、その光はイエス・キリストのうちに示されたと、キリスト者は宣言しま...
01/09
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・今週、12日(水)聖書・要理講座、13日(木)キリスト教入門講座を始めます。 ・今月23日(日)10:30より教会委員会を行います。 各委員はご参加ください。 ・今月30日は、『世界こども助け合いの日』です。 献金袋を準備しておりますので、ご協力をお願いいたします。 ⭐︎フードドライブより 今月は、22日(土)13:00~15:00です。 食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。
2021/12/27
降誕祭
クリスマス、おめでとうございます。 愛する者よ、すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました。その恵みは、わたしたちが不信心と現世的な欲望を捨てて、この世で、思慮深く、正しく、信心深く生活するように教え、また、祝福に満ちた希望、すなわち偉大なる神であり、わたしたちの救い主であるイエス・キリストの栄光の現れを待ち望むように教えています。キリストがわたしたちのために御自身を献げられたのは、わたしたちをあらゆる不法から贖い出し、良い行いに熱心な民を御自分のものとして清めるためだったのです。(テトス2・11~14) 今年はいろいろなこと、特に信仰、他者との関わりについて、深く考えを巡らせることができた一年だったと感じています。 みなさまにとっては、どのような年でしたでしょうか。 今年最後の一冊として読んでいる本、若松英輔さんと山本芳久さんの対談による「危機の神学」。 若松さんが、アウグスティヌスの「告白」の一節を引用していらっしゃいましたので、本棚から取り出してその個所の前後を再読してみました。 やや悲観的な文章に感じるかもしれませんが、決してそうではありません。神様のあわれみを最高の拠り所と...
2021/12/20
待降節
4本目のロウソクが灯されました。この待降節の日々を心穏やかに過ごし、イエス様のご降誕をお祝いする心の準備は整いましたか? . 「質の高い睡眠」が大切であるという話を聞きます。 よく眠れていますか?目覚めは良いですか?眠れないほど気になることはありますか? 仕事や家事でとても疲れた日、よく寝付けないことがあります。反対に、何かを頑張れた!と思える疲れ果てた日に、秒で眠りに落ちる日もあります。 今週は、そんな風に眠りにつけた、精神的に充実した嬉しい忙しさの日々でした。 この2年近くの新しい生活の中で人とのつながりが希薄になってしまった気がしていましたが、そうではなかったと気づく出来事がありました。 神父様から依頼されて、3年に渡って支援をさせていただいている方がいます。いくつかの問題と病気を抱えていて、入退院を繰り返し、生活はとてもすさんでいました。治療と安定した生活、落ち着いた日常を送ってもらうことが目標でした。 そこにコロナの蔓延があり、しばらく実際に様子を見に行くことができず、ずっと気になっていました。その方はしっかりとした信仰心をお持ちの方ですし、担当してもらっているソーシャル...
2021/12/19
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・侍者奉仕者に申し込みされた方は、本日(19日)9:00ミサ後、香部屋に集合してください。 ・本日(19日)10:30より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・「ゆるしの秘蹟」21(火)~23日(木)信徒会館1階小部屋で行います。 スケジュールは下記のとおりです。  21日(火) 10:00~11:00 、16:00~17:00 22日(水) 16:00~17:00 23日(木) 10:00~11:00 、16:00~17:00 ・30日(木)~1月3日(月)まで、司祭館、および事務室は休みです。 ただし、緊急時は除きます。 また、1月3日(月)~5日(水)の朝ミサはございません。 ・1月1日(土)の聖堂掃除はありません。 ・聖堂内の清掃、生花は、29日(水)に変更いたします。   ⭐︎教会委員会より ・今月12月は「維持費納入推進月間」です。 皆さまの維持費とミサ献金を基盤にして、教会が運営されています。 お仕事をされている方、収入のある方は、必ず維持費を納めていただきますようお願いいたします。 ご質問など、お気軽に事務室にお問い合わせください。   ⭐︎広報委員会より ・みこころレター第12号を発行しました。 3名の神父様のコロナ禍の信仰についてのお話、今後の...
