新着情報
06/14
その他
教皇様が日本に来てくださり、長崎でごミサに与った2019年11月24日のことは皆様もいまだ鮮明な記憶として残っているでしょう。 . 現在のコロナ禍においては信じられないような密集具合です。 当日の長崎県営スタジアムには3万人の信徒が集まり、パパ様のお姿に熱狂しました。 COVID19という正式名称は、コロナウィルス感染症2019の略です。つまり、2019年のこの教皇様の来日の際にはもうウィルスがまん延を始めていたのです。事実、このタイと日本への旅の後は教皇様は外国訪問を控えられ、2021年3月のイラク訪問が久しぶりの旅となりました。 このパパ様の訪日の目的として日本の司教団が意図していたのは次のポイントでした。 ◆被爆地からの平和メッセージ◆東日本大震災の被災者へのことば◆若者へのメッセージ◆諸宗教対話◆福音宣教への鼓舞 これらのことが挙げられていました。 メインテーマとして掲げられたことば「すべてのいのちを守るため」は、回勅『ラウダート・シ』の中の祈りの言葉から引用されました。 すべてのいのちを守るために、人間一人ひとりの尊厳を守ることと同時に、環境も大切にしなければならないという教皇様のお考えを表していると思い...