2021/12/13
待降節
待降節第3主日は、薔薇色のロウソクが灯されます。第1主日は預言の希望、第2は天使の平和、第3は羊飼いの喜びを表していて「喜びの主日」と呼ばれています。 いよいよクリスマスが間近になってきました。今年は、他者との繋がりについてとても考えさせられた一年でした。 社会学者の宮台真司先生がインタビューでおっしゃっていた言葉。(正確ではないと思いますが)多様性は、「多様な人々がいることを認める」ということではなく、「他者に共感して寄り添う」ということ。 今年はオリンピックイヤーでした。スケートボードの若い選手たちの活躍を覚えていらっしゃるでしょう。 わたしの大学生時代はスキー全盛期でしたので、スノーボーダーが登場した時はかなりの驚きとジェラシーのような感情が湧いたのを覚えています。スノーボード、スケボー、サーフィンは「3S」と呼ばれています。まずサーフィンがあって、街でできるスケボー、雪の上のスノボ。 3Sで重視されるのは、「独自性」「創造性」だと言われています。誰もできない・しないことを、いかに自分らしくカッコよく決めるかを追求するスポーツです。 金メダル候補だった日本の女子選手が何度も転倒して...
2021/12/12
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・侍者奉仕者に申し込みされた方は、19日(日)9:00ミサ後、香部屋に集合してください。 ・19日(日)10:30より教会委員会を行います。 各委員はご参加ください。 ・「ゆるしの秘蹟」を21(火)~23日(木)信徒会館1階小部屋で行います。 スケジュールは下記のとおりです。  21日(火) 10:00~11:00、16:00~17:00 22日(水) 16:00~17:00 23日(木) 10:00~11:00、16:00~17:00 ・1月2日(日)に行います新成人・祝福式のお知らせをお送りいたしました。 出欠席のハガキを19日迄にご返送ください。 なお、成人を迎える方でご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。 ・30日(木)~1月3日(月)まで、司祭館および事務室はお休みいたします。 ただし、緊急時は除きます。 ・1月3日(月)~5日(水)の朝ミサはございません。 ・1月1日(土)の聖堂掃除はありません。 聖堂内の清掃、生花は、29日(水)に変更いたします。   ⭐︎教会委員会より ・今月12月は、「維持費納入推進月間」です。 皆さまの維持費とミサ献金を基盤にして、教会が運営されています。  お仕事をされている方、収入のある方は、必ず維持費を納めていただきます...
2本目のロウソクが灯されました。 お寺の町に生まれ育った父は、お寺の役割を引き受け、毎朝お仏壇のお茶を新しくし、ロウソクを灯しお線香をあげ、手を合わせて朝の挨拶をしています。お経をあげることまではしませんが、熱心な仏教徒と言えるでしょう。 毎朝その様子をみていて感じるのですが、父は「仏教」という宗教を信仰しているというよりも、「そこにいる存在」を信じている、という気がするのです。 「見えないけど信じること」、これはキリスト教に限ったことではありません。 わたしは、子どものころは空に神様がいると信じていたので、いつも空を見上げて話しかけていました。いつも、何をしても神様に見られている、と思っていましたので、神様に褒められるようよい子でいよう、と思っていました。 旧約聖書で通常「信じる」と訳されている動詞は、本来は、「誰かを、頼り信頼できる信実な者として認識する」という深い意味を持つ単語なのだそうです。 わたしは神様を信じています=わたしは神を信頼して頼りにしています といった意味になるでしょうか。 信じない人には聞こえない声を聞き、心の目が開かれ聖霊の働きが見える(感じる)ようになる。...
2021/12/05
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(5 日)は、宣教地召命促進の日になっており、今日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願い致します。 ・本日(5日)9:00ミサ後、馬小屋を出しますので、ヨゼフ会の皆さん、ご協力をお願いいたします。 ・初聖体を済ませた小学生で、侍者奉仕を希望する方は、申し込み用紙に記入の上、事務室に提出してください。 ・12日(日)は幼稚園クリスマス祝賀会の為、ミサ開始時間が8:00になりますので、ご注意ください。 ・「ゆるしの秘蹟」21(火)~23日(木)信徒会館1階小部屋で行います。スケジュールは下記のとおりです。  21日(火) 10:00~11:00、16:00~17:00 22日(水) 16:00~17:00 23日(木) 10:00~11:00、16:00~17:00 ・来たる1月2日(日)に行います新成人・祝福式のお知らせをお送りいたしました。 出欠席のハガキを19日迄にご返送ください。 なお、成人を迎える方でご案内が届いていない方は、事務室までお知らせください。   ⭐︎教会委員会より ・今月12月は、「維持費納入推進月間」です。 皆さまの維持費とミサ献金を基盤にして、教会が運営されています。 お仕事をされている方、収入のある方は、...
2021/11/29
待降節
待降節が始まり、クリスマスまでひと月を切りました。この一年を振り返り、やり残したことや気になっていること(掃除も含め!)を整理するにはちょうど良い期間です。 今年もアドベントクランツを作りました。 . とても個人的なことですが、わたしには今年どうしても前に進めたい懸案事項が2つありました。11月に入り一つ目が大きく前進し、もう一つのことをどうやったら実現させることができるか、ずっと思い悩んでいました。 もちろん、神様のお導きを信じていましたので「きっと大丈夫、その時が来るのを待とう」とも考えていましたが、それでも、わたしはそのために何をしたらいいのか、どう行動すべきか、ずっと模索していました。 それは、認知症の叔母のことでした。 よい恐れは信仰から起こる。偽りの恐れは疑いから起こる。よい恐れは、希望に結ばれている。なぜなら、それは信仰から生まれ、信じている神に希望をおくからである。悪い恐れは、絶望に結ばれている。なぜなら、信じなかった神を恐れるからである。(パスカル「パンセ」262) プライドの高い叔母は、認知症を自覚してはいるものの、デイサービスを利用することをどんなに勧めても頑として...
2021/11/28
今週のお知らせ
主任司祭より ・初聖体を済ませた小学生で、侍者奉仕を希望する方は、主任司祭にお申し出ください。 ・本日(28日)10:15より教会委員会を行います。各委員はご参加ください。 ・12月5日(日)9:00ミサ後、馬小屋を出しますので、ヨゼフ会の皆さん、ご協力をお願いいたします。 ・熊本地震復興支援・西原村のお米が届きました。 注文された方は、事務室にて代金をお支払いいただき、お受け取りください。 ・12/12日曜日9時のミサは8時からに変更になります。 3、4班の方はご注意ください。 (幼稚園のクリスマス会のため)  
2021/11/22
御ミサ
21日のごミサでは、9名の子どもたちの初聖体があり、晴れやかな子どもたちとご家族の様子に心から幸せを感じることができました。 初めてイエス様の体(聖体)をいただくこの日のために、子どもたちは長い時間をかけて勉強をし、日曜学校の先生方のご指導のもとこの日を迎えました。 . 日本でも、感染拡大を抑制するために「ワクチン接種済み、あるいはPCR検査での陰性証明の義務化」をする方向性が取られ始めました。 アメリカ南部では、今でもマスク着用を「禁止」するレストランやバーがあるそうです。店も客も自由の権利があり、全ては自己責任という考え方なのだそう。一方でニューヨークでは、レストランの室内営業や劇場などでは利用者にワクチン証明書の提示を義務付け、9/27からは医療機関や教職員に対する接種義務化がスタートしています。 オーストリアでは11/15から、新型コロナウイルスのワクチン未接種者(人口の3分の1以上を占める)には、不要不急の外出の禁止措置がとられています。警察官が巡回し、外出中の人がワクチをン接種済みかどうか抜き打ち検査を実施するのだとか。(違反者の罰金は500ユーロ) ドイツでは、娯楽施設などへの入場に...
2021/11/21
今週のお知らせ
*主任司祭より ・初聖体を済ませた小学生で侍者奉仕を希望する方は、主任司祭にお申し出ください。 ・28日(日)のミサ後に教会委員会を行います。 各委員のご参加をお願いします。   *降誕祭ミサの申し込みについて 本日21日が締切日です。 12月24日(金)18:00 子どもミサ(子どもと親のみ)→満席 12月24日(金)20:00 手話通訳付きミサ→満席 12月24日(金)22:00 12月25日(土) 9:00 ①各回、入場者数120名までとし、全席指定です。②先着で受付していきますが、みなさんがミサに与れるように、ミサは、ひとり1回のみとします。   *フードドライブより 27日(土)13時〜15時にフードドライブを開催します。食品とともに、石鹸や洗剤などの日用品も募集しています。皆様のご協力をお願いします。   *事務室より 23日(火)〜25日(木)の3日間、事務室はお休みです。  
2021/11/15
聖書
今年、ゆるしの秘跡をお受けになりましたか? 「悔い改める」という言葉について、ここのところずっと考えています。 受講している神学のオンライン講座で、教授が「イエスは悔い改めよとは言っていない。ルカが追記したのだ。」とおっしゃいました。以前、聖書百週間の講義の中でも神父様から、「ルカに度々出てくる悔い改めという言葉は、ルカが付け加えた編集句です。」と教わりました。 例えば、マタイとマルコでは、イエス様が徴税人たちと会食することの正当性について語るとき、自分は罪人たちを呼び集めるためにやって来たと述べますが、それに対してルカでは、罪びとたちに「悔い改め」を呼びかけるためにやって来たと述べています。 このように、並行個所のうちルカだけに結論として「悔い改め」が追記されている箇所がいくつもあります。 . あなたがたも気をつけなさい。もし兄弟が罪を犯したら、戒めなさい。そして、悔い改めれば、赦してやりなさい。一日に七回あなたに対して罪を犯しても、七回、『悔い改めます』と言ってあなたのところに来るなら、赦してやりなさい。(ルカ17・3~4) . E.P.サンダースの著書「イエス その歴史的実像に迫る」に...
2021/11/14
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・初聖体を済ませた小学生で、侍者奉仕を希望する方は、主任司祭にお申し出ください。 ・20(土)10時より、初聖体のリハーサルを行います。 つきましては、聖堂内の掃除、生花は19(金)に変更いたします。 ・降誕祭ミサは今年も完全予約制(全席指定)となっております。 お知り合いで、教会に来られていない方、クリスマスには参加したいとお考えの方にもお伝えください。 満席になり次第、受付を終了いたします。  
2021/11/08
御ミサ
6日に母校である雙葉学園の同窓会が主催した、死者追悼ミサに与ってきました。この1年の間に、3名の先生と25名の卒業生が天に召されました。 . 久しぶりに、所属教会以外の浄水通教会でのごミサに与りました。 7日には久留米教会の死者追悼ミサが捧げられました。 キッペス神父様がお亡くなりになったという、悲しいお知らせがありました。これは、2019年のクリスマスのごミサの写真です。 . こうして、クリスマスや敬老のお祝いのごミサなどにいつも来てくださっていたキッペス神父様。いつも陽気なお姿でした。安らかに憩われますように。 わたしも今年、親しい方々が天に召されました。 コロナ禍にあって、会えずにいた間に病魔に襲われた子ども時代からの友だち。一緒にイスラエル巡礼にも行った、仲良しのおじさま。わたしが洗礼を受ける時からずっと気にかけてくださっていた先生。親しくしていた後輩の奥様。 わたしたちにいつ、その時が訪れるのかは本当にわからないのだ、と痛感した一年でした。 . 11/2の死者の日の朗読箇所です。 神に従う人の魂は神の手で守られ、もはやいかなる責め苦も受けることはない。愚か者たちの目には彼らは死んだ者